こうじ神父の説教

  • ¥0

    無料

こうじ神父が毎週日曜日の説教を2000字に縮小してお届けいたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
こうじ神父の説教
発行周期
不定期
最終発行日
2018年12月08日
 
発行部数
32部
メルマガID
M0012750
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

感謝を込めて☆彡
録音説教は以下のリンクから利用可能です
http://hanashi-no-mori.news-site.net/i/

同時配信「有料版」の読者様にも感謝申し上げます。
‥‥‥†‥‥‥‥
ID:M0012750
(2000字縮小版)
こうじ神父
「今週のお説教」
18/12/09(No.975)
‥‥‥†‥‥‥‥
待降節第2主日
(ルカ3:1-6)
すべてに始まりを与えてくださる神
‥‥‥†‥‥‥‥

●待降節第2主日は洗礼者ヨハネが活動を始める様子を描きます。田平教会でも
同じ始まり方で3回話しているので、そろそろ皆さんも覚えてくれていると思い
ます。ただ今年は、洗礼者ヨハネに焦点を当てるのではなく、洗礼者ヨハネを活
動へと駆り立てた「神の言葉」に注目したいと思います。
●洗礼者ヨハネのおかげで、イエスの宣教活動の地ならしができたことは確かで
す。ヨハネが授けていた悔い改めの洗礼は、一度だけ受ける儀式だったようです。
そういう意味で彼は先駆者です。
●ではヨハネは「先駆者になるぞ」と思って悔い改めの洗礼を宣べ伝えたのでし
ょうか。決してそうではなかったと思います。一度限りの、決定的な洗礼を授け
てくださるお方に、道を整える。そのことだけを考えていました。
●ヨハネは自ら意識して「私が始まりだ」とは思っていませんでした。彼に先駆
者の役割を与えた方がいるはずです。それは、父なる神でした。ですから今日の
場面は、神がヨハネに先駆者の役割を与えて活動させたという、新しい時代の始
まりに関する父なる神の物語なのです。
●今日の洗礼者ヨハネの活動のように、新しい形の始まり、新しい時代の始まり
を神様が与えてくださるさまを、私たちは捉えたことがあるでしょうか。ここに
おられる皆さんはたしかに経験済みです。私たちの教会の百年を祝うために、長
く一つの祈りを唱えてきました。「田平教会献堂百周年の祈り」です。祈りの第
一声は何だったでしょうか。「すべてに始まりを与えてくださる全能の神よ」で
した。
●この教会の建設に、中田藤吉神父様が先頭に立ってくださいました。中田神父
様の呼びかけに、田平の神の民はすべて惜しまずに協力しました。ただし始まり
を与えてくださったのは、父なる神、全能の神だったわけです。
●私たちはあの祈りを二百回、三百回と唱えて何を学んだのでしょうか。それは、
神様が私たちの教会の始まりを与えてくださったということです。始まりを与え
ていただいて、百年の歴史を紡いできました。この歴史の糸をさらに紡いでいく
ためには何が必要でしょうか。私は百周年の記念誌に、「縄をなう働き」をたと
えに話しました。縄を伸ばしていくためには、少しずつ藁を継ぎ足していく必要
があるのです。
●洗礼者ヨハネは、決定的な救い主、それはイエス・キリストですが、この方を
ふさわしく準備するように、人々を悔い改めへと導きました。彼は与えられた時
間で、イエス・キリストにつながる人を少し継ぎ足したのです。決して、全世界
に行ったのではありません。少し、藁を継ぎ足したのです。
●これが私たちの今週の学びだと思います。父なる神は、洗礼者ヨハネを通して、
当時新しい時代の始まりを与えてくださいました。父なる神の招きに答えて、ヨ
ハネは歴史の縄をなうのに必要な人々を継ぎ足してくれました。
●私たちの時代にも、歴史の縄をなう人々が必要です。一度に百人も二百人も必
要なのではありません。一人とか二人、田平教会の歴史の縄を伸ばしていく人が
必要なのです。そのためには働きかけが必要で、働きかけの始まりを与えてくだ
さるのは常に父なる神です。神が私たちに始まりを与えてくださるのですから、
私たちは自分のできることで、呼びかけにこたえる必要があります。
●洗礼者ヨハネは、「荒れ野で叫ぶ声」となって呼びかけに答えてくれました。
では私は、どのように答えたらよいでしょうか。私たち田平教会の歴史の縄を紡
いでいく藁は、どこから手に入れたらよいでしょうか。家族の信仰の歴史の縄を
紡いでいく藁を、どのように確保したらよいでしょうか。
●「主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ。」(3・4)私たちの教会に始ま
りを与えてくださる全能の神が、呼びかけの応答を待っておられます。

‥‥‥†‥‥‥‥
‥次の説教は‥‥
待降節第3主日
(ルカ3:10-18)
‥‥‥†‥‥‥‥

‥‥‥†‥‥‥
今週の1枚
‥‥‥†‥‥‥
第582回目。写真を撮影できれば良いが。教会の育成会で食事に出かけた。
‥‥‥†‥‥‥‥
ちょっとひとやすみ
‥‥‥†‥‥‥‥
http://hanashi-no-mori.news-site.net/i/itoyasumi.htm

ミニまぐ 登録・解除
http://mini.mag2.com/i/m/M0012750.html

【有料版まぐまぐ】(文字数は通常版まぐまぐと同じ)
http://www.mag2.com/m/0001627418.html


[発行・管理] 中田輝次
thomas.k.nakada@gmail.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ