カエル大学通信

  • ¥0

    無料

Webカエ~ル大学を運営する著者によるカエルをテーマに生物や環境のことからカエルグッズ、人とカエルの関係から生まれる文化まで古今東西の幅広い情報を発信します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
カエル大学通信
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2019年01月01日
 
発行部数
88部
メルマガID
0001378531
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

カエル大学通信 NO.90 2019年もカエルとともに、実り多い1年でありますように。

<このメルマガは、100年カエル館&カエ~ル大学がお届けするカエルとカエル文化に関する情報です。>

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。
2019年の最初のメルマガ「カエル大学通信」は、昨年1年を総括する意味で2018年の新聞やテレビなどのメディアに現れ、個人的に目が止まった“カエル”情報についていくつかカテゴリーごとにふれてみます。

【映画】
●「DESTINY 鎌倉ものがたり」
2017年12月に公開された山崎貴監督作品。昨年の秋にはテレビでも放映されました。鎌倉が舞台で、百鬼夜行のごとく魔物や妖怪など人間ならざる存在が日常的に姿を現す。その一人が俳優堤真一扮する、死に際、カエルの姿を借りてこの世に残り愛する妻の様子を見に行く編集者の男。
絵師河鍋暁斎が描く「百鬼夜行」にもカエルが登場するので、カエルは生きものでありながら、生きものを超える何かと見られる歴史も長い存在。それがVFX(ビジュアルエフェクト)を得意とする山崎監督によって動画として見られたことは、カエルの文化史史上画期的なことだったのではないかと思います。
昨年のカエ~ル大学の第1回講座のときにもカエルと出会えるこの映画が話題になりました。

【TVドラマ】
●連続テレビ小説「半分、青い」と「まんぷく」
昨年のNHKの朝の連続ドラマ前期の「半分、青い」では、カエルにヒロインの家族の守り神のような意味をもたせる演出があり、Blogカエルタイムズでも紹介させていただきました。http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/vikki/cat21214267/index.html
そして、現在放送中の後期のドラマ「まんぷく」でもカエルを見かけました。ドラマはあのチキンラーメンの生みの親、日清食品の創業者夫婦がモデルになっているので「食」に関連することがストーリー展開に欠かせないものになっています。
ドラマでは、戦後、栄養不足に苦しむ人のために、発明家である夫の立花萬平は「ダネイホン」という栄養食品を開発します。その開発の試行錯誤の段階で使用されたのがヒキガエル(泉大津の山林で採取していたので二ホンヒキガエルでしょうか)でした。結局、破裂してヒキガエルを使うことは失敗に終わりますが。

【美術】
●小澤華嶽「ちょうちょう踊図屏風」に描かれたカエルに仮装した人
昨年の秋、東京ステーションギャラリーで「横山崋山」展が開催されました。江戸後期の絵師横山崋山の作品には「蝦蟇仙人図」などカエルが描かれた作品もあります。
この渡辺崋山の弟子に小澤華嶽という絵師がいて、その作品「ちょうちょう踊図屏風」にはカエル(ヒキガエル)やカタツムリに仮装した人が描かれています。天保10年(1839年)に京都で起こった、「ちょうちょう踊り」という人々が踊り狂う騒ぎに取材した絵。
昨年10月27日(土)付けの日本経済新聞ではハロウィーンが日本に定着した理由として、そもそも日本人は凝り性でお祭り好きであることの証左として、この絵を挙げています。
松本かえるまつりなどで、カエルの着ぐるみに身をつつんで、一日、カエルになりきりたいと思う心理のルーツも近代以前にあるのかもしれませんね。

【企業CMや広告】
自然環境に棲息するカエルの行動は季節変化の影響を受けますが、企業のCMや広告などメディア環境に“棲む”カエルたちは季節に関係なく活躍しているようです。

●今年9月に田辺三菱製薬から発売された乾燥肌の治療薬「コートf®レグケア」のCMに弦楽器を演奏するカエルのキャラクターが起用されています。
●京王線の新型車両5000系の座席指定列車サービス「京王ライナー」の広告ではカエルのぬいぐるみがキャラクターに。「座ってカエル」「速くカエル」「遅くカエル」など、サービスを語呂合わせで案内する役割を担っています。

【理化学研究】
●日本ではその多くが冬眠しているかもしれないこの季節のカエルたち。アマガエルが北海道など寒い地域にも分布できる、その凍結に耐える能力の仕組みの解明に取り組んでいるのは静岡大学の岡田令子講師の研究室です。
日本経済新聞昨年11月29日の記事によれば、その研究室ではプラスチックの水槽の中でセ氏零下4度の不凍液でアマガエルが凍結させられている。でも、アマガエルは死なない。水槽から取り出して自然に解凍すると動き出します。単に冷やすだけなら死んでしまうアマガエルも、「冬眠中なら細胞や臓器を凍結から守る物質を蓄え、外側は凍っても内臓は凍らず血液も循環し呼吸も続く」そうです。

■100年カエル館からのお知らせ

今年の開館スケジュールにつきましては決定ししだいサイト等でお伝えいたします。
今年もよろしくお願いいたします。

■100年カエル館東京ギャラリーのお知らせ

現在、カエルが登場する絵本などの展示を来年春までご覧いただいています。

会場 : 100年カエル館東京ギャラリー(足立善立寺) 
東京都足立区梅田1-26-10 TEL.03-3886-1367 http://www.zenryuji.or.jp/
お問い合わせ 048-838-7360(ケーアンドケー)

■カエ~ル大学からのお知らせ

カエ~ル大学は、現在、『カエル白書NO.2』の編集をしております。発行後、カエ~ル大学2018の学生の皆様にお送りいたします。その後、カエ~ル大学2019を学生募集から開始いたします。今年もよろしくお願いいたします。

<カエ~ル大学への入会について>

■入会条件
「カエル」に興味のある方はもちろん、どなたでもご入学いただけます。

■特典
・学生証をお送りいたします。
・カエルグッズの博物館「100年カエル館」通常の入館料500円が
 学割料金300円でご利用いただけます。(受付で学生証をご提示ください)
・年に4回開催(会津2回、東京2回)の講座を無料で聴講いただけます。
・入会年の「カエル白書」をお送りいたします。本白書は、毎年、1年間のまとめとして生物のことから文化的な内容までカエル全般の動向を報告いたします。
 
■入会費 
・3000円(毎年11月末まで随時入学が可能です)

■入会方法
カエ~ル大学へのご入会は「100年カエル館」受付やホームページで
お手続きいただけます。
(1)ご来館で
「100年カエル館」受付で入会申込書を記入し、入会費をお支払ください。
後日学生証をお送りいたします。当日から学割料金でご利用いただけます。
(2)ホームページhttp://kaeru-kan.comのカエ~ル大学学生募集からお申し込みください。
ご入学フォームに必要事項を入力後、メールでご案内する口座に入会費を
お振込ください。入金のご確認後学生証をお送りいたします。
(3)お電話で
入会案内と振込用紙をお送りいたします。ご入金確認後学生証をお送りいたします。
048-838-7360(ケーアンドケー)

■更新について
・更新月になりましたら翌年のご案内をお送りいたします。

■個人情報等について
・当方からの応募完了メール送信をもって受付完了といたします。
・5日以内に返信がない場合はお問い合わせください。
・メールでの応募の際に送信されるデータや個人情報は100年カエル館を
 及びカエ~ル大学を運営する有限会社ケーアンドケーが管理いたします。
・お預かりした個人情報は100年カエル館及びカエ~ル大学の運営の目的
のみに使用いたします。個人情報はSSLによって暗号化し保護され、
適正な管理が施されます。

■お問い合わせ
〒966-0096
福島県喜多方市字押切南2-6
100年カエル館 http://kaeru-kan.com
電話048-838-7360(100年カエル館東京事務所ケーアンドケー内)
FAX 048-711-5175
カエ~ル大学  http://kaeru-kan.com/kayale-u

★Webカエ~ル大学はこちらから http://kaeru-kan.com/kayale-u
★100年カエル館HP http://kaeru-kan.com
★Blogカエルタイムズhttp://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/vikki/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ