ちえの木の実 メールマガジン

  • ¥0

    無料

恵比寿にある絵本・児童書の専門店「ちえの木の実」のメールマガジンです。おはなし会や2階貸切プランなどのイベント情報・おすすめ絵本の情報などをお伝えしていきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ちえの木の実 メールマガジン
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年09月19日
 
発行部数
65部
メルマガID
0001681312
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

9月も後半になりましたね。まだ暑い日もありますが、今朝は涼しい風がふいていて、どんどん秋の気配が感じられるようになってきました!

ちえの木の実では今、お月見本の特集をしております。今日は「お月見だんごを作ろう!」というテーマで、第一回の食育おはなし会を開催いたしました。今年3歳になる男の子たちが、楽しそうにおだんごをこねこねしてくれてとっても可愛らしかったです。
次回は11月に食育おはなし会を開催予定ですので決まりましたらまたお知らせいたします。

10月のイベントのお知らせです。

1、ちえの木の実 ハロウィンおはなし会
 日時 10月17日(水)14:30~15:00 
 対象 0~3歳のお子さまとその保護者さま
 参加費 無料
ちえの木の実2階サロンで、スタッフによるよみきかせ会を開催いたします。
今回はハロウィンに関する絵本を読みます!仮装をして来店してくれた方にはお菓子のプレゼントもありますよ。
事前申し込み受付中です。当日飛び込み参加もOKです。お待ちしております!
https://kokucheese.com/event/index/537307/

2、ままほんや
 日時 10月26日(金)11:00~13:00 
 定員 親子8組
 参加費 一組 1000円(お菓子・お弁当・お茶・プレゼントの絵本つき)
 

「ままほんや」では毎回のテーマに沿った絵本を参加者の皆さまにちえの木の実の店内から
探していただき、会の最後に選んだ本の内容をシェアし合っていただきます。
途中、お菓子やお弁当も食べながらの、和気あいあいと楽しい会です!
お申込みは以下のリンク先から
https://kokucheese.com/event/index/537008/

または、店頭・お電話03(5428)4611でも受け付けております。

============================================================-
今月のおすすめ絵本
今ちえの木の実では「国際アンデルセン賞受賞作家の本」を特集コーナーに並べております。昨年、角野栄子さんが受賞されたことで話題になりましたね。
その選考基準の高さから「小さなノーベル賞」とも言われているというこちらの賞。過去の受賞者を見てみると、なるほどそうそうたる作家がそろっています。その中に日本人作家も4人も選ばれているのを見るとうれしくなりますね。
どの本もおすすめですが、本日はその中から角野栄子さんの「おだんごスープ」という本を紹介させていただきます。

おばあさんを亡くしてしまった一人のおじいさん。

しばらくは何もする気力が起きなかったのですが、ある日ふと「おばあさんの作ってくれたおいしいスープが食べたいなあ」と思います。

そこからおじいさんの挑戦が始まります!

台所には小さいのから大きいのまで、5つのお鍋。

一人分だしこれでいい、と一番小さいお鍋を使ってスープを作ったおじいさんでしたが・・・?
最後はどんな結末が待っているかお楽しみ!

スープを作るうちに生きる気力を取り戻していくおじいさんの姿も素敵ですし、スープを作る時のリズミカルな歌が、読み聞かせしていると子どもにとって楽しいようで、何度も「また読んで~!」とせがまれる絵本です。
市川里美さんの絵もとっても魅力的で、読んでいるうちにどんどんおじいさんが好きになりますよ。

角野栄子さんは、絵本も児童書もたくさん書いていらっしゃいますがやはりどれも素晴らしい!一番有名な「魔女の宅急便」も、映画になった1巻だけでなく2巻以降もどれを読んでもはずれなしです。大人が読んでも、青春時代の迷いや不安を思い出したり、楽しさを味わえたりと、大切にしたくなる物語が詰まっています。すごい作家さんだなあと改めて感じ入ります。

ぜひちえの木の実で手にとってご覧ください。

「おだんごスープ」
角野栄子 文・市川里美 絵
1400円+税 偕成社
 

 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ