ケン青木

ケン青木のニューヨーク流、世界に通じる男の服装・演出術

ケン青木
ケン青木

¥586/月(税込)   初月無料!

毎月 1日・11日・21日 発行予定
登録が簡単になりました!
※月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!

皆様初めまして、ケン青木です。ニューヨークで紳士服の仕事を始めて26年。世界に通じる紳士服について御一緒に勉強を深めて行きましょう。着物に決まり事が沢山あります様に、西洋の伝統的紳士服にも決まり事はあり、それらを正しく知る、即ち彼らの価値観を正しく理解することなのです。多くはビジネスの相手、他者へ敬意を表すものです。20代半ばを過ぎましたら、自分ではなく他人のため、礼節として御自身の身支度を整えることに是非御心掛けいただければ、と。そのための重要ポイントについて、ファッション・流行とは別の角度からお話して参ります。


著者プロフィール

1959年生まれ。大学で中世英文学を専攻。卒業後、毛織物とアパレルを中核事業とする企業に就職。入社後、合弁のパートナーである米系老舗の紳士・婦人服専門店に出向。販売業務、ディスプレイ、営業等の業務に携わった後、本社・海外事業室へ。1991年に同社米国現地法人へ出向、日本向け婦人服とアクセサリーのバイイングに携わり、ファッション・デザイナーとのライセンス契約交渉を担当、同社輸出入部長、経理部長を経て1998年まで同社代表取締役。1997年から日米合弁の注文服販売会社の取締役を兼務し、日米を往復。2001年、世界最大規模の注文服の生産・販売会社に移り、販売と新入社員教育を担当。2002年以降、日本に年に3、4回訪れて注文服の訪問販売の他、神戸市立ファッション美術館の紳士服飾アドバイザー、ニューヨークの日系数紙に紳士服飾に関するコラムを連載。


今月の配信号

  • 今月はまだ配信がありません。