このメルマガをまぐまぐ大賞2020推薦する

気象予報士 荒木真理子の『風の声を聴く』

まぐまぐ大賞2019年受賞

¥550/月(税込)  初月無料!

毎月 第1日曜日・第3日曜日 発行予定
登録が簡単になりました!
※月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます

◆気象予報士 気象キャスター 支援・育成講座◆ 西日本豪雨、異例の台風進路、災害級の暑さ、未曾有の豪雪… 今、日本列島が気象災害に泣いています。 大切な命を守るため、“気象の生きた知識”を身につけませんか。 気象資料の見方、解析の仕方、予想の組み立て方、専門用語の解説など、個別質問OK。 購読料は、自然災害に遭われた方々への義援金として、寄付されます。


著者プロフィール

日本テレビ系列宮城テレビアナウンサー在職中の2001年、気象予報士資格を取得。2005~2015年の長男出産直前まで、テレビ朝日報道局ウェザーセンターに勤務し、『ANNスーパーJチャンネル』の気象キャスターとしてレギュラー出演するほか、『報道ステーション』では気象解説委員として活躍。2017年からは、NHK報道局災害気象センターにて、気象解析担当としてNHK全局に毎日情報配信を行うほか、気象番組の演出、気象キャスターの指導・育成に励む。気象予報士のほか、社会保険労務士・健康気象アドバイザー・防災士資格を持ち、経済・生活の観点から、気象を多角的に捉えるのが特徴。

気象災害が当然のようになってきた昨今、大切な人々の命を守れるのは、気象の専門知識を携えた全国に散らばる1万人の気象予報士たち。資格を取得したものの生かしきれていない人、これから気象を本格的に学んでいきたいという志を持つ人に、“生きた気象の知識”を提供していきます。

今月の配信号

  • 今月はまだ配信がありません。