講師道錬成道場「雙志館」通信

  • ¥0

    無料

講師道錬成道場「雙志館」は、講義力と文筆力の双方(雙方)に優れた、志の高いビジネス系のセミナー・研修講師を養成します。このメルマガでは、講座情報とともに講師に役立つ内容をお届けしてまいります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
講師道錬成道場「雙志館」通信
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2019年02月19日
 
発行部数
138部
メルマガID
0001302250
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > 自営業

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ 講師道錬成道場『雙志館』通信 -2018年2月19日-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ワンポイント・エッセイ
労働という切り口で考える(7) 頭脳労働を支える“技”
  占部 正尚

 頭脳労働者である講師がしっかりと“心”を定めた上で取り組む
べきことは、プロとしての“技”の向上です。
 同じ講義内容でも、会場の雰囲気の作り方や知識・情報の伝え方、
受講生からのアイデアの引き出し方などによって、研修担当者や受
講生からの評価は大きく違ってきます。
 経験の浅い講師は、まず専門分野について『習得』をするため、
本を読んだりセミナーに参加したりするでしょう。問題は、習得の
仕方によって講師としての未来が決まることです。
 もし、著名人や各分野のエキスパートの話を聞いて、「素晴らし
い」「感動した」と心酔しやすい人は、おそらく講師としての技量
は伸びにくいでしょう。
 なぜなら、そこで話している先輩諸氏は、あなたがいつか超える
べき存在であって、下について従うべき存在ではないからです。本
当に凄い相手であれば即刻弟子入りし、徹底して師匠の技を盗み、
超えるための努力を継続してください。
 私が新人の頃の上司に感謝しているのは、いつも「参加したセミナ
ーの内容は、翌日再現せよ」と指示してくれたことです。真に受けた
私は、毎回レポート用紙10枚以上にメモをすると決め、全力で講義
を聴き、拙いながらも翌日には鏡を見ながら再現を試み続けました。
 その経験は、30年以上にわたって顧客企業からセミナー・研修業
務を出し続けていただける“技”の源流となっています。

■ペップトーク通信添削講座開講記念講演会
雙志館主席師範である占部正尚講師、そして師範であり2018年
講師オーディション優勝者の朝倉真弓氏が登壇します。
やる気を引き出し組織を活性化するペップトークを学ぼう!
詳細は下記をご覧ください。
https://mbp-japan.com/tokyo/urabe0607/seminar/5001050/

■■バックナンバーはブログをご覧ください。
講師道錬成道場「雙志館」メールマガジン
http://soushikan.blog.jp/archives/cat_192999.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ○ 発行人:講師道錬成道場「雙志館」
┃       株式会社スピーキングエッセイ 大嶋 利佳
┃ ○ 会社住所 〒223-0061 横浜市港北区日吉4-14-12-402
┃ ■購読・解除は以下のURLからお願いいたします。
┃ 発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
┃ 登録および配信中止: http://www.mag2.com/m/0001302250.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ