相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学

  • ¥0

    無料

・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2019年02月17日
 
発行部数
59,995部
メルマガID
0001597028
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > 会社設立・独立準備

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

カテゴリー:コピーライティング
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
┃ 天職で1億稼いだ著者が、お金、自己啓発、仕事について、
┃ マーケティングと心理学の側面から本質を語るメールマガジン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※初めてメルマガをお読みの方は、こちらを必ずお読み下さい。
┃・発行人のプロフィール: http://pp0.jp/pr.html
┃・お勧め&人気の記事一覧:http://pp0.jp/osk.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【重要】

ストレスなく自然体で成功するための
すべてのをお届けする

『お金の心理学』プログラム

のオンライン説明会を受付中です。


あなたも本質的なマーケティングと心理学を学び、
理想のライフスタイルを実現しませんか?


すでに990人以上が参加し、効果は実証済みです。
→ https://www.personal-promote.com/?page_id=9890

===================


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。


セールスレターと呼ばれる長文の販売ページや、
ステップメール、プロモーション用の動画などは
事前に骨子(こっし)を考えてから作り始めます。


つまり、全体を構成する重要な要点を
あらかじめ考えておくことで話がブレなくなり、
お客さんからすると理解しやすくなるのです。


それと同様に、マーケティングにおけるストーリーでも、
やはり骨子をあらかじめ考えておきます。


そうしないと、贅肉だらけでぶくぶくの
ストーリーになってしまうからです。



ストーリーの基本的な書き方としてはこうです。


まず、ストーリー全体に通底するテーマを決めて、
そこから逆算して骨子を書いてください。


そして、その通底するテーマ以外の要素は
贅肉なので削り落とします。



ストーリーでよくあるパターンは、

1.何かしらの欠落を持った主人公がいて、
2.その人が壁を乗り越えながら、
3.最後はその欠落を埋める、

という流れが王道です。


たとえば、行動力が欠落していて、
ノウハウを買ってもまったく実践しない、
ノウハウコレクターの主人公がいたとしましょう。


この場合、ストーリーの骨子は

1.行動しないノウハウコレクターの主人公が、
2.壁(たとえば行動しない言い訳など)を乗り越え、
3.最終的にノウハウを実践できた!

という流れになります。


すると、それを読んだ人からすると、
「ノウハウコレクターでも人生を変えられるんだ」
という気持ちになれるのです。



この骨子の場合、ノウハウの実践以外の要素は
テーマからは外れている贅肉なので
どんどん削り落としていきます。


つまり、主人公に起きたことを
ただ時系列に骨子にまとめただけでは
よいストーリーにならないのです。


なぜなら、余計な要素が多くなってしまうと、
全体に通底するテーマが何なのか、
読者からすると分からないからです。


多くの人は集中力がとても低い状態で
ストーリーを読んでいますから、
テーマと関係ない話が多いと混乱するのです。



あと、サラっと書いてしまいましたが、
「欠落」というのは重要な要素ですよね。


ストーリーに興味がある人が多ければ
欠落についてはまたいつか書こうと思います。



相馬一進


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃相馬はこちらでも情報発信していますので、ぜひご覧ください。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃・ブログ: https://personal-promote.com/?p=27
┃・ビジネス心理学:https://biz-shinri.com/
┃・YouTube:http://www.youtube.com/user/PersonalPromote
┃・Twitter:https://twitter.com/kazuyukisoma
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎株式会社パーソナルプロモート
◎住所: 東京都港区赤坂1丁目4番14号 ダイヤモンドビル赤坂5階
◎HP: http://personal-promote.com
◎メール: info@personal-promote.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ