電脳市場本舗~Marketing Surfin'

  • ¥0

    無料

1995年創刊メルマガの老舗。マーケティング、経営、人生全般にわたり、阪本啓一が最新の自説を語ります。アップデートな話題から世界の見方まで、練達の文章芸をお楽しみください。本とは違うLIVE感が魅力。JOYWOWセミナー案内もいち早く入手できます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
電脳市場本舗~Marketing Surfin'
発行周期
不定期
最終発行日
2017年10月09日
 
発行部数
2,594部
メルマガID
0000000813
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > マーケティング理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

Welcome

   to

 電脳市場本舗
~Marketing Surfin’17~

wave#780:全文無料公開をやめた理由

昨日、『「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる』(日経)

http://amzn.to/2w5LAqI
「はじめに 開講にあたって」を全文無料公開した。

意図は、「アマゾンでもっとたくさん買ってもらいたい」だった。

だから最後にアマゾンとリンクした。

古くは2001年だったか、セス・ゴーディンが

『バイラル・マーケティング』で全文、

『パーミション・マーケティング』の第一章を無料公開

していた。

しかし、「向いてない」という理由で、これまでやってこなかった。

西野亮廣さん『革命のファンファーレ』を読んで、やはり無料公開は

効くのかな、と思って、ではやってみようと。

「やるか・やらないか」はすべて「やる」ポリシーなので。

担当編集者さんは三連休のど真ん中、連絡がつかないので、メールだけ送って

事後になるけど、まあ、致し方ないと。

叱られたら、ごめんしよう。

ぼくはすべての販売促進はインプットとアウトプット、

何をして・どんな成果が得られたか

が測定できなければダメだと考えている。

実際やってみてどうだったか。

確かに、効果あった。

アマゾンで17位だったのが、6位に上がった。


その数字を見ながら、なんとなくモヤモヤしていた。

そのモヤモヤがわからなかった。

数時間経って、仕事終えて、帰宅のため北浜を歩いていた。

ライオン橋を渡ったあたりで、「モヤモヤ」が形になった。

本で言ってることと違うことをやってる!

本ではどう言っていたか。

売るのではなく、エコシステムをつくる

何を循環させるかが大事

売る前に、エコシステムを作る。そのことを意識する
どんな共感や喜びを循環させるのかイメージする
それを果たす力をもった商品を開発する
その商品をエコシステムにそっと置く
自然に広がり、届くべき人の元に届いていく
これが新しい時代の「売れる流れ」である。

「新しい時代」というのは、これまでの商売は

商品とお金の交換、線型(リニア)的思考。

買うか、買わないかのデジタルな世界。

これからの時代は

共感を接着剤として、JOY+WOW+LOVE+FUNがぐるぐるらせん状に回る。

このモチーフがあるからこそ、本のオリジナルロゴに

カタツムリさんを起用したのではなかったか。

そして既にTeam JOYWOWというエコシステムがある。

もし無料公開するなら8月の時点、つまり、エコシステム形成前にやるべきだった。

タイミングが完全に違う。

ぼくがいまエネルギーを注ぐべきは

エコシステムのみんなとどうすれば楽しい時間を過ごせるかを考えることであり、

誰が買ったかわからないアマゾンの拡販ではない。

走って家に帰り、パソコンを立ち上げ、ブログを削除した。

メルマガは配信済みなので、仕方ないけど。

こういう経緯です。

いやー。

大きな失敗をしました。

そして大きな学びを得ました。

お騒がせしました。

オンライン講座「サクサクブランド塾 by JOYWOW」募集中です。

【内容】
Chap-1 (11月)現在の経済環境について
モノは要らない 満ちた人たち
    SNS インスタ映え ・・・
Chap-2 (12月) シード・クリエイションの手法
「欲しい=シード」を作るのが商人・・・
Chap-3 (1月)センス
    センスのある人・ない人
    センスは後天的に学べるの?・・・
Chap-4 (2月)ブランド・エレメント
    ブランド構成要素・・・
Chap-5 (3月)ビジョン&ミッション
    共感ウィルスに育てる・・・
Chap-6 (4月)エコシステムを作る
    新しい経済生態系エコシステム・・・

課題図書『「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる』(日経)

【講座期間】2017年11月6日-2018年4月30日 6ヶ月
 とはいえ、年末年始はお休みしようね。
【講座スタイル】フェイスブック秘密のグループで進めます。

自分の都合の良い時間に読んだり、投稿したりして学んでください。

ネット接続環境があれば、日本に住んでいなくてもオッケー。

宇宙空間からのアクセスも歓迎します。


【参加資格】どなたでもオッケー。ただし全期間参加が条件。途中リタイアはやめてね。
【参加費用】一ヶ月15,000円(税込)毎月支払いでも、まとめてどん、でもいいです。
【参加費用に含まれないもの】通信費用、おやつ代
【講師】阪本・マンボ・啓一
【主催】株式会社JOYWOW

【お申込みは】

フェイスブックイベントページに「参加」ボタンをぽん!
http://bit.ly/2xqgfPH
フェイスブックで阪本宛メッセージください
https://www.facebook.com/keiichi.sakamoto

Gene bless you!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●阪本公式ブログ
http://www.kei-sakamoto.jp/


●転送OKです

●登録解除
まぐまぐ
http://www.kaijo.com/

Copyright (c)1995-2017 Keiichi Sakamoto
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ