このメルマガをまぐまぐ大賞2019推薦する
日本子宮内膜症協会(JEMA)代表いぬい益美

JEMAネット通信 “あなたを守る子宮内膜症のお話”

日本子宮内膜症協会(JEMA)代表いぬい益美
日本子宮内膜症協会(JEMA)代表いぬい益美

¥386/月(税込)   初月無料!

9/30までのご購読料には8%、10/1以降のご購読料には10%の消費税がかかります。
毎月 5日・20日 発行予定
登録が簡単になりました!
※月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!

患者数100万~200万人と言われる子宮内膜症は、思春期から更年期にわたる幅広い女性がかかる慢性疼痛疾患です。原因も治療法も確定していないため、いつ、だれの身に起こるかわからないうえ、日本では医療も混乱しています。そこで、10年間もNPO活動をしてきた日本子宮内膜症協会(JEMA)が、日本一詳しい、正しい、有用な情報を提供します。


著者プロフィール

日本子宮内膜症協会(JEMA)は、2003年9月の活動10年目をもって、会員制をやめ(患者の0.01%に過ぎなかった)、100万~200万人と言われるすべての内膜症の女性のための患者サポート団体として、公益活動に特化しています。代表いぬいは48歳となり、ますます元気です!

JEMAは、2000年前後から、内膜症関連の医学界や企業界、行政やメディア界などにも、大きな影響力を及ぼす存在です。1999年夏にアップしたHPは73万アクセス、2000年秋出版の『あなたを守る子宮内膜症の本』は1万部に迫っており、メールマガジンもそうなってほしいもの。どこにもない、貴重な内膜症情報メルマガをあなたの手に!

今月の配信号

  • 今月はまだ配信がありません。