鹿野 淳

鹿野淳の「ロックと食なら俺にまかせろ」

鹿野 淳
鹿野 淳

¥648/月(税込)

9/31までのご購読料には8%、10/1以降のご購読料には10%の消費税がかかります。

音楽ジャーナリスト鹿野 淳の書き下ろし原稿が読める新メディア。自身が発行人を務める月刊音楽雑誌『MUSICA』の人気連載のロング対談コラムから、大食いで名を馳せる執念の“食”にまつわる食べ物コラムまで。音楽、食、サッカー、人生…etc. とにかく、鹿野 淳がいま興味のあるトピックについて書き殴ります! 不定期配信という形を取らせていただいておりますが、月の第2・第3水曜日の2回、あとはその月で一番アツい出来事が起こった後に1回、計3回配信いたします。ここでしか読めない記事ばかりですので、ご期待ください!


著者プロフィール

音楽ジャーナリスト。1964年生まれ。明治大学卒業後、89年扶桑社入社、翌90年株式会社ロッキング・オン入社。98年より音楽専門誌『BUZZ』、邦楽月刊誌『ROCKIN'ON JAPAN』の編集長を歴任。04年ロッキング・オン退社後、有限会社FACTを設立(現在は株式会社)。06年、編集長として月刊サッカー雑誌『STARsoccer』を創刊し(現在は休刊中)、07年3月、同じく編集長として月刊音楽専門誌『MUSICA』を創刊させ、新たな音楽メディア・フィールドを開始。イベント面では「ROCK IN JAPAN FES.」や「COUNTDOWN JAPAN 03/04」に立ち上げメンバーとして構想段階から関わり、企画/オーガナイズ/ブッキングに尽力し、成功させた。10年からは、東京初の総合フェス「ROCKS TOKYO」のプロデューサーを務め、ロックフェスブームに新たな一石を投じている。