当たると評判の陰陽師MASATOKI連載『四柱推命辞典』

『アイウエオ辞典』マニアのための四柱推命完全保存版

当たると評判の陰陽師MASATOKI連載『四柱推命辞典』
当たると評判の陰陽師MASATOKI連載『四柱推命辞典』

¥658/月(税込)


学術とも学問の域とも言われる四柱推命を理解するには、まず専門用語の理解が不可欠です。 この用語を使いこなせなければ、人の運命を語ることは出来ません。 昨今では四柱推命のレベルが低くなり、基礎を知らない占い師によって占いの信憑性が問われる時代になりました。 この『アイウエオ辞典』版は辞典ではありますが、MASATOKIが実践の中で必要と思うところを抜粋したものです。 30年の実績と陰陽師の新たな挑戦として、後世の占い師の育成と運命学を本格的に勉強したい方に応えられるものとなるような解説を試みたいと思います。


著者プロフィール

占家の8人兄弟の双子として誕生するも養子に出され、数奇な運命を辿る事で自身の運勢について興味を持ち、手当たり次第に運命学の勉強を始めました。どの本を研究してもスッキリする解答は得られず「何故、合わないのか?」と強い疑問が今の私の原点です。そして運命学の奥義である六壬神課/四柱推命等、誰もが語る事の出来なかった理論体型を発見し、独学にて陰陽術である六壬をマスターするに至りました。平成7年に「MR」、翌8年には「VOGUE INTERNATIONAL」でデビューを飾り、平成16年には女性誌に『行列の出来る有名占い』として紹介され、六壬を自在に使うのを証明するなど、マスコミにも取り上げられ、現在は風水建築相談や執筆活動をはじめ、霊感を超え当たると評判の占い師として活躍しています。そんな占い人生を振り返ると30年を迎えようとしています。

MASATOKIは、30年の実践を通し、とことんまで追求した結果“従来の四柱推命では2割りほどしか当たらない”という真実(理論体型)を発見しました。その一つに、四柱推命の【カギ】を握るのは“生まれた時間”です。誕生日を決定付ける日付変更線は23時が境で、生まれた時間が不明であれば運命を決定付ける事は出来ません。また、7つの干合理論を発見する事で、生まれた時間をも導き出す事が可能になりました。つまり、四柱推命で重視されるのは“生まれた時間”であり、それは生時(生まれた時間)が人生の帰結にあたるからです。あなたの生時は間違いないですか?1つ違えば正しい運勢を知る事など出来ません。加え、遊びゴコロの星占いでさえ当たる事はないでしょう。あなたも誰もが正しい運命を事前に知る事が出来れば、運勢への対処法は可能になります。