電脳市場本舗~Marketing Surfin'

  • ¥0

    無料

1995年創刊メルマガの老舗。マーケティング、経営、人生全般にわたり、阪本啓一が最新の自説を語ります。アップデートな話題から世界の見方まで、練達の文章芸をお楽しみください。本とは違うLIVE感が魅力。JOYWOWセミナー案内もいち早く入手できます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
電脳市場本舗~Marketing Surfin'
発行周期
不定期
最終発行日
2018年02月14日
 
発行部数
2,544部
メルマガID
0000000813
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > マーケティング理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

Welcome

   to

 電脳市場本舗
~Marketing Surfin’18~

wave#783:人生積み減らし

ぼくはこの世を借り物だと考えている。
そして時間は瞬間のつながり。

過去はないし未来もない。

あるのは現在だけ。

だから「年寄り」とか「若い」という概念も、ただの言葉であり、

実体はない幻想だと考えている。

「もうこの年ですから」

というのは何の意味もないことになる。

キャリアを積む

という表現がある。

背景にあるのは「人生は積み重ね」

という考え方だ。

でもぼくは、

人生積み減らし

だと考えている。

積めばつむほど、きゅうくつになる。

動きが鈍くなる。

思えば、いつも何か新しいことを始めるにあたって、

捨ててきた。

会社辞めたとき、営業を19年やってきた名刺の積み重ね、

全部捨てた。

この「捨てる」姿勢はいまも続いている。

本、捨てる(自分の著作でさえ)。

引っ越し時にCD、若い人にあげて、まったくない。

音楽はネットストリーミング。

なるべく

「もたない」

ようにしている。

チンパンジーの興味深い実験がある(*)。

おいしそうな果実のにおいが漂ってきた。

仲間の一匹が殻を器用にこじ開けた。

あ、あの中に果実があるんだな。

見ていた別のチンパンジーが殻を開けようとした。

うまくいかない。

さて、あなたがそのチンパンジーだったらどうするだろう?

(A) 仲間のチンパンジーがやったのと同じ方法で、割れるまで試し続ける

(B) その方法はあきらめて、別の方法を探す

ここで人間とチンパンジーが分かれる。

人間は、Aを選ぶ。

チンパンジーはBを選ぶ。

なぜか。

人間は社会的学習をする生きものだから。

社会的学習とは、言い換えれば、「人と同じことをする」

ということだ。

判断を自分の脳ではなく

置かれた立場

そこにいる環境

つまり実体のない共同幻想

がしている。

創造的、クリエイティブになろうと思うなら、

積み減らし

の姿勢がオススメです。

では、古いものは意味がないのか?

というと、そういうことではない。

たとえば堺筋倶楽部の建築は歴史的建造物、

http://osakarchit.exblog.jp/11331832/
昭和の始めの竣工で古い。

しかし、古い、新しいは、建築物を見る僕たち側の中に生まれる

ものであり、

ぼくにとっては新しい。

人によると古いと思うかもしれない。

そう、新しい、古いというのは対象物にあるのではなく、

見る側にあるのだ。

*参考『#HOOKED 「つい買ってしまった。」の裏にあるマーケティングの技術』TAC出版刊

http://amzn.to/2Ck6Ash

Gene bless you!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●阪本公式ブログ
http://www.kei-sakamoto.jp/


●転送OKです

●登録解除
まぐまぐ
http://www.kaijo.com/

Copyright (c)1995-2018 Keiichi Sakamoto
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ