齋藤 翔
ID: P0004075

楽しんでいるうちに人間関係がどんどん良くなる方法

齋藤 翔
¥3,240(税込)/月 初月無料!
毎月 第1水曜日・第3水曜日予定
PC・携帯向け/テキスト形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
→バックナンバーの購入はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: P0004075

楽しんでいるうちに人間関係がどんどん良くなる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日をもっと快適に過ごすには、気持ちいい人間関係が大事です。どうして身近な人とギクシャクするのか。どうして幸せな恋愛関係が長続きしないのか。コミュニケーション能力が高く人間関係に長けた人は、意識と身体操作が調和しています。言葉を手掛かりに意識にアプローチするという手法は、MKCカウンセリングならではの秘伝です。

著者プロフィール

齋藤 翔

言語心理学者。新潟大学人文学部卒業後、同大学院で言語学を専攻し、心と言葉の関係について研究を深める。1996年に心理カウンセラーとして都内で開業、人間関係や魅力に関する相談を広く扱う。また、都内を中心に潜在意識や魅力アップをテーマとするセミナーを開催するなど、精力的に活動を展開。これまでのセミナー参加者は6000人、クライアントは2600人にのぼり、オンラインセミナーには常時40000人以上が参加している。2003年から発行しているメールマガジンは、カウンセリング系メルマガとしては全国でもトップクラスの規模。潜在意識と男女関係の第一人者として活躍している。著書に『魅力革命』(コンシャスプレス)、『いい女の理由イヤな女の理由』(三笠書房)、『ワガママ上手で愛される!』(アスペクト)ほか。電子書籍による出版も多数。

このメールレッスンは、日々の生活に痛みや苦しみを抱えている方、毎日をもっと快適に過ごしたい方、もっと活躍したい方のための処方箋です。あなたはもっと楽になれます。もっと実力を発揮できます。意識と身体操作を最適化することによって、ブレーキを解放して、スッキリ気持ちよく動き、人と付き合っていきましょう。

サンプル号
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  楽しんでいるうちに人間関係がどんどん良くなる方法
                      第291回(18年4月4日)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


こんにちは。MKCの齋藤です。

http://hypnos.jp/


【どんどん良くなるコツその1……Giveを喜ぶ】




●『楽しんでいるうちに人間関係がどんどん良くなる方法』

先日のレッスンでタイトルに言及したところ、何通ものメールをいただきま
した。


> 「恋愛」にとどまらない内容を教えていただいているので、
> 私も賛成です。


> そういうところにこだわらないのが先生らしいですね。
> 先生に教わっていることは恋愛よりずっと深いから
> いいと思います。


> 人間塾とか人間関係塾とか、
> そんなタイトルのほうがレッスン内容に合いそう。


そうですね。

恋愛だけでなく、もっと広く人間関係全般に有効なレッスンをしているつもりなので、このタイミングで変更しましょう。

『楽しんでいるうちに人間関係がどんどん良くなる方法』に変更します。

ちょっと長い気もしますが、本のタイトルにはなりそうですね。実は受講者のみなさんからよく聞くレッスン効果が「楽しんでいるうちに」なんです。


・トレーニングを楽しんでいるうちに、気づいたら言葉に対する姿勢や、物事に対する考え方が変わっていたり、好きなことを仕事にしていた。

・生活のあらゆる瞬間をトレーニングとして楽しんでいるうちに、仕事がうまくいくようになっていた。

・ギクシャクしてストレスだった同僚との関係を、ちょうどいいトレーニングと思って毎日楽しみながら取り組んでいたら、気づいたらストレスに感じなくなっていた。

・距離感の取り方が近すぎてストレスになっていることに気づけたので、楽になれて良かった。


「楽しんでいるうちに」はレッスンの特徴を示す言葉だと気づきました。

MKCのレッスンは対症療法ではないので、たとえば言葉の使い方ひとつ取っても、「こう言われたら、こう返す」のような小手先のテクニックではありません。

もっと根本的な、ヒトが有する言語能力のレベルから取り扱い、行動という表面的な現象だけでなく、深層心理まで下りていく。

だから、悲壮感漂う顔で眉間にしわを寄せながら取り組むものではありません。それでは長続きしませんよね。

トレーニング自体を楽しむ余裕が必要です。

ざっくりわかりやすい言い方をするなら、「体力がなくて毎日つらかった人が、サッカーを楽しんでいるうちに体力がついて、気づいたら毎日が楽しくなっていた」ようなもの。

「体力、体力」とつぶやきながら腹筋運動やジョギングをしても、きっとすぐに挫折するでしょう。

「健康に生きるには体の柔軟性が、特に股関節の柔軟性が大事」だからといって、「股関節、股関節」と念仏のように唱えながら、涙目になりながらストイックに柔軟体操をしても、長続きしない。

でも、素敵なイメージとリンクしている四つんばいトレーニングだったら、毎日楽しんでいるうちに、気づいたらパックリ開くようになっている。

こんな気持ちいい「楽しんでいるうちに」は、イイでしょう?

せっかくタイトルを変更するのだから、これからは今まで以上に「楽しんでいるうちに」の要素を強めていきます。

楽しみながら、いきましょう。



●ベースになっているOSが大事

すべてがうまくいく3V法則として、

・Visual
・Vocal
・Verbal

この「3つのV」を取り上げてきました。

つまりは、「見た目」「声」「言葉」を最適化すれば、無理してがんばらなくてもすべてがうまくいく、ということです。

逆にいうと、この3要素が整わないと、なかなか難しい。

ニコニコ笑顔でも声に険があったら恋に縁遠くなるし、素敵な言葉を口にしていても無表情の仏頂面だったら付き合いづらい。

だから丁寧に、楽しみながらこの3要素を整えていくと、うまくいくようになります。

今日はレッスン名を変更した記念すべき(?)初回なので、この3条件が自然に整っていくための、大事な基本スタイルをあらためて取り上げます。

基本スタイルとは、「ベースとなる考え方」「思考パターン」「姿勢」のようなものです。コンピューターでいえばOSですね。

3要素が効力を発揮するのは、OS次第。基本スタイル次第です。

OSがイマイチでは、形だけ整えようとしても、うまくいきません。例えば「笑顔」はVisual要素の中でも重要ですが、笑顔なら何でも良いわけではありません。

素敵な笑顔もあれば、なんとなく嫌な感じの笑顔もありますね。

なぜなのか。

OSが、ベースが違うからです。

「笑顔を作れば、うまくいくらしい。よし、売上アップのために、満面の笑顔だ!」と作るのは、自分が得をしたいがゆえの戦術的な笑顔。

職場の中がなんとなくギクシャクしているように感じて、「笑顔ならうまくいくらしい。みんなが気持ちよく過ごせるように、私はいつも笑顔でいよう」と作るのは、相手を幸せにしたい、相手に得をさせたいがゆえの笑顔。

どちらの笑顔が素敵か、という話ではありません。そんなのは言うまでもありませんから。

大事なのは、この2つの笑顔は、そもそも違うベースから生まれている、というところです。

「笑顔がいい」のは、当たり前。

しかし、どんなベースから生まれる笑顔をその顔にまとうか、というレベルでこのレッスンの受講者には考えていってほしい。

「笑っていれば、それでいいんだろ」「笑ってるじゃん。文句ある?」ではない、ということです。

では、本当に効力のある笑顔を自分のものにするには、どうしたらいいのか。

おなじみ、「相手本位」です。



●「Give & Take」ではない

「Give & Take」で言えば「Give」をベースにすると、相手本位になります。

「お互いさま」という感覚の「Give & Take」は、日本人にはわかりやすいのですが、「お互い」ではまだ弱い。

「効力を発揮」するほどの力はありません。

むしろ「お互い」で効力を相殺してしまい、完了していると思ったほうがいい。

自分で新しく事業を始めた方が、思うようにお客さんに支持されず、商売が回らなくて困っていました。

「どうしたら売れるか」と日々考えていたのですが、これはつまり、「どうしたらTakeが増えるか」という姿勢です。

自分がTakeすることではなく、「どうしたらもっとGiveできるか」と考えると、うまくいきます。

つまり、「相手にもっとTakeしてもらうには」ですね。

どうしたらお客さんが喜んでくれるか、何を欲しがっているか、どんなふうにお役に立てるか、とGiveしか考えないほうが、うまくいく。

結果的に「お客さんが買ってくれる」のだから、売上アップになります。

だから、「Give & Take」ではなく、「Give & Give & Give...」と続いていけば、後からTakeが自然に生じる。

だから、「後から生じるTake」のことなんか、考える必要はない。

ひたすらGiveばかり考えていたらいいのだから。

なのに、どこかで「後から生じるTake」を意識しているから、良質な取り組みが続かない。

「ちっともTakeが生じないじゃないですか~」という気持ちが邪魔をして、Giveに濁りが出るからです。

この根本的な原理原則は、大昔から多くの思想家や成功者たちがさまざまに言葉にしてきたのに、なかなか広まったり浸透したりしないものですね。

なにしろ、この話を十分に理解し、重要性を体感している人ほど、何回聞いても「おっと、わずかでも揺らいでいたら改善して、徹底してGiveを考えよう」と気を引き締めるし、わかっていない人ほど「そんな精神論は何度も聞いた」と耳を貸さない。

「私は、私は」が強いうちは、何をやってもうまくいきません。「私は、私は」は不満体質になるから、仮にうまくいきかけても、「まだ足りない」「あの人のほうがうまくいっている」という具合に、不満につなげてしまいます。

だから、「自分を犠牲にする」「我慢する」ではなく、自分の満足など考えている暇もないくらい、徹底的にお客さんが欲しがっているもの、求めているものを与える方法を考え抜きましょう。

「自分を犠牲にする」「我慢する」という気持ちがあるうちは、まだ余裕がありすぎて、徹底が足りません。

「どうしたら生徒が増えるか」ではなく、「生徒は何を欲しがっているか」ですよ。

それが今日のレッスンです。

今日の授業はここまで。また次回(4/18)にお会いしましょう。




●バックナンバーの取り寄せ方

「オンラインセミナーのバックナンバーを取り寄せる方法がわからない」とのお問合せがあり、調べてみたらサイトの表示が変わっていました。

http://www.mag2.com/m/P0004075.html

このページの一番下のあたりに「さらに以前のバックナンバー一覧」というリンクがありますから、ここをクリックしてください。

次に表示されるページの一番下までスクロールすると、右隅に年度を選択するところがあります。

ここでまだ入手していない年度を選択してから、ページ下部で期間を指定すれば入手できます。



 ※新規にご参加の方へ

  このメールレッスンの受講手順を以下のページにまとめました。
  せっかく受けるなら、確実に成果を上げてほしいからです。
  必ずはじめにご覧くださいね。
      ↓
  http://maliarda.com/1st_juku.html


『楽しんでいるうちに人間関係がどんどん良くなる方法』の
バックナンバーはこちらから
    ↓
http://www.mag2.com/m/P0004075.html

一年以上前のバックナンバーについては、ページ下部の「さらに以前のバッ
クナンバー一覧」をクリックして、画面右下で年度を選択してください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
このメールレッスンは、課題をこなしながら魅力的な女性になり、真の価
値を高め、最高の人間関係を育むための文章です。
読むことにより、潜在意識プログラムを最適化し、女性としての能力を最
大限に発揮できるようにする目的もあります。繰り返し読んで、課題は必
ず実行してください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

登録変更は http://www.mag2.com/m/P0004075.html
メールはmkc@hypnos.jp(半角)へどうぞ



ID: P0004075

楽しんでいるうちに人間関係がどんどん良くなる方法

齋藤 翔
¥3,240(税込)/月 初月無料!
毎月 第1水曜日・第3水曜日予定 今月1/2回(最終 2018/10/03)
PC・携帯向け/テキスト形式
バックナンバーの購入はこちら
2018/09/19 どんどん良くなる方法 第302回
2018/09/05 どんどん良くなる方法 第301回
2018/08/15 どんどん良くなる方法 第300回
2018/08/01 どんどん良くなる方法 第299回
2018/07/18 どんどん良くなる方法 第298回
バックナンバー購入ページはこちら
さらに以前のバックナンバー一覧