目指せ!地域ナンバーワン個別指導塾

  • ¥0

    無料

個別指導塾専門のコンサルタント「リアル・パートナーズ」が、あなたの個別指導塾を地域ナンバーワンにするためのヒントをメルマガにて発信していきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
目指せ!地域ナンバーワン個別指導塾
発行周期
週刊
最終発行日
2018年09月19日
 
発行部数
694部
メルマガID
0001341233
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

┏━━━◆◇リアル・パートナーズ メールマガジンvol.363◇◆━━━━━━┓

『目指せ!地域ナンバーワン個別指導塾』 毎週水曜日発行
〜2018.09.19〜

当メルマガでは、あなたの塾が、
「地域ナンバーワン個別指導塾」になるヒントを毎週お届けします。
私たちの考える「地域ナンバーワン」とは、
ズバリ「生徒数が一番多い塾」「生徒が辞めない塾」です。
そして、そんな良い塾が増えること、あなたの塾がそうなることが私たちの願い。
机上論ではない、現場主義の実践的な情報をどんどんお届けしていきますので、
あなたの塾経営にぜひお役立てください。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


【ご質問・ご要望も大募集中!】

◇「こんなテーマで書いてほしい」「こんなときどうすれば?」という
ご要望やご質問もお待ちしております。
お寄せいただいたご質問には、
メルマガ内で可能な限りお答えしてまいります!
→ info@r-partners.jp


【目次】

◇お知らせ
◇まえがき     『ソロ活動スタート!』
◇今回のテーマ  『慣れの怖さ』
◇あとがき     『合同親睦会』


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆お知らせ(1)

弊社も懇意にさせてもらっております、
横浜の藤野雄太先生(個別指導塾スイング)による
「地域No.1個別指導塾」プロデュースのお知らせです。

以下、藤野先生より。
==============================
<あなたの教室を「1年」で地域No.1個別指導塾にします!>

塾業界の豪華講師陣があなたを直接指導!
貴塾を地域No.1個別指導塾に導きます。

〜地域No.1個別指導塾プロデュース講座(第4期)説明会のお知らせ〜
https://kobetsu-no1.com/semi/


みなさん、こんにちは。

私、神奈川県横浜市で個別指導塾スイングを経営している
代表の藤野雄太と申します。

リアル・パートナーズの安多先生には
日頃お世話になっております。

今回この場をお借りして、弊社が主催する
「地域ナンバーワン個別指導塾プロデュース講座(第4期)」の
説明会の案内をさせていただきます。

さて、当塾は成績の上がる塾として、この1年間で
NHK「ニュースシブ5時」、TBS「Nスタ」「ビビット」、日テレ「スッキリ」など、
なんと8番組からテレビ取材を受けました。

当塾を運営する「地域No.1個別指導塾プロデューサー」の
私・藤野雄太が、門外不出の地域No.1戦略ノウハウを
特別に初公開します!


さらに、塾業界を代表する豪華コンサルタント陣が
6ヶ月間あなたを徹底指導。

貴塾を地域No.1個別指導塾に導きます。

★登壇予定講師陣 
小林 弘典氏(塾業界の権威。PS・コンサルティング・システム代表)
中土井 鉄信氏(塾最強コンサルタント。合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表)
多田 昭寛氏(個別指導の神様。日本個別教育研究会代表)
小倉 政彦氏(集客の鬼。フロンティア教育インターナショナル株式会社代表)


いかがですか。

これほど豪華なメンバーは二度と揃うことはありません!

6ヶ月間、私と豪華メンバー4人が、徹底的にあなたにコミットし、
あなたの教室を地域ナンバーワン塾にします。

その「地域No.1個別指導塾プロデュース講座(第4期)」の
導入説明会を9月に開催いたします。

みなさまのご参加、心からお待ちしております!

一緒に地域ナンバーワン個別指導塾を作りましょう!!



以下詳細=========

〜地域No.1個別指導塾プロデュース講座説明会(第4期)〜

【詳細】 
https://kobetsu-no1.com/semi/

【日時】
・9月22日(土) 10:30〜12:00
・9月23日(日) 10:30〜12:00
・9月24日(土) 10:30〜12:00
※全て同じ内容となります

【人数】
・先着順、定員に達し次第締め切り

【場所】
個別指導塾スイング(京急本線・戸部駅徒歩1分)
http://swing-jyuku.jp/

【参加費用】
3,000円(税込)※当日お支払いください

【お申し込みはコチラ】
https://a16.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=211&g=4&f=9


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆まえがき <ソロ活動スタート!>

こんにちは、リアル・パートナーズの安多です。

前回のメルマガでお報せいたしましたが、
弊社リアル・パートナーズは共同代表の小倉政彦が卒業し、
私がソロ活動を行うことになりました。

もちろんネガティブな理由でそうなったわけではないし、
小倉とは以前と同じように仲が良いものの、
みなさまにはいらぬ不安や不信を与えてしまうのではないかと、
正直、心配な気持ちもありました。


しかし、メルマガでのお知らせ後、たくさんの先生方から
「応援してるよ!」「安多先生ならソロでも大丈夫」
「ソロ活動、おめでとうございます」「さらに発展してください」などなど、
たくさんの励ましのお言葉が……

もうね、泣きましたよ!ありがたくて、嬉しくて。

改めて、みなさんのために頑張ろうという気持ちが湧いてきました。


私にできることは、自塾の運営ノウハウと、
様々なところから手に入れてくる情報のご提供です。

今まで以上に自分や自塾を磨き上げ、有益な情報を提供し、
あなたの教室がますます発展できる、
ほんのちょっとのお役に立てればと思っています。


みなさま、引き続きリアル・パートナーズと安多を
よろしくお願いいたします!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆今回のテーマ <慣れの怖さ>

「慣れ」には、良い部分と悪い部分が存在すると私は思っています。

学習塾を運営・経営する上で、いい部分の慣れを増やし、
悪い部分の慣れはしっかり修正していくことが大切です。


例えば、新入会の生徒さんを例に考えてみましょう。

最初は緊張していたけど、数ヶ月過ごすうちに慣れてきて、
自分の居場所を見つけ楽しそうに通塾してくれるようになった――

これは「良い慣れ」ですよね。

こういった慣れは、早く慣れれば慣れるほど、
社員・講師と生徒さんの良い関係性を生んでいくメリットがあります。


一方で、慣れて、親しくなったがゆえに出てくる問題もあります。

社員・講師に対する生徒さんの言葉遣いがフランクになりすぎたり、
横着になりすぎたりするパターンです。

この前まで敬語で話していたのに、急にタメ口、みたいな(笑)。

こちらは「悪い慣れ」ですね。


そういうとき私は

「あのね、君とは友達ではないから、タメ語で話すのはやめてくれる?
先生の方が年上やし、君より生きてきた期間が長いから、
そこは申し訳ないけど敬語使ってね」

と伝えます。

若いころはもっと厳しい言い方でしたから、
これでも丸くなったほうだと思います(笑)。


もちろん、無条件に先生のほうが偉いなんて思っていません。

少なくとも一定の敬意に基づいた関係性を保とうと思えば、
まず自分がそれに値する人間であろうとすることが大切です。

それに、何らかの考えがあって、あえて生徒さんと
友達のようなフランクな関係(言葉遣いを含めて)を作る方針の
塾さんもありますしね。

ただ、方針という意味でいえば、
弊塾は大人に対しては節度ある態度で接しなさい、という方針です。


生徒さんからすれば、特に悪意なく、
親しみの感情からタメ口になっているのは分かります。

あんまり細かいことをあれこれ注意するのは気が進みませんが、
そうした悪い慣れは、こちらで是正していかないと、
教室全体の雰囲気をも壊してしまいます。

もしあなたの塾が「生徒には敬語で話させる」と決めたなら、
そのルールは絶対に死守すべきです。

しかも全生徒にです。

特別扱いしている生徒がいれば、
当たり前ですが不公平感が出て、塾への不満や不信感を生み、
塾内の規律が乱れ無法状態になります。


また、そうした教室内を「締める」行為は、社員の仕事です。

学生講師の場合、生徒のタメ口をその場で面と向かって否定し、
注意できるのは、リーダークラスのベテランでないと難しいでしょう。

学生講師の仕事は学習指導であり、そこに集中してもらうためにも、
それ以外のことは会社側・社員側でやるべきだと思います。



こうした「態度」以外に、学習面に関しても二つの慣れが作用します。

勉強の仕方が分かりだし、繰り返すことでやり方に慣れてくれば、
それが習慣となり結果に繋がりやすいです。

計算が苦手だった生徒さんも、毎日100問演習するだけで、
数ヶ月で劇的に計算力がつきます。

これは、良い意味の慣れですね。


逆に、授業のやり方や宿題がワンパターン化してくると、
悪い慣れが生じるケースがあります。

例えば授業時、本質的な理解をしなくても、
パターンとして暗記することで、正解できてしまうことってありますよね。

見た目は正解しているので、理解しているように見えますが、
実際は数字や語句をはめ込んでいるだけのルーチン作業なので、
応用性もなく実力定着に繋がりません。


宿題に関してもそうです。

生徒は想像以上に頭がいいというかずる賢いというか(笑)、
担当講師のレベルやラインを実に正確に見極めています。

この先生なら、答えを写してきてもばれないとか、
やったけどノートを忘れたといえばごまかせるとか、
人によって対応を分けてしまうのです。

これらも、慣れからくることですよね。

そのためにも、常に授業の質を高めたり、
宿題の出し方やチェックの仕方を工夫したりが大事だと思います。


今回は、対生徒さんに関しての慣れをメインテーマにお話ししましたが、
私たち経営者や教室長の間でも慣れに注意しないといけません。

例えば、同じ部下と一緒に働く期間が長くなればなるほど、
話し方が雑になっていることってありませんか?

互いが「言わなくても自分のことは理解してくれている」という前提で、
伝達が大まかになったり、話し方がラフになったりと。

期間が長くなればなるほど、
丁寧に主語から話すことを心がける必要があります。


夫婦でもお互いのことはそんなに分からないわけですから、
たとえ一緒に働く期間が長かったとしても、
他人である部下があなたのことをよく分かっているという
都合のいい勘違いはやめたほうがいいです。

経営者として自分がどう思っているか、感じているかは
常に発信していく必要があります。

「付き合い長いだから、言わなくても察してくれるだろう」
ではダメなのです!


悪い慣れに操られないように気をつけてくださいね!


【今回のまとめ】
・慣れをしっかりとコントロールする


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆あとがき<合同親睦会>

先日、第15回塾経営者勉強会を弊塾で開催し、
終了後にはいつも通り親睦会を行いました。


ところがちょうど同じ日、隣の町で、
知人が主催する塾開業セミナーも開かれていたんですよ。

実は以前に、主催者の方と飲んでいて
「同日にセミナーがあるんだったら、一緒に親睦会やりますか?」
とノリノリで話していたこともあって、勢いでそのまま合流!

会場はお互い名刺交換の嵐で、
20名近くが全員立っていたという不思議な絵面になっていましたよ(笑)。


中には「あれ〜、なんでここにいるの!?」みたいな、
知り合い同士の先生方も多数いて、
今までとは違った盛り上がり方をした親睦会でした。

私も会いたかった先生にもお会いでき、とてもいい時間を過ごせました。


弊社を通じて人と人とが繋がり、
互いがさらに発展していくご縁になるというのは、
開業当初から私も大切にしている想いです。

そういう意味でも、今回のような合同親睦会は大歓迎!

面白い企画立案がありましたら、今後もぜひ安多までご一報ください。

一緒に面白いことをやっていきましょう!!!


────────────────────────────────────────────
株式会社リアル・パートナーズ 〜地域ナンバーワン個別指導塾を創るコンサルタント〜

〒665-0881 兵庫県宝塚市山本東3-10-1-1F
【目指せ!地域ナンバーワン個別指導塾】発行者:安多 秀司

◇今回の「目指せ!地域ナンバーワン個別指導塾」はいかがでしたでしょうか?
ご意見・ご感想等、お気軽にお伝えください。→ info@r-partners.jp

※このメルマガは、著作権により保護されています。
許可無く、内容を無断掲載・無断引用することを禁じています。
従って、内容を誰かに教えたい、共有したいと思っていただけた場合は、
読者登録( http://www.mag2.com/m/0001341233.html )をお勧めくださると嬉しいです。
私たちも、少しでも多くの方に喜んでいただけるよう、頑張って参ります。
─────────────────────────────────────────────
(c)2011-2018 Real-Partners All Rights Reserved.
このメルマガは、まぐまぐさんのご協力により配信しております。
ありがとうございます。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ