木村藤子
ID: 0001681410

"青森の神様 木村藤子" あなたに幸福をもたらすメールマガジン

木村藤子
¥864(税込)/月 初月無料!
毎月 第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
→バックナンバーの購入はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001681410

"青森の神様 木村藤子" あなたに幸福をもたらすメールマガジン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビや雑誌、書籍といったこれまで私が活動してきた媒体は、その性格上、〝書けない事柄〟〝言ってはいけない事柄〟が山ほどあり、ある程度の制限があるのが事実です。
しかし、〝本気〟で幸福をつかむに術をお伝えするときは、このルールがしがらみになってしまう場合もあります。本メルマガではそういったしがらみをすべて外し、世の中の不思議、理解不能な事象、幸福とは、不幸とは、人間とは、生きるとは、死ぬとは…人の人生を解明し、幸福へとつなげるために必要なマインドをお伝えいたします。

著者プロフィール

木村藤子

1947年青森県生まれ。地元で有名な霊能者だった母親のもとで育つ。30代のとき、神の声を聞き、霊視・透視能力を授かる。以来、日々多くの人の悩みを救っている。全国的にその名が知れわたり、「青森の神様」といわれるきっかけとなったのが、1990年の「ヘビ騒動」。地元で行方不明になったニシキヘビが現れる場所、時間を透視によって言い当てた。著書に20万部突破のベストセラー『「気づき」の幸せ』(小学館)、『幸せの絆』(主婦と生活社)などがある。

サンプル号
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

“青森の神様”木村藤子 
あなたに幸福をもたらすメールマガジン

サンプル号

『ある母親の相談から見えること』
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*
【もくじ】

【日々是雑感】
ここでは、日々の相談者との対話で感じたことや、人生論、幸福論、仕事論などなど、ひとつのテーマを深く掘り下げていきます。

本日のテーマ:『ある母親の相談から見えること』

【質問コーナー】
●ストレス社会について

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

■□■□【大好評! 人生相談企画】■□■□
下記の応募方法を確認し、お気軽にご相談ください。

【応募方法】
以下をコピーして必要事項を明記し、メールにてお送りください。自動でメールを振り分けしていますので、下記通りではないと採用はされません。ご了承ください。

※応募期間は随時※
※件名は必ず「人生相談」としてください※

●氏名:
●年齢:
●生年月日:
●お住い:
●家族構成:
●メルマガへの掲載:可・不可
●相談内容:

メール送信先はこちらです
××××@×××


■□■□【質問企画】■□■□
個人相談ではなく、たとえば「カルマとはなんですか?」や「幸福の掴み方は?」、「メルマガで取り上げてほしいテーマ」など、一般的な質問を募集し、できる限りお答えしていきたいと思っております。下記アドレスよりご応募ください。

※件名は必ず「質問」としてください※

××××@×××

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■
日々是雑感 『ある母親の相談から見えること』
■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■
私がいつも言っている“気づき”に関することをお話しします。

私が言う“気づき”というのは、自分の落ち度、欠点に気づいて直すことです。言葉にしてしまうとすごく簡単なように思えます。しかし、多くの方々がなかなか気づくことができないのが現状です。そして、それが苦しみの根源となっています。

そこで、今回は“気づく”ために欠かせない事柄についてお話いたします。

“知識”。

この言葉を聞いて、みなさんは何を思うでしょうか? 学校の勉強で得た知識。生きていく中で身につけた生きる知識。本やテレビなどで知った雑学。いろいろあります。そして、みなさんはどれだけ知識を身につけているでしょうか。また、身につける努力をしているでしょうか。

この“知識”というものが、気づくためには必要不可欠な要素となります。

********************
ある相談者の事例
********************

では、分かりやすく、ある相談者の方の事例をもとにお話をしていきたいと思います。

20代前半の娘さんといらっしゃった母親(60代)のお話です。この方は、「ある時から、突然、娘の元気が無くなった。霊障ではないのか」と相談にいらっしゃいました。しかし、私はこの娘さんを見た瞬間、すぐに彼女はウツ状態なのだと分かりました。背中を丸め、母親に背を向けてうなだれていました。顔からは生気が失われ、母親いわく、「死にたい…」とまで口にしていると言います。

そこで、透視をしました。すると、やはり娘さんは強度のウツでした。中学校の頃は元気な子だったのですが、よくも悪くもなんでも口にしてしまう子だったのです。そのことが原因で、周りの友人たちから嫌われ、仲間外れにされたのです。中学生というのは多感な時期ですので、それが原因で自分の殻に閉じこもるようになってしまったのです。

そして、この母親の性格も関係していました。この母親は大学を出ていて、夫も社会的地位のある方だったので、高いプライドがあったのでしょう。「自分の子育ては正しい!」と思い、自分の非は決して認めません。また、私と話しているときもそうだったのですが、まくしたてるように自分の話ばかりして、人の話を聞く耳を持とうとしないのです。

娘さんが中学生の頃もそうだったようで、「あーしなさい」「こーしなさい」と自分の考えばかりを押しつけ、娘さんはまるでロープに縛られているかのようでした。

その頃から、娘さんは母親に対して“信頼”を無くしていたのでしょう。私は母親に伝えました。

「娘さんは霊障ではなく、ウツです。中学の頃の彼女の何でも口にしてしまう性格に原因があったようです。また、あなたの高いプライド、自分の価値観の押しつけ、そういった子育ての仕方も関係しています。霊障ではないですから、すぐに精神科に連れて行ってください」

すると、その母親はわが子のことをジロジロと見て、

「えー、ウツ?? アハハハ!」

と高笑いをするのです。これにはゾッとしました。わが子が生きるか死ぬかのときに、笑う親がどこにいますか。私は娘さんのいないところで母親に伝えました。

「あなた、娘さんから目を離したらダメですよ。今の状態は、とてもじゃないけれどここに出てこれるような状態じゃないです。本当に危険だから、帰ったらすぐに精神科に連れて行ってあげてください。娘さんは今、いつ自殺してもおかしくないくらい心が衰弱していますから」

しかし、それでも母親は実感がないようで、

「ウツってそんなに危ないんですか?」

と言います。結局、この親子は心に何も得ることもなく、また得ようともせず、ここ拝殿を後にしていきました。

娘さんが強度のウツで、ただうなだれるばかりの姿を見ていると、どうにかして助けてあげたい気持ちでいっぱいでしたが、どうすることもできませんでした……。いくら解決の道を伝えても、結局は本人たちが気づくことができなければどううすることもできないのです……。

********************
本当の知識って何?
********************

知識の話に戻ります。前述の母親は、自分も高学歴で、夫も社会的地位のある方でした。金銭的にも余裕があり、生活も裕福な暮らしをしていたようです。しかし、子どもの心を考えることができませんでした。人様よりいい生活をしていたために、いつの間にか「これでいんだ」「間違っていない」という感覚になってしまっていたのです。そして、その間違いに気づくことができなくなっていました。

でも、それとこれとはまったく別ですね。娘さんの状態を見て「危険だ」と思わないのは、うつ病に対する知識、子育てに対する知識がなかったからです。だから、「霊障なのではないか」と思ってしまったり、わが子が危険なときでも「アハハハ!」と高笑いしてしまうのです。母親は自分が知っている狭い世界だけの知識にとどまって生きてきてしまったために、娘の本当の苦しみを理解してあげることができなかったのです。

自分が持っている知識というのは、どれだけ高学歴でも、すべての知識と比べればほんの些細な、0.001%ほどのものでしかないのです。ですから人間は、常に知識を求め、それを体現していかなければいけません。本を読んでも、テレビを見ても、旅行に行っても、ただ「楽しかった」「おもしろかった」で終わらずに、「なぜこうなったのだろう?」「なぜこうじゃないのだろう?」と、なぜ、なぜ、なぜ、と頭を使って考えていかなければ、本当の知識は手にできません。

そして、知識を蓄えていくことで、自分の愚かさに気づくことができます。知識を得ていく道のりは、自分の物の知らなさを知っていく作業でもあります。新しい知識をどんどん吸収していき、あとになって過去の自分を振り返ってみてください。「あー、私って無知だったんだなー」と、自己反省するはずです。そして、それが人間の成長につながるのです。

この母親は、学歴や現在の生活環境にあぐらをかき、自分は知識があると思い込んでいたために、知識を得て成長していくことを怠っていました。だから、自分の性格の欠点に気づけず、娘さんの変化にも気づけなかった。親としての愛情はあるのに、知識がないために娘さんの問題に対する対処の仕方も分からず、私のアドバイスや周りの人たちからの助言なども聞こうとしませんでした。それは、自分の頭の中で考えていることと、周りから言われることの間にギャップがありすぎたからです。

しかし、自分の考え、思いにがんじがらめにならないで、もっと柔軟に人の話やアドバイスを聞くことができれば、ここまで状況が悪化することはなかったはずです。娘さんのことを考える中で、必ず「もしかして……」と思っていたことがあったはずです。でも、頑固なために、その思いを肯定することができなかった。

過去を振り返り、謙虚に自分のことをどこまで考えられるか。

また、娘さんの思いや心で感じていることをどこまで考えられるか。

そして、考えていく中で気づいた間違いを直していく。

それが、この親子を救う唯一の方法だったのですが、母親はこのことすら理解することができませんでした。私のところまでわざわざ足を運んで来るということは、「娘をどうにか助けてあげたい」という、親の愛情はあったはずなのに……。

ですから、1にも2にも知識を求めるのです。そして、知識を得たからといって高飛車にならないこと。いつまでも謙虚でいることが、あなたを素晴らしい人間へと成長させてくれます。

知識を得るというと、すごく些細なことと思うかもしれません。「そんなことで気づけるの?」と思うかもしれません。

でも、気づきというのは、仏教で言う“悟り”のような高度なものではなく、知識を得て、自分の間違いを認識することで得ることができるのです。でも、すごく些細なことだからこそ、なかなか気づけないんですね。

「そんなわけがない」「私たち普通の人間では辿りつけない境地だ」。

そう思うのも無理はありません。しかし、知識と素直な心があれば、なぜ知識が大事なのかが理解でき、自分の欠点を反省することもできるのです。

私は透視能力という神から授かったご利益を使って、人の悩みの根源を視ています。しかし、この能力が逆に多くの人にとってまやかしを与えると言いますか、「この世には私たちでは想像もできないような不幸の原因があって、それが視えるのだ」と周りの人は思ってしまうようです。

でも、考えてみてください。人の悩みというのは、多くの場合、人と人との間で生まれませんか? 親と子、夫婦、嫁姑、上司と部下、同僚、彼氏彼女……etc。

そして、なぜ、人と人との間で問題が起きると思いますか? それは、人それぞれ、十人十色だからです。

グチを言うのが好きな人と、グチを言うのが嫌いな人が一緒にいれば、片方は「この人はグチばかりいって嫌な人だなぁ」と思うでしょう。そんな些細なことが、不幸の種になったりします。

始まりは、自分の性格の欠点から出てくる些細な問題。それが、積もり積もって大きな不幸へと育っていきます。そうなると、容易に直せない。相手を許せない。分かっていても聞きたくない。分かっていても素直になれない。

これがカルマなのです。乗り越えるのがとても難しい。でも、人間はカルマを解消していかなければなりません。それが、神の意志なのです。だからこそ、神は修行の場であるこの世に人間を誕生させます。

世の中は人と人との繋がりで成り立っています。ですから、自分の欠点を直し、人と和合することが求められるのです。人としての“正しい道”というものがあります。それを求めるのが人生であって、一日一日、この一瞬一瞬、あなたの肉体が滅び、死ぬ瞬間までが修行なのです。

人生はつらいものです。なぜなら、乗り越えなければいけないカルマと共存していかなければいけないからです。私自身、過去に自殺を考えたこともありました。

でも、死ねなかった。

いや、厳密に言えば、神から死ぬことを許されませんでした。

それからは、人生は修行と心得、がむしゃらに生きてきました。

みなさんも、つらいこと、投げ出したいこともあると思いますが、乗り越えていってほしいと切に願っています。

そうした葛藤の中でこそ、人は成長しいくのですから。そして、それが幸せの道となるのです。


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■
質問コーナー
■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■
【質問】
ストレス社会。

10年前まで偏見で見られていた精神病も、今では人事で、なくなった。

皆さん多かれ少なかれ、心を病み荒廃して行ってる。

どうしたら癒して回復していけるのか。
(原文ママ)

【解答】
ご質問ありがとうございます。

今のストレス社会の原因は何かといいますと、多すぎる“情報”です。

頭では処理できないほどの洪水のような情報が、毎日毎日、意識していなくても目に入ってきます。

それらの情報は、正しいものから正しくないものまで、必要なものから不必要なものまでごちゃまぜになっていますから、自分の頭で考え、自分にとって有益な情報を選択しなければいけないのですが、これはとても労力がかかり、ストレスフルなものです。

ですから、多くの人は情報の波に飲み込まれてしまって、正しい情報も正しくない情報も、必要な情報も不必要な情報も受け取ってしまうため、脳がパンク状態になってしまって、いつの間にかストレスを感じるようになってしまうのです。

テレビを見れば至極個人的で公にする必要性のない芸能ネタや政局ネタばかり。ネットを見れば誹謗中傷の数々。

しかし気づかなければいけないことは、それは日本社会の総意、世界の総意では決してないばかりではなく、ニッチな世界のことでしかないということです。

テレビは「視聴率のため」といって番組を作りますが、視聴率は減る一方。多くの人は今の現状を望んでいません。

また、ネットの書き込みにしましても、あれはネットをやっている総数のたった数%の人たちが書き込んでいるにすぎない、至極ニッチな書き込み。あれを総意と捉えてはいけないのです。冷静な人というは、書き込みすらしないでしょう。

目の前に見えることと、その内実、本質、隠された真実を見誤ってはいけないのです。

世界の捉え方を間違ってしまうと、間違った判断をしてしまって、感じる必要のないストレスまで感じてしまうことにもなりかねません。ネットの書き込みや芸能ネタを見て、「社会はそう動いているんだ」と思ってしまうのも判断の誤りです。

健全な人はそこに関わらないように生きているのです。

人生を変えたいとき、手っ取り早い方法は“環境”を変えること。

人間は環境に強く影響される生き物ですから、環境を変えることで人の考え方も変わっていくのです。考え方が変われば生き方が変わるので人生が変わるのです。

現代のようなストレス社会にあっては、不必要な情報を遮断するというのもひつの有効な手となります。

テレビ、スマホ、パソコン等、否応なしに情報が入ってくるものを、一日のうち数時間手放すだけでも、心はだいぶ落ち着きます。

そもそも汚い情報は受け取らない!

そのような“意志”を持つことがストレス社会に対する防護壁になるのです。

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■
今回のメールマガジンはここまでです。最後までおつき合いいただきありがとうございました。

それでは、またお会いできるのを楽しみにしております。
ID: 0001681410

"青森の神様 木村藤子" あなたに幸福をもたらすメールマガジン

木村藤子
¥864(税込)/月 初月無料!
毎月 第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く) 今月2/4回(最終 2018/07/13)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
バックナンバーの購入はこちら
2018/06/22 『お金持ちは幸せなのか』
2018/06/15 『仕事が長続きしない原因』
2018/06/08 『運命は変えられないのか?』
2018/06/01 『なぜ生まれてるのか?』
2018/05/25 『人生は変えられる?』
バックナンバー購入ページはこちら
さらに以前のバックナンバー一覧