和田秀樹
ID: 0001686028

和田秀樹の「テレビでもラジオでも言えないわたしの本音」

和田秀樹
¥864(税込)/月 初月無料!
毎週 土曜日(年末年始を除く)予定
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001686028

和田秀樹の「テレビでもラジオでも言えないわたしの本音」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中のいろいろなことにたった一つしかないと考え、それを信じ込むことは、前頭葉の老化を進め、脳に悪い。
また、それが行き詰った時に鬱になるというメンタルヘルスにも問題を生じる。
ところが日本では、テレビでもラジオでも、○○はいい、××は悪いと正解を求め、一方向性のオンパレードである。
そこで、私は、世間の人の言わない、別の考え方を提示して、考えるヒントを少しでも増やし、脳の老化予防、メンタルヘルス、頭の柔軟性を少しでもましになるように、テレビやラジオで言えない暴論も含めて、私の考える正解、私の本音を提供し続けていきたいと思う。
質問、相談、書いてほしいテーマ等、随時受付。

著者プロフィール

和田秀樹

高齢者を専門とする精神科医、学派にとらわれない精神療法家、アンチエイジングド
クター、そして映画監督として、なるべく幅広い考えをもちたい、良い加減のいい加
減男。

サンプル号
創刊にあたって

受験勉強だけできて、まともな肩書も得ず、人気者にもなれなかった私にとって、
「頭のよさ」というのは、人生の大きなテーマだった。

何が頭がいいかのイメージは、まだ定義できていないが、
頭が悪いと思うのは、答えが一つと思っている人だ。

とくに、その答えがずっと正しいと思うのは本当にアホだと思う。

たとえば、医学常識一つとっても、血圧の基準値もころころ変わるし、
高齢者の血糖値の基準もようやく変えることになった。
これだって今後変えられるだろうが、血糖値や血圧一つとっても、
どこまで下げたらいいのかが、実のところよくわかっていない。

日本にほとんどまともな大規模調査がないのが、そもそもの原因だが、
たとえば、J-EDITという大規模調査で、従来、高血糖とされていた
Hba1c7~8.4の人がいちばん脳卒中になりにくいことがわかったとしても、
それは確率論で、個人差があるので、
たとえばゲノムの解析が進むと、血糖値を下げないほうがいい人と、
下げたほうがいい人がわかるようになるかもしれない。

一つの答えが時代に合わなくなったときに、別の答えを思いつくのはそう簡単なことでない。

でも、別の答えを準備することはできる。

実際、ネットを情報源にすることによって、
一つの事象について、いろいろな情報やいろいろな考え方を得ることが可能になったのに、
私の邪推かもしれないが、安倍政権になってから、
そうでなくてもひどかった、テレビやラジオの論調がより一方的なものになり、
意見の斉一化も強まっている。

世の中のニュースを心理学的に解説したり、悪者とされている人やものを弁護したり、
受験や介護について、人がなるべく言っていない情報を伝えるし、答えられる範囲で質問にも応えたい。

ID: 0001686028

和田秀樹の「テレビでもラジオでも言えないわたしの本音」

和田秀樹
¥864(税込)/月 初月無料!
毎週 土曜日(年末年始を除く)予定 今月1/3回(最終 2019/03/16)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式