F1ハイパーニュース

  • ¥0

    無料

F1の最新情報・コラム・観戦記や、F1GPの各セッションの速報を2時間以内、WRC速報。満足させます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
F1ハイパーニュース
発行周期
日刊
最終発行日
2018年06月05日
 
発行部数
12,286部
メルマガID
0000000003
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
クルマ・バイク > モータースポーツ > 4輪・フォーミュラカー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

F1ハイパーニュース [第6戦 モナコGP観戦記]

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■■■■ ■■ F1ファンのネットサーファーに贈るハイパーニュース
■ ■ ■ ○○○ 第6戦 モナコGP観戦記 ○○○
■ ■ 
■■■ ■■ ■ このメールマガジンは、F1ファンのページ発行です。
■ ■       
■ ■
■ ■■■■     発行者:田原 俊哉 nrf52035@nifty.com
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼△ トピックス △▼
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★☆ 宜しかったらアンケートに回答お願いします ☆★

■ 第6戦 モナコGP観戦記
  ・・・・・・・・・・・・・・・・ 仙太郎 : sentaroh@passion55.com

■ アンケート結果

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆ 宜しかったらアンケートに回答お願いします ☆★
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ■ 宜しかったらアンケートに回答お願いします ■


 頂いた内容は次号に掲載させて頂く事があります。
この時メールアドレスやお名前(HN含む)は掲載されませんのでご心配なく。

 また、気に入った記事がありましたら、ライターへ直接激励のメッセージでも
送りませんか。やはり反応があると嬉しいものですよね。

 アンケート回答は、以下をメールソフトにコピーして、nrf52035@nifty.com
までメール下さい。このメールニュースへの返信でも結構です。

 ●今週号は面白かったですか?

  ○はい
  ○いいえ
  ○どちらともいえない

 ●今週号の感想をお聞かせ下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 第6戦 モナコGP観戦記
                   仙太郎 : sentaroh@passion55.com

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


▽失った勝利を取り戻したリカルド
2年前にモナコに置き忘れた勝ち星をリカル
ドが取り戻した。だがこの勝利は決して楽勝
と呼べるものではなかった。

この週末常にトップにいたレッドブル。ポー
ルポジションからスタートを決めたリカルド
の勝利は動かないと思われた。だが上位陣の
順位こそ動かなかったが、この日も多くのド
ラマが見られた。

通常、モナコではワンストップレースになる
ことが多い。理由はモナコではコース上のポ
ジションが最も重要だからである。モナコは
実質的に追い抜きができないので、フレッシ
ュなタイヤに履き替えてタイムが良くても前
のマシンを抜くことができない。だからタイ
ヤ交換を複数回するメリットがない。

そしてもう一つの理由は、公道サーキットで
あるモナコは路面がスムースなので、タイヤ
への攻撃性が少なくタイヤの持ちが極めて良
くタイムの落ちもほとんどない事が多いの
で、複数回タイヤ交換しても意味がない。

ところが今年のモナコは少し状況が変わっ
た。理由はピレリが最も柔らかいハイパーソ
フトを投入したからである。これによりタイ
ムは大きく向上したが、タイヤの持ちはもち
ろん短い。

上位陣は全員がハイパーソフトでスタート。
このハイパーソフトはレースで20周前後し
か持たないと考えられていた。だがモナコは
78周レースなので残り50周以上をウルトラ
ソフトで走るのもかなり無理があった。スー
パーソフトならば最後まで走りきれると思わ
れたが、速さという面でできればウルトラソ
フトで走りたいと考えていた。

特にメルセデスはフリー走行からハイパーソ
フトのフロントタイヤのグレイニングに苦し
んでおり20周すら走れないと考えられてい
た。そうなると必然的にツーストップになら
ざるを得ない。だがモナコでツーストップは
敗北を意味する。そこで彼らはQ2をウルト
ラソフトで切り抜けようとしたが、目標タイ
ムが出ずに結局ハイパーソフトに履き替えて
Q2を突破した。

スタートでは上位陣はほとんどポジションチ
ェンジがなかった。追い抜きができないモナ
コではこの後タイヤ交換まで何事もなかっ
た。

予想された通り最初に動いたのはメルセデ
ス。ハミルトンがわずか12周目にウルトラ
ソフトに履き替える。これは早すぎるのでツ
ーストップだと思われた。その後17周前後
に上位陣が続々とタイヤ交換をする。全員が
ウルトラソフトに履き替えたがボッタスだけ
スーパーソフトに履き替え、これがこの後、
他のドライバーの作戦に大きな影響を与える
ことになった。この時点でスーパーソフトを
履いたボッタスは最後まで走りきれる見込み
だった。

タイヤ交換でも順位の変わらなかった上位陣
だが、30周前に状況が変わってきた。トッ
プを走るリカルドがパワーを失っていると報
告してきた。リカルドはMGU-Kを失ってお
りモーターからのパワーアシストが全くない
状況だった。これでリカルドはパワーの
25%と2秒以上のタイムを失った。だがリカ
ルドにとって幸運だったのはこれがタイヤ交
換後に起こったことである。もしこれがタイ
ヤ交換前だったらタイヤ交換のタイミングで
ベッテルにアンダーカットされて順位は逆転
していた。だが少なくとも義務となる一回の
タイヤ交換は終わっていた。これはリカルド
の勝利のキーポイントになった。

とにかく2秒遅くても抜けないモナコ。リカ
ルドが走り続ける限り順位を失うことはな
い。だがリカルドには別の問題もあった。そ
れはMGU-Kを失ったので、リアの回生がで
きなくなり、それに伴いその分のモーターの
抵抗がなくなった。つまり通常はMGU-Kで
モーターから発電する際の抵抗でブレーキを
アシストしているからF1のリアブレーキは
かなり小さい。だからリアからの回生抵抗が
なくなれば、その小さなブレーキでマシンを
止めなければならない。だから当然リアブレ
ーキは厳しくなる。モナコは低速コースなの
でそれほどビッグブレーキが必要ないことも
リカルドを助けた。それでもリカルドはブレ
ーキバランスを通常あり得ないほど前よりに
して走らざるを得なかった。実際レース終了
時にリカルドのリアブレーキはほぼ終わって
いた。

そんな四面楚歌のリカルドだったが、唯一タ
イヤに関しては有利な状況だった。先程述べ
たように今年のモナコはタイヤが厳しかっ
た。だがレッドブルはトップ3の中でタイヤ
の持ちが一番良かった。その証拠にレース終
盤、VSCあけに速いタイムを連発。ベッテル
をあっという間に7秒も引き離してしまっ
た。MGU-Kが効かないのにである。

そしてレース終盤にVSCがが登場し、誰がタ
イヤ交換というギャンブルを仕掛けるかと思
われたが、誰も動かなかった。これは上位陣
の中で一番後ろを走っていたボッタスがスー
パーソフトを履いて最後まで走れると予想さ
れたからである。もしこの時ボッタスもウル
トラソフトを履いており、このタイミングで
タイヤ交換していれば、その前のドライバー
も順位を失うことなく、タイヤ交換できたが
後ろのボッタスがタイヤ交換しないから動け
ない。これはリカルドには幸運だった。もち
ろん後ろのドライバーがフレッシュなタイヤ
を履いたからといって抜くのは難しかったと
は思うが、それでもVSCあけにアタックされ
ることを避けられたのだから。

レッドブルとしてはMGU-Kが故障した時点
でリタイアも検討した。エンジンが壊れる可
能性もあったからだ。だがチームの判断はレ
ース続行だった。勝てる可能性があるのな
ら、例えエンジンを壊すリスクがあったとし
てもレースを続けさせた。

こうしてリカルドとレッドブルは困難なレー
スをものにして2年越しのモナコ優勝を成し
遂げた。

そして最後にフェルスタッペンにも触れなけ
ればならない。彼は少なくとも優勝争いはで
きた。少なくとも表彰台はほぼ確実で優勝で
きなくても普通に走れば二位は間違いなかっ
た。それにも関わらず9位にしかなれなかっ
た。理由は当然FP3のクラッシュである。
これまでの接触はレース中であり、他のドラ
イバーの絡みもあったので一方的にフェルス
タッペンが悪いとは言えなかったが、今回は
単独の事故であり言い訳はできない。これま
では彼はまだ経験不足で若いと思っていた
が、今回のクラッシュは彼のミスであり言い
訳はできない。これまでの彼は能力的にはチ
ャンピオンクラスかと思っていたのだが、こ
の事故で少し疑問符がついた。マシンを完全
にコントロールしているベッテルやハミルト
ン、リカルドに比べると正確性の面では少し
落ちるようである。


▽7位入賞ももっといけたトロロッソ
今回、フリー走行まではハートレーの方が調
子が良かった。でも予選のQ1でトラフィッ
クに引っかかったり、最後のアタックでミス
をして壁を擦ったりして16位でQ1で脱落。
一方のガスリーは12位でQ2へ進出。今回の
ハートレーはガスリーより乗れていたので普
通に走れればQ2進出はかたかっただけに残
念な結果ではあるが、不運が重なるときはこ
んなものなのだろう。

ガスリーはQ2でヒュルケンベルグを0.098秒
という僅差で下し10位でQ3進出。モナコで
はポジションが重要なので、このQ3進出は
大きかった。レースでもトロロッソとガスリ
ーはいい仕事を見せた。ハイパーソフトでス
タートしたガスリーはなんと続々とタイヤ交
換に入るライバル達とは違い距離を延ばして
いく。本来はもっと早くタイヤ交換する予定
だったのだが、ガスリーがまだ行けるとのこ
とだったので、そのまま走らせ、タイヤ交換
はなんと37周目だった。

本当ならその間にライバル達は新しいタイヤ
でタイムを稼いでガスリーは抜かれるはずだ
ったのだが、先にタイヤ交換したライバル達
のタイムが伸びない。そのため前が空いたガ
スリーは順調に順位を上げていく。その後は
アロンソのリタイヤなどもあり7位でフィニ
ッシュ。

ただ予選では10位よりもっと上に行けるパ
フォーマンスもあったし、ハートレーももっ
といい順位でスタートできていた可能性もあ
ったので、決して満足のいく結果ではなかっ
た。

次戦のカナダGPでは車体側のアップデート
とPU側も改良版の投入があるとのことなの
で、苦手なレイアウトではあるが期待してみ
たい。

【編集後記】
今回の観戦記はレッドブル中心になってしまい
ましたね。今回リカルドがPUのトラブルでリタ
イヤしていれば来年はホンダで確定だったのです
がねww

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【著者紹介】
仙太郎
70年代からF1を見続け、F1の面白さを一人でも
多くの人に理解して欲しいと観戦記とコラムを書
いています。

twitterのアカウントはこちらです
サッカー関係:@FB_sentaroh
F1関係:@sentaroh55

バックナンバーはこちらのブログへ。
http://blog.passion55.com/

皆さんの感想を聞かせてください。
このメールアドレス宛にお願いします。
sentaroh@passion55.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃●F1ハイパーニュースは、F1ファンのページより発行されています。 ┃
┃ 編集長 田原俊哉: nrf52035@nifty.com ┃
┃                                  ┃
┃●Copyright(c),1997 F1ファンのページ ┃
┃ 当メールマガジンに掲載されたすべての記事を許可なく転載することを ┃
┃ 禁じます。 ┃
┃●NPW(ネットワーク・パブリッシング・ライター)に励ましのメール ┃
┃ を送りましょう。楽しいコラムを書く励みとなるはずです。     ┃
┃●NPWを募集しています。興味がある方は、nrf52035@nifty.com まで ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ