このメルマガをまぐまぐ大賞2020推薦する
はせがわいずみ
はせがわいずみ

What’s Up Hollywood ハリウッド直送!! アメリカ映画の最前線

はせがわいずみ

¥880/月(税込)


取材したセレブは延べ5000人以上! LA記者クラブ南カリフォルニア・ジャーナリズム賞国際コラムニスト・批評家賞受賞経験を持つ、MPAA(アメリカ映画協会)公認のアメリカ媒体の映画記者 はせがわいずみ が、現地で公開される映画の最新情報とセレブのインタビューや素顔を、毒舌を交えて紹介!! 業界用語 A to Zや、スラング解説、川柳のオマケ付き。


著者プロフィール

セレブの写真やインタビューを各国の媒体に配信する通信社HollywoodNewsWire.netを経営。MPAA(アメリカ映画協会)公認のアメリカの媒体の映画記者として10年以上活動し、これまで取材したセレブは延べ5000人以上。08年にはロサンゼルス記者クラブの南カリフォルニア・ジャーナリズム賞エンターテインメント・ジャーナリスト・オブ・ザ・イヤー賞候補となり、同・国際コラムニスト・批評家賞を受賞。また、サテライト賞などの映画賞の選考と授与も行っている。 TV『24- TWENTY FOUR-』の日本公式記者として、07年に公式ガイド本『メイキング・オブ・24』(竹書房)を出版。 島根県松江市出身。法政大学卒業後、NHKやFM石川での局アナを経て、フリーに。実家が神社(出世稲荷神社www.inarijinja.net)なので、神主の資格を持つ。島根県の観光大使、“遣島使”としても活動中。


今月の配信号

  • 今月はまだ配信がありません。

スタッフレビュー

映画ジャーナリストが、ハリウッドの裏事情を斬る
 MPAA(アメリカ映画協会)公認の映画記者として10年以上活動し、取材したセレブは延べ5000人以上という、ハリウッドセレブを知り尽くしているはせがわさん。現在は、セレブ写真やインタビューを各国の媒体に配信する通信社HollywoodNewsWire.netを経営し、最新で奥の深い映画情報を発信しています。
 メルマガでは、はせがわさん独自の視点で新作映画をレビュー。また、意外と知らない業界用語についても解説しています。
 たとえば2013年3月19日配信号では、映画『Stoker』の脚本を手がけたイケメン俳優ウェントワース・ミラーに関連して、こんな業界用語を解説。
脚本ブラックリスト 『Stoker』は、実は、ハリウッドの「脚本ブラックリスト」入りした作品だった。「脚本ブラックリスト」というのは、とても良い作品なのに映画化されずにいる、いわゆる“埋もれた名作(名脚本)”リストのこと。『Stoker』の脚本をペンネームで発表し、その後も頑なに本名を明かさなかったのは、「人気俳優が初めて書いた脚本」という扱いを受けたくなかったからだそう。もし、ウェントワース名義で出していたら、恐らくすぐに映画化が決まっていただろう。ただ、作品の良さを存分に引き出してはもらえなかった可能性が高い。あえてその道を選ばなかったウェントワース。作品の良さを本当に理解してくれる人に、我が子とも言える脚本を託したかったのだろう。その選択は正しかったようだ。――
 映画に関する貴重な情報と豊富な知識から繰り出される、辛口コメント満載のメルマガですが、映画ファンだけでなく、文章表現力を養いたい人にも非常にオススメです。