江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて

江守 哲

まぐまぐ大賞2018年受賞

江守 哲

¥3,240/月(税込)   初月無料!

9/31までのご購読料には8%、10/1以降のご購読料には10%の消費税がかかります。
毎週 月曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定
登録が簡単になりました!
※月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!

株式・為替・コモディティなどの独自の市場分析を踏まえ、常識・定説とは異なる投資戦略の考え方を読者と共有したいと思います。 グローバル投資家やヘッジファンドの投資戦略の構築プロセスなどについてもお話します。 さらに商社出身でコモディティの現物取引にも従事していた経験や、幅広い人脈から、面白いネタや裏話もご披露します。 またマーケット関連だけでなく、野球を中心にスポーツネタやマーケットと野球・スポーツの共通性などについても触れてみたいと思います。


著者プロフィール

エモリキャピタルマネジメント株式会社代表取締役。慶應義塾大学商学部卒業。住友商事、英国住友商事(ロンドン駐在)、外資系企業、三井物産子会社、投資顧問などを経て会社設立。「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」。商社・外資系企業時代は30カ国を訪問し、ビジネスを展開。投資顧問でヘッジファンド運用を行ったあと、会社設立。現在は株式・為替・コモディティにて資金運用を行う一方、メルマガを通じた投資情報・運用戦略の発信、セミナー講師、テレビ出演、各種寄稿などを行っている。2000年代の原油相場の急騰を予測したことで世界的に知られるようになる。2008年の原油相場の急騰とその後の暴落を的確に予測。高値で空売りし、その後のリーマンショックでリターンを上げたことでも知られている。近年では、2016年の円高・株安をいち早く予測した。

大学時代は体育会野球部所属。先輩・後輩に野球関係者多数。現在も東京都内で屈指の強豪である中学野球のクラブチームを指導しています。大学卒業後に住友商事に入社し、いきなりマーケットの仕事に携わりました。最初の上司が簿外取引で2600億円の損失を出し、その残務処理をロンドンで行ったのをきっかけに、マーケットの仕事で生きていくことを決断しました。当時の世界最大のメタルトレーディング会社(ロンドン在)の企業に移籍し、様々なノウハウを得ました。帰国後に「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」として原油高騰などを予測しました。2008年7月の原油の高値では勇気を持って空売りし、リーマンショック時の急落でリターンを上げることができました。現在は資金運用に加え、メルマガやテレビ出演、セミナーなどで、独自の市場分析方法に基づく相場見通しや投資戦略を解説しています。

バックナンバー

  • 今月はまだ配信がありません。
バックナンバー購入はこちら