古谷経衡の斜会学通信

  • ¥0

    無料

文筆家、古谷経衡による無料メールマガジンです。世の中を斜めに見ることから「斜会学」と名付けています。発行は不定期、出来るだけ平日刊。いやもっと頑張る。ぜひ購読ください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
古谷経衡の斜会学通信
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2018年09月22日
 
発行部数
548部
メルマガID
0001681867
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆最新刊 長編小説『愛国奴』 https://www.amazon.co.jp/gp/product/4905447976/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4905447976&linkCode=as2&tag=aniotahosyu-22&linkId=5412e75948ee84c63011c442dcbea931
☆最新刊 『女性政治家の通信簿』https://www.amazon.co.jp/gp/product/4098253267/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4098253267&linkCode=as2&tag=aniotahosyu-22&linkId=6004e2a806280d598f3e5ec259469d42

【お知らせ1】さてイベントのお知らせである。きたる10月16日、私の所属する日本ペンクラブで、
『憲法と表現の自由』のイベントが開催され、登壇する。会場は文京シビックセンターで当日券でもOK。
のようである、以下にWEBちらしを載せるので、ご興味のある方は来場されたい。
http://furuyatsunehira.com/img/pen201809.pdf

【お知らせ2】また、日付変わって本日(9月22日・土曜日)であるが、
朝6時よりTBSラジオ『蓮見孝之まとめて!土曜日』、同17:00からは
テレビ・TOKYO MX『田村淳の訊きたい放題』に出演させて頂きます。
ぜひ拝聴・視聴の方お願い致したい。

さて本題。最近めっきり寒くなった。こういう時節には、東南アジアに行きたくなる。
私が東南アジアで未探訪なのは、ラオス・カンボジア・ビルマの三カ国。
このうち年内にはどれか一カ国に行きたいと思っている(たぶん、ラオスであろう)。
海外に行くお金があっていいなー、と思うかもしれないがそれは嘘だ。
日常生活の全てを全日空のクレジットカードで決済して、雀の涙のマイルを貯めに貯めた結果なのである。
決して富裕だから頻繁に海外に行っているわけでは無い。

私の旅先での過ごし方は徹頭徹尾次の通り。
初日から観光とかはしないで、ひたすら四つ星くらいのランクのホテルで寝る。
寝て寝て寝まくる。そしてもうこれ以上、寝る必要は無いとなったときに初めて外に出る。

また日本では多忙で観られなかった映画やドラマのDVDを携行して持って行き、
貪るように観る。これで大体2~3日終わる。
せっかく海外に行ったのにもったいないと思うかもしれないが、
地理の知らない土地で不用意に動くと疲弊する。だから私は、毎回こんな感じで
海外で休暇しつつ、結局本国(日本)とやり取りして原稿を書いているのである(行く意味ないじゃん!)


---------------------------------------------------------------------------
★古谷経衡の公式サイト http://furuyatsunehira.com/
★古谷経衡のツイッター https://twitter.com/aniotahosyu
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ