毎日野球コラム
ID: 0001673892

小・中学生のための野球戦略・技術マガジン

毎日野球コラム
¥324(税込)/月 初月無料!
毎週 日曜日(年末年始を除く)予定
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
→バックナンバーの購入はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001673892

小・中学生のための野球戦略・技術マガジン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小・中学生に向けた野球理論・技術をお伝えいたします。うまくなるための技術練習から心構え、勝つための野球戦術を公開。全国の現場で実践されている最新の技術・理論をさらに分析し、昇華させています。野球少年はもちろんのこと小・中学生の野球少年の親御様、指導者様にもお届けします。野球を次世代へ継承しようとする渾身の野球情報メールマガジン

著者プロフィール

毎日野球コラム

毎日野球コラムを運営しています。コチラ→http://yakyu-column.jp/

サンプル号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小・中学生の野球少年に贈る勝つための野球情報  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野球の大胆な作戦のひとつとされているダブルスチール。

WBCでの内川の走塁が話題になったことがありました。
内川はこのミスにより責任を感じ、涙しました。

その際、
このダブルスチールという作戦を敢行したことへの是非や
この作戦をとる場合の技術が話題になりました。

そして、一般的には聞きなれない、
ディスボールやグリーンライトという表現が、野球用語として浸透しました。

ディスボールとは、次の投球でスチールしろというサインのこと。
グリーンライトとは、行けると思ったら行ってよいし無理だと思えば自重しろというサインのこと。

そこで
そもそもダブルスチール(三塁単独スチールでも)でディスボールのサインはあり得ない。
仮に
ディスボールのサインが出たとしても、ランナーはタイミングが合わなければ行かなくていいのです。

三盗の場合のディスボールは、ベンチのできれば行ってほしいの意思表示ということになります。
なぜなら
三盗は完全にタイミングを盗んでスタートを切らない限り成功がないからです。

二盗は多少タイミングが遅れても、投手のモーションの大きさ、球種によってはセーフになるし、
キャッチャーからの距離が遠いことからセーフになる可能性がありますが、
三盗はモーションが大きく、変化球でもキャッチャーの送球がまともなら刺されるのです。

つまり、
ダブルスチールもしくは三盗は行くな以外のサインは、グリーンライトということになるわけです。

そして、
ダブルスチールの場合、2塁ランナーはグリーンライトですが、1塁ランナーはどうするか。

一般的には2塁ランナーの動きを見て走ったらついていけ。となりますが、
必ずしも3塁へキャッチャーが送球しない最近の野球では、1塁ランナーは必ずしも、ついて行かなくていいのです。

しかも
この時のプエルトリコは、技量の高いキャッチャーだったらしいので
1塁ランナーはスタートが悪ければ自重していいということになります。

実際、
代表練習でそのような作戦で周知させていたそうです。

なぜ最近の野球は、2塁へ送球してくるのでしょうか。

それは、
3塁はキャッチャーから近い上、キャッチャーの体の左側に位置します。
つまり
ステップせずとも投げられ、近い分送球ミスも少ない。普通は3塁に投げたくなります。
しかし、
3盗するランナーはタイミングが合わなければ走ることはありません。

逆に走ってきた場合は、ピッチャーのモーションを盗んだ時で、
100%成功すると思った時だけ走ることになります。

そうなると
近くて投げやすいとしても、モーションを盗まれた時点でキャッチャーは刺せません。
ところが1塁ランナーは2塁ランナーの動きを見ながらでないとスタートが切れません。(内川は見ないで走ったが。)
だから、1塁ランナーのスタートは、自分のタイミングだけで切れるものではなくなってしまい、
キャッチャーからすると2塁で刺せるチャンスがあるわけです。
だから、3塁で刺そうとはせず、あえてステップして距離の遠い2塁で刺そうとするのです。

3塁で刺すか2塁で刺すか。
キャッチャーは一瞬で判断しなければなりません。

今回のプエルトリコのキャッチャーは、
それができる技量の高いキャッチャーだったため
日本はダブルスチールの際、1塁ランナーは必ずしもついていかなくてもいいと
ミーティングで徹底したはずでした。

しかし、内川は走りました。
走るのはいいが、2塁ランナーの動きを見ずに走る愚かさ。

これはあまりにもレベルが低い。
中学生や高校生でも罰があたえられるプレーです。
当時、内川擁護の雰囲気と日本よくやったの風潮が少なくなかったものです。

たしかに
内川の走塁ミス自体が敗因ではありません。
それまでたくさんのミスをしてきました。

そのミスはプエルトリコ戦だけではありません。
初戦からずっとでした。

だから
1次ラウンド格下の相手に苦戦を強いられたのです。
逆に接戦になり、日本中から注目される効果はありましたが。

緻密な野球を売りにするはずの日本が、こんな恥ずかしいことを連発しているようではその評価は地に落ちたようなものです。

こういったことはのど元過ぎればということで忘れるのではなく、反省をし、
本来はその責任をとるべく日本野球のトップ機構を動かさなくてはならなかったのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎日野球コラム http://yakyu-column.jp/

フェイスブックはコチラ https://www.facebook.com/毎日野球コラム-1761895954042279/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ID: 0001673892

小・中学生のための野球戦略・技術マガジン

毎日野球コラム
¥324(税込)/月 初月無料!
毎週 日曜日(年末年始を除く)予定 今月2/4回(最終 2018/10/14)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
バックナンバーの購入はこちら
2018/09/30 141回 夏の投げすぎ問題 毎年問題になりながら手を加えられないまま100年
2018/09/23 第140回 敗れ去った球児たちも人生にとって大きな意味がある
2018/09/16 第139回 バッテリーの仕事はストライクをとることでなく、27個のアウト 1球勝負の技
2018/09/09 第138回 俺は生き抜くぜ
2018/09/02 第137回 チームを最良に機能させるピースたち
バックナンバー購入ページはこちら
さらに以前のバックナンバー一覧