Bless the Children バイブレーションレポート

  • ¥0

    無料

私はスピリチュアル作家の鈴木啓介と申します。読者の皆様の意識向上のサポートとワーク等の募集告知も兼ねてメルマガを発行しております。内容はスピリチュアル系の話しが中心ですが、それ以外に個人セッションやワークのPRも入ります。よろしくお願いします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
Bless the Children バイブレーションレポート
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年12月07日
 
発行部数
1,151部
メルマガID
0001428750
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 癒し

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆.。.:*・゚☆.。.:*・☆・*:.。.☆゚・*:.。.☆.。.:*・゚☆.。.:*・☆・*:.。.☆゚・ *:.。.☆

    Bless the Children Vibration Report

   --- 意識が現実を生む ---

☆.。.:*・゚☆.。.:*・☆・*:.。.☆゚・*:.。.☆.。.:*・゚☆.。.:*・☆・*:.。.☆゚・*:.。.☆



PR


◎ 12月・東京ほぼ満席につき、新宿セッションを追加しています。 


● 12/16(日) 自由が丘    面会セッション (残席1)

● 12/23(日)    新宿    面会セッション (募集中)



個人セッションお申込み先
http://www.bless-the-children.net/workshops/index.html



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


※ 12/16 自由が丘セッション  12/23 新宿セッション(追加) 共に残席少です。


前回の記事では「本当の自分では無い自分からの脱却」について書きましたが、

今回は、気が付きにくい「本当の自分では無い自分」について書きたいと思います。




例えば・・・・潜在意識の中にインナーチャイルドがある人の場合



その人の潜在意識の中に入って、僕がそれを発見したとして・・・


「3歳ぐらいから?・・・あなたの中に『怖れ』を持って、ビクビク震えている子どもがいます」

「母親?のようですが、あなたはその人に対して『愛を求めているけど、無視される』というか」

「『愛されたいのに厳しく責められる』という・・それによって安心感が持てず・・・常に心が不安定」

「なのであなたの中に『不安で悲しい3歳児』・・・その感情がインナーチャイルドとして残っている」


「僕には『例え』ではなく・・・本当に『その子』がリアルに見えています」

「あなたの心の中にいる、『その子』が泣き続けているのが本当に見えます」

「なので、まずは『その子』を癒してあげることがなによりも大事だと思います」



と、説明しますと



そういうケースの場合、殆どの人は


「そうなんですか・・心あたりがあります・・・」

「・・・自分が可哀想です・・・」

「どうにかして、自分をそこから救ってあげたい!!」



と、おっしゃいますが・・・・




まれにこんなことを言う人もいます。



「はあ、そうなんですか・・」

「自分の潜在意識にそんな子どもがいるんですね?」


「で、それを癒せば今の自分にどんなメリットがありますか?」

「何回セッションを受けたら、それ無くなりますかね?」




・・・・そういう反応に出会うと、僕はとても悲しくなります・・・



・・・・・ (ノд-。) ・・・・・



このようにインナーチャイルドにより、自分自身までをも愛せなくなっている人がいるんです。




ー 「それを癒せば今の自分にどんなメリットがありますか?」 ー



「泣いている幼い自分」に思い寄せることが出来ず・・・

「他人である僕」にそれを任せ

自分は「泣いている幼い自分自身」を可哀想とも思わない・・・




何故そうなってしまうのか?



幼い頃に親から否定される毎日・・・その連続・・・

純真で素直な心はそれを『まともに受け続け』てしまい・・・

その刷り込みが、その人の中で『自分はダメ人間だ』・・という自己否定となることが多い。



だからそういう人は常に『不安』で、『とにかく自分を防御しよう』とするようになり

その不安感が『自分を守ることで精一杯』・・・人のことを思いやる余裕の過失となり

自分を守る=お金、地位、微妙な嘘・・・・それらで自分をプロテクトすることで必死・・・

心自体が渇いているので、いくら自分をプロテクトし続けても、常に不安で苦しい人生・・・


そういった精神構造になってしまうんですね・・・。

(自己否定は上記以外、依存・自分への怒り・その怒りを家族に転写等、様々な表出をとります)




つまり、上記のようなケースから言えることは




 ー 人を愛せない人は、自分をも愛していない ー




ということです・・・・



逆に言うと

自分を愛せない人は、(本当の意味で)人を愛することはできない・・・・ということ。




「自分を守る=お金、地位、微妙な嘘」・・・・


これは一見、自分のことを愛しているように見えますが

しかしその人が愛しているのは、実は「自分のエゴ」であって、「自分の魂」ではない。



自分のエゴは愛せても、自分の魂は愛せないでいる・・・

そういう心情でいる限り

インナーチャイルドを癒すことは絶対に出来ません


心の渇き(苦しみ)は一生続きます



何故なら、そのトラウマを握って離さないでいるのはご本人だからです。

僕も含め、ヒーラーやカウンセラーはそのお手伝いをすることしか出来ないのです。


自分に愛を持つこと・・・悲しい自分に寄り添うこと・・・

そこから脱却する方法は、それが全てです。



今回はインナーチャイルドを例に挙げましたが


今の社会・・・「自分のエゴ」に支配され

「自分の魂」を見失っている人が、とても多くなってきているように思います。




もうすぐクリスマスです・・・

この機会に、自分で自分を救ってみませんか?





※ 僕の記事は毎回転載自由です。こちらに報告の必要もありません。


※ 鈴木啓介 youtubeチャンネル 「Chanelling Music」
 
   https://youtu.be/XW9ElrDjtGE


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◎ 12月・東京ほぼ満席につき、新宿セッションを追加しています。 


● 12/9(日)  電話・スカイプ 遠隔セッション (満席)

● 12/16(日) 自由が丘    面会セッション (残席1)

● 12/23(日)    新宿    面会セッション (募集中)


個人セッションお申込み先
http://www.bless-the-children.net/workshops/index.html



◎ 講演会DVD 

  BOOK紹介の下のほうにDVDのコーナーがあります。
   http://www.bless-the-children.net/mm/mmbookshop/index.html


※ HPお問合せ欄についてのお願い

  個人的なお悩み等をお問合せ欄から私(鈴木)に質問をされても返信はできかねます。
  多忙のため、ご理解のほどよろしくお願いいたします。




※ 当メルマガの解除手続きはこちらから
  http://www.mag2.com/m/0001428750.html


////////////////////////////////////

HP・・http://bless-the-children.net
BLOG・・http://ameblo.jp/blessthechildren/

KESIUKE SUZUKI
Bless the Children Vibration Report
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ