幸福ニュース

  • ¥0

    無料

著者サイト

人生を明るく楽しく、健康で幸福に過ごすための、いろいろなヒントや方法を満載しています。成功法則や内観、坂村真民先生の詩、小林正観さんや、有益な本の紹介もあります。悩みを解決し、幸せになりたい人のためのメルマガです。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

*****************************
幸福ニュース(しあわせニュース)第711号2017年5月13日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*日本野球代表監督小久保氏も3回体験!
3つの質問で未来が変わる、心理療法「内観」!
悩み解決、心スッキリ、楽しい人生!
6月24日15時~30日15時
蓮華院誕生寺内観研修所(熊本県玉名市)
自宅で行うEメール内観や、一日内観や特別内観も選べます。
http://www.rengein.jp/naikan/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「母との関係、トランスジェンダー?」

主に母との関係を改善したいと思い、内観に来た。
母をかわいそうだと思い、母を尊敬しつつ、自分に価値観を押し
付けた存在として憎んでいたことが分かった。

母は、既成概念や特に男らしく、女らしくあることから自由であ
るように教えてくれていた。しかし、私はそれを本当の意味では
理解できず、自分の中に既成概念である「女性らしさ」を見つけ
ることに、猛烈な拒否感を抱いていた。

今となってはどうでもいいが、私は私が女であることそのものを
受け容れることが怖く、トランスジェンダーなのかもしれない。

男性とつきあうことを無視してきたのも、男性に女性として扱わ
れることに、生理的な嫌悪感を持っていたからだ。

だが、これらのことは私の中で起こっていたことで、母とは関係
なく、無意識にひどい八つ当たりをしていたものだと思う。

内観が進むうち、人や物が母や父といった、ある立場に立った時
に、ただその理由だけで無意識的に行う行為が全く当たり前のこ
となどではないことに気付き、それが愛なのだと理解した。

無意識的に「自ずから」という誰にとっても大切なものを横に置
いて行われるあたりまえでない行為は愛であり、私を含めた全て
への赦しだと感じた。

私はこの時すでに母への恨みもなく、気持ちも穏やかになってい
たが、日常にかえった時に、この気付きを実際の行動に変える、
変え続ける確信が欲しくて内観を続けた。

朝のお参りで、朝日を受けた楠を見た時、気持ちいと感じ、何故
無心の楠が私にこういう気持ちを起こさせるのか、楠が人の煩悩
を知り、それを癒そうとしてくれているのではないかと感じた。

それを感じる事が出来た時、私は自分の中に木である記憶がある
のではないかと思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*TEDx動画『3つの質問で幸せになる」(日本語字幕版あり)  
https://www.youtube.com/watch?v=4PN9A5daBM0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内観をしていると、答えが自分の中から見つかってくる。自らの
内に全てがあると気付き、では、外にある全ては何だと聞いた時、
自分の中と外が無限に反響し、つながっている感覚がした。

全ては私であり、私は全てである。風は風という立場に立った私
であり、虫は虫の立場に立った私である。私の代わりに、私の果
たすべき事をしてくれていると分かった時、全てに感謝した。

これで帰れる、大丈夫だと思った時、人生設計の話があった。自
分のやりたいことを考えた時、出来るのだろうかという不安がわ
いた。

自分がやりたいと思っている小説を書くことが、果たして時間的
に経済的にと考えているうちに、体がふるえ、呼吸がうまくでき
ず、手足がしびれ、これはいけないと思い、助けを求めた。

看護師さんに背中をさすってもらいながら、頑張りすぎちゃいけ
ないと諭してもらった。

あまりにも世界が好きで、世界が美しすぎて、この世界に何か返
したいという気持ちが強すぎて、世界は私が居るだけで、許して
愛してくれていることを忘れ、世界が愛してくれている自分を苦
しめ、迷惑をかけてしまっていることに気が付いた。

自然であればいい。世界の愛や恵を享受して、感謝すればいい。
そう思いながら、最終日、既に仏になっている父に対する自分に
内観しようとした。

涙が出た。随分泣いたのに、まだ涙が出ることが不思議だと思っ
た。何故、自分はまだ内観しているのだろうと思った。

悩みが晴れ、確信を持ち、どうすればよいかも解った。その時に、
まだ何かあるのではと手を伸ばしている事。そこに何もないと分
かるまで、手を伸ばそうとしている自分に気付いた。

そして、そこには何もないと分かることで、人はやっと渇望から
逃れ安堵することが出来た。最終的に死は無だと気づき、だから、
生きることが大切だと解った。本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*パリ大学の心理学部長も推薦する『内観セラピー』!
内観研修で人生をリフレッシュ、悩み解消!

1週間の泊まり込み集中内観、1ヶ月間自宅で行うEメール内観、
一日内観体験を選べます。

短期内観+Eメール内観20日間、あるいは、一日内観+Eメール
内観1ヶ月という組み合わせも可能です。

(メリット)
悩みや問題を解決でき、楽に生きられる
自己啓発とリフレッシュ
会社の業績アップ(経営者、幹部、社員研修)
家庭問題(夫婦、嫁姑、浮気不倫等)解決
子供の問題(不登校、非行、引きこもり等)解決
心理的病気が良くなる(うつ病、摂食障害、心身症、
ノイローゼ、ギャンブル・アルコール依存症、等)
スポーツ選手や芸術家の精神力と実力向上
人間関係改善
http://www.rengein.jp/naikan/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【坂村真民詩集】

「生と死」
生を
美しく
念ずる人は
死もまた
美しい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【名 言 集】
「すべては迷いのままにさとりであり、闇のままに光である。す
べての煩悩がそのままさとりであるところまで、さとりきらなけ
ればならない。」(楞伽経)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*日本内観研修所協会ホームページ
内観テープを一部聞くことが出来ます。
http://naikanken.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*答は自分の内にあり、人に相談したり、内観すると発見できる。
(にこにこ和尚)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*皆様のご意見、ご感想、ご投稿を
   蓮華院誕生寺Eメールアドレス:info@rengein.jp
   内観研修所Eメールアドレス :naikan@rengein.jp
 へどうぞお寄せください。お待ちしております。

*「投稿大歓迎!」 皆様の投稿は、できるだけ「幸福ニュース」
に掲載しようと思っております。読者と共にこのEメールマガジ
ンを作り上げていきたいと願っておりますので、何卒御協力をよ
ろしくお願い申し上げます。
----------------------------------------------------------
コンサルティング・テンプル  蓮華院誕生寺
http://www.rengein.jp/
info@rengein.jp    naikan@rengein.jp
*****************************
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
幸福ニュース
発行周期
旬刊
最終発行日
2017年05月13日
 
発行部数
1,269部
メルマガID
0000000382
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ