このメルマガをまぐまぐ大賞2020推薦する
平田ミチ
平田ミチ

ハリウッドメイクアップアーティスト 平田ミチのハリウッドランド、Never Give UP!!

平田ミチ

¥715/月(税込)


メイクアップアーティストへの夢を持って単身渡米。成功・失敗を繰り返しながらも、日本人魂でぶつかって来たハリウッド人生。バブル崩壊期、巨額の借金を抱えシングルマザーとなる。 「古き良き時代のハリウッド」ハリウッドメイクに触れながらメイクアップアーティストとして指示を得るようになるまでの、笑いあり、涙あり、メイク情報ありと盛り沢山の体験エッセイをお届けします。


著者プロフィール

1973年に渡米。ハリウッド山野美容学校卒業CA州Cosmetology ライセンス取得。ハリウッドEI メイクアップスクール卒業。1978年 トップメイクアップアーティスト、ロバート・シェファー氏(マリリン・モンローを手がけた)に師事。1980年、フリーランスメイクアップアーティストとして独立。TV・ディスニースタジオ・アメリカ映画の仕事を始めとしCMフィルムの分野で活躍。現在は、ハリウッドメソッドをベースにあらゆるメイクを教えている。ミチ平田の手がけたハリウッドスター(ボンジョビ、フランク・シナトラ、ダナ・ウィンター、カーク・ダグラス、バート・ランキャスター、モーガン・フェアチャイルド、アーネスト・ブォーグナイン、チャールズ・ブロンソン他、多数)第53・54回、ハリウッド映画アカデミーアワードにゲストとして招待される。(渡米前、資生堂美容部に8年間勤務)


今月の配信号

  • 今月はまだ配信がありません。

スタッフレビュー

遠回りをしても、自分の中に夢があれば必ず叶う
 メイクアップアーティストとして、ボンジョビやフランク・シナトラなど名立たるハリウッドスターのメイクを手がけてきた平田さん。現在はその技術をもってメイクの指導をしています。
 メルマガでは、次々に予想外のハプニングに見舞われる「まさに戦場」(本人談)のような撮影現場の裏話などを発信。
 たとえば、2013年1月5日配信号では、ロサンゼルスならではのエピソードを語っています。
ロサンゼルスは砂漠が近いことから(元々ロサンゼルスは砂漠だったのだが)CMのロケ地としてよく使われる。どの砂漠ロケでも共通しているのが朝一での日の出直後での撮影だ。昼間になってしまうとライトがフラットになってしまうので砂丘のシルエットを撮る一瞬の撮影に全てがかかってくる。季節によって日の出の時間も変わってくるがもし日の出が6時なら5時にはロケ地で待機していなければならない。仮に宿泊先のモーテルから30分かかるならロケ地での機材準備などを入れ4時にはモーテルを出発。溯ってアクターやモデルへのヘアメイクは3時~3時40分までに仕上げなければならない。もし前夜ミーティングでもしようものなら眠る時間などほとんど無い。日の出の一発勝負だ。もしこれがうまくいかなかった場合は翌朝、同じ事を繰り返さなければいけない。――
 普段私たちが何気なく見ている美しい映像や写真が、どれほどの苦労をもってできあがっているか、その一端がうかがえる貴重なエピソードが、ほかの配信号でも数々語られています。
 アーティストとしてハリウッドへ飛びこもうとしている人、特に女性には必読の、現場の裏側まで学べるメルマガです。