マーティンゆう

マーティンゆうが語る海外くろうバナシ

マーティンゆう

まぐまぐ大賞2021年受賞

殿堂入り

¥550/月(税込)  初月無料!

初月無料とは

※創刊前のメルマガに登録した場合は創刊前月と創刊当月が無料期間

不定期 発行予定
創刊日: 2019年1月9日

カナダとシンガポールを経由して、イギリス人と国際結婚したもののバツイチに。 羊の国はニュージーランドに落ち着いて、もう20年。2013年には夢だった小さなファーム、始めました。 もう日本よりも長くなった海外生活でしてきた苦労、そしてファーム生活の苦労や2021年に発覚した病気のことなど、全部漫画で綴ります!


著者プロフィール

1967年生まれの未(ひつじ)年。1989年卒業後4カ月間タイを放浪し帰国後に外資系銀行に就職。体育会系体質が気に入られ、FXディーラー見習いへ。その後、バブル崩壊とともに上司の多くがリストラされたため、未熟者なのにFXディーラーに自動繰り上げ。1992年、円高のあおりで東京支店縮小、ディーリングルームがシンガポールに移ったため海外生活がスタート。7年弱を過ごす。2000年に同業者のイギリス人と結婚し、2001年ニュージーランドへ移住。2012年に離婚したのち、自分の夢をかなえるべくニュージーランドの田舎へ引っ越すことを決意。そこで始めた小さなファームで、たくさんの動物たちの世話にあたふたしながらもニュージーランド人のパートナーと出会い、現在に至る。

山口県出身。物ごころついたときから「自分は将来、海外に出る」と言い続け、気が付いたらシンガポール、そして2001年に遂にニュージーランド移住。思えば遠くに来たもんだ。東京で3年、シンガポールで7年外資系銀行にて為替ディーラーを経験したのち、リストラされてニュージーランドへ移住。離婚後、日本へは帰らずにニュージーランドで女一人の小さなファームを始めました。現在はニュージーランド人のパートナーと一緒に、たくさんの動物たちのお世話に明け暮れてます。

今月の配信号

  • 今月はまだ配信がありません。