鈴木光司

「貞子」作家 鈴木光司の"現在(いま)を生きよう"

鈴木光司
鈴木光司

¥660/月(税込)


小説家の鈴木光司です。「貞子」の生みの親といったほうがわかりやすいかもしれません。もちろん『リング』という小説の中の話しですが……。 メルマガでは、ぼくが体得してきたものを、可能な限りの映像を交えながら、具体的に述べることにしましょう。みなさんが人生の岐路に立ったときの、有効なアドバイスになると確信しています。


著者プロフィール

1957年、静岡県浜松市生まれ。慶応義塾大学文学部仏文科卒。90年、『楽園』が日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞して作家デビュー。 『リング』『らせん』『ループ』『バースディ』のシリーズが計800万部のベストセラーとなり、ハリウッドで映画化される。著作は世界20か国語に翻訳され、欧米を中心に積極的に講演活動を行う。高校教師であった妻に代わり、二人の娘を育て上げた経験から、政府の諮問機関「少子化への対応を促進する国民会議」委員をつとめる。最新作は『エッジ』角川書店。


今月の配信号

  • 今月はまだ配信がありません。