筑波大学蹴球部メルマガ(桐の葉メルマガ)

  • ¥0

    無料

筑波大学蹴球部のメールマガジンです! 主にTOPチームの公式戦の試合情報や試合結果を配信しています。また、TOPチーム以外のチームの試合結果や蹴球部のイベント情報なども配信しています。多くの方に筑波大学蹴球部の魅力を発信していくことができればと思っています。是非ご登録よろしくお願い致します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
筑波大学蹴球部メルマガ(桐の葉メルマガ)
発行周期
TOPチームのシーズン中は定期的に、その他のシーズンは不定期に配信します。
最終発行日
2018年12月21日
 
発行部数
389部
メルマガID
0001630835
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > サッカー・フットサル > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


◆試合結果◆
第67回全日本大学サッカー選手権大会3回戦
2018年12月17日
vs駒澤大学
13:00kick off
会場: 柏の葉公園総合競技場

筑波大学 対 駒澤大学

前半   0-0
後半  1-2
合計   1-2

◆得点者 [アシスト]
犬飼


◆メンバー◆
<STARTING MEMBER>
30 阿部航斗(GK)
/新潟U-18/3年
20 知久航介
/國學院久我山高校/2年
5 鈴木大誠
/星稜高校/4年
4 山川哲史
  /神戸U-18/3年
29 山原怜音
/JFAアカデミー/1年
6 鈴木徳真
/前橋育英高校/4年
8 高嶺朋樹
/札幌U-18/3年
14 会津雄生
/柏U-18/4年
10 西澤健太
/清水Y/4年
7 三笘薫
/川崎U-18/3年
18 犬飼翔洋
/中京大中京高校/3年



<SUBSTITUTE>
21 大川圭為(GK)
  /浦和Y/3年
2 加藤潤
/新潟明訓高校/3年
27 手塚貴大
/栃木Y/2年
9 長澤皓祐
/FC東京U-18/4年
17 渡邊陽
/浦和Y/2年
23 生地慶充
/FC東京U-18/2年
26 井川空
/札幌U-18/1年
3 小笠原佳祐
/東福岡高校/4年
11 窪田翔
/星稜高校/2年



◆交代◆
後半30分 会津→渡邊(陽)
犬飼→小笠原
後半41分 知久→加藤(潤)
後半42分 山原→窪田


◆戦況◆
前年のベスト8を超えるべく、駒澤大学との一戦が柏の葉公園総合競技場で行われた。

試合は開始直後から一進一退の攻防となる。まずは前半5分、相手GKのロングボールを弾いたこぼれ球に詰められシュートを許すが、山川、山原がこれを防ぐ。

その8分後、今度は筑波が攻撃を見せる。右サイドで相手のミスからボールを奪った山原が積極的なシュートを放つが惜しくも枠の上へ外れる。更に同16分、裏への浮き玉のパスに反応した犬飼が相手GKより先にボールに触るが惜しくも得点には至らず。


流れを掴んだかと思われたが同20分、自陣左サイドをドリブルで崩されシュートを打たれるも、これは阿部が正面でキャッチ。得点を許さない。更にここから再三サイドからクロスを上げれるも、鈴木(大)、山川を中心にこれを弾き出す。

前半アディショナルタイム、決定機を迎える。左サイドで知久がロングボールを受けてファーの会津にクロス。これを折り返して三笘が中で合わせるが、惜しくもポストに嫌われてしまう。

0-0で前半終了。両チーム一歩も譲らない攻防を見せ、手に汗握る展開となった前半であった。

後半3分、自陣左サイドでのミスから相手にカットインを許し、シュートを許すも守備陣がこれをブロック。ヒヤリとしたシーンだった。ここから相手の猛攻を受ける。同16分、18分と連続でピンチを迎えるもどちらも山川が間一髪でこれを防ぎゴールを守る。

同20分、遂に防ぎきれず失点してしまう。
自陣左サイド深い位置からゴロの速いクロスを上げられ、ニアの混戦を抜けてファーサイドで押し込まれてしまう。

諦めない筑波は同30分、コーナーキックを獲得する。左からボールが上がると、ゴール前での混戦から犬飼が押し込み、値千金の同点弾を決める。

しかし直後の同31分、今度は自陣右サイドからのクロスがゴール前を抜け、ファーサイドで押し込まれてしまう。

後がない筑波は激しく攻め立てる。
同45分、左サイドを突破した三笘の折り返しから渡邊(陽)が放ったミドルシュートは枠を捉えきれず。アディショナルタイムの小笠原のシュートも惜しくも枠の右へと外れてしまう。

1-2で試合終了。
先制され、一時は同点に追いついたものの直後に勝ち越され、悔しい敗戦となった。
2年ぶりの優勝を目指した今大会はベスト8で敗退となった。

◆次節予定◆
今季のトップチーム公式戦はこの試合をもちまして終了となります。
熱い応援ありがとうございましたした。
来季も引き続き応援よろしくお願いします。




※1 本メルマガは登録者以外の方へご転送等して頂いても構いません。お知り合いの方で興味がある方がいらっしゃいましたらご転送下さい。

※2 このメールの下部にあるアドレスから蹴球部への応援メッセージがお送り頂けます。皆様のメッセージお待ちしております。


蹴球部公式新HPアドレス

http://www.tsukubashukyu.com

蹴球部公式Twitterアドレス

https://mobile.twitter.com/Tsukuba_syukyu

蹴球部公式Facebookアドレス

https://m.facebook.com/pages/筑波大学蹴球部/301596659873524?id=301596659873524&_rdr

蹴球部への応援メッセージ宛先

kirinoha@kirinoha-soccer.sakura.ne.jp

蹴球部メルマガへのご意見 ご要望

syukyu_kouhou@yahoo.co.jp


桐の葉メルマガ2018 発行システム

『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/


メルマガ登録、配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001630835.html

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎筑波大学蹴球部メルマガ(桐の葉メルマガ)
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://bn.mobile.mag2.com/bodyView.do?magId=0001630835
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ