まんしょんオタクのマンションこぼれ話

  • ¥0

    無料

マンションのことなら誰よりもよく知る廣田信子がマンション住まいの方、これからマンションに住みたいと思っている方、マンションに関わるお仕事をされている方など、マンションに関わるすべての人へ、マンションを取り巻く様々なストーリーをお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞2017受賞
 
メルマガ名
まんしょんオタクのマンションこぼれ話
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2019年03月25日
 
発行部数
4,648部
メルマガID
0001641012
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 住宅 > マンション

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆★☆――――――――――――――――――――――――

   まんしょんオタクのマンションこぼれ話

―――――――――――――――――――――――― Vol.1061

■ あなたのマンションの保険の「付保割合」は何%?


こんにちは! 廣田信子です。

先日、管理組合から相談を受けている仲間たちとの情報交換で、

お金がないのに、
30年以上も付保割合100%の保険をかけ続けているマンションが、
まだまだ多いことが話題になりました。

付保割合とは、
建物評価額(共用部分)の何%を保険金額にするか
という割合のことです。

管理組合が共用部分の火災保険を掛ける場合、

鉄筋コンクリート造のマンションで
火災やガス爆発があったとして
修復に満額必要とは考えにくいので、、

付保割合を
30%~60%ぐらいに設定しているケースがほとんどです。

付保割合ついては過去記事(17・06・07)で
くわしく書いていますで、参考にしてください。

付保割合はどのくらいがいいの?
https://ameblo.jp/nobuko-hirota/entry-12281521812.html


保険が適切か見てほしいと言われたとき、
一番にチェックするのが付保割合です。

しかし、保険契約に関する情報として、
総会議案書にあるべき付保割合の数字が
記載されていない場合があります。

付保割合も分からなくては、
適切な保険かどうか判断できないじゃない…というのは、
ある程度マンション管理の知識がある者の発想で、

ほとんどの組合員は、
それが何を意味するのかも知らないのが普通なんだろう。

でも、
金が足りなくて大規模修繕工事もできない状況で、
付保割合を下げる提案をしないって、
管理会社がひどくない?という話になりました。

たいていは、
管理会社が代理店となる保険に加入しているからです。

管理会社の実情をよく知る人が言います。

管理会社は企業だから、売上、利益を上げるのが目的なので、
管理組合側が無関心なのに、
あえて、自分たちの売り上げを減らすような提案はしないと
思った方がいい。

わざと、付保割合の数字を
議案書ではわからないようにしていることもある。

理事だけなら、適当に丸め込めても、
組合員全員となると、その中には、保険会社勤務の人もいて、
突っ込まれると面倒だから…と。

でも、自立した運営をしている管理組合の理事さんは、

うちの管理会社はしっかり情報公開した資料をつくってくるよ。
組合員の中には、それぞれの分野のプロがいるから、
管理組合に不利益な情報を隠していると思われると、
管理会社が信用を無くし、リプレースに繋がりかねないから
…と言います。

管理会社も、結局、相手を見て、
対応の仕方を変えているのが実情なのでしょう。

しかし、
保険でいくら儲けても、
大規模修繕工事もできないような状況だと、
管理会社だって困るでしょう…というと、

もう、管理会社は、
その管理組合を捨てるタイミングをみているのかも。

大規模修繕工事もできない高経年マンションは、
そのうち、管理会社にも、保険会社にも捨てられる。

…とリアルでショックな発言が…。

でも、現実にそうなったときに、

これまで、管理会社に任せて何でも言う通りやってきたのに
管理をやめるなんて酷いじゃないか…。

これまで、無駄な付保割合100%の保険料を払い続けてきたのに、
ここで引き受けないなんて酷いじゃないか…。

といっても、
管理会社も保険会社も取り合わないでしょう。

自分たちの無関心は、
管理会社に都合がいいようにやっても大丈夫いう免罪符を与え、
限られた情報しか与えられず、
結局、無駄なことにお金を垂れ流すことになる。

突然、大幅にお金が不足することを知らされ、
修繕積立金の大幅値上げを迫られる。

そして、その合意形成ができなければ、
管理会社にも保険会社にも見限られる…。

そんなことが、これから起きてくるのでは…
という話になりました。

皆さんのマンションの火災保険(マンション総合保険)の
付保割合は何%ですか?

もし、知らないな~ということなら、
議案書を見て確認してください。

議案書で確認できないようなら…理事に聞いてください。

理事が何のことは分からず答えられないようなら、
それはかなりの要注意です。



*********このメルマガが本になりました!**********

「2020年マンション大崩壊から逃れる50の方法!」宝島社
著 廣田信子

詳しくは弊社HPから → http://www.msc-4.com/

___________________________
メールマガジン「まんしょんオタクのマンションこぼれ話」

☆発行責任者:マンション総合コンサルティング株式会社
☆問い合わせ:info@msc-4.com

代表 廣田信子のブログ http://ameblo.jp/nobuko-hirota/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ