Webook of the Day

  • ¥0

    無料

「1日1冊」書評マガジン。某企業のサラリーマンをしながら発行継続約18年。これが契機で10冊の本を刊行。大学院教授にもなってしまいました。本を読んでメルマガやって「早朝起業」を目指そう!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
Webook of the Day
発行周期
日刊
最終発行日
2017年05月29日
 
発行部数
12,909部
メルマガID
0000000969
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > 批評・論評

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

─[内緒]─────────────────────────────────


○ 「LINE オリジナルスタンプ講座」 6/11(日)1000-1200

  そろそろあなたも自分のオリジナルLINEスタンプを持ちませんか?
  → https://www.street-academy.com/myclass/5752


─────────────────────────────────[内緒]─
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
----------------------------------------------------------------------
■■
■■   Webook of the Day            田植えの季節便
□□□     http://webook.tv
■■   Shinnosuke Matsuyama
■■
------------------------------------------------------2017.5.29-----

       モノも見栄も付き合いも、みんな削って、軽やかに。

----------------------------------------------------------------------
■■【今日の一冊】~ 弘兼流60歳からの手ぶら人生

     10万部突破! 

    --------------------------------------------
   |弘兼憲史/著
   |海竜社|2016年11月
   |ISBN:4759315136|1080円|240P
    --------------------------------------------

__《 この本のツボは? 》_________

ふと本屋で手にした本。なんだか呼ばれているようで(W)、つい買ってしま
いました。先日、友人から「義母の実家の整理にいったら、古い風呂敷やいろ
んなものがどっさり出てきて、大変だった」という話を聞いたばかり。
人は、整理するのがどうやら苦手な生き物のようです。

島耕作の著者、弘兼さんは、年代的には同類に入る(ちょっと先輩だけど)。
読み進めると、そうそう!と思う事ばかり。とても参考になりました。

持物を半分にしよう運動ということで、本、名刺、ビデオ、着るものなどを、
半分くらいに整理して、身軽に生きようというものです。

さらに、ものだけでなく、友達、家族、お金等に対する意識改革もススメて
います。孤独のススメもいいですね。

面白いのは、「定年後の男の価値はゼロ。奥さんからはそう思われている」
冷静に考えれば、まさにその通り。定年後は夫婦で旅行三昧・・なんて考える
のは甘い!と切り捨てられています。残念ながらその通り!でしょう。W

そこで、60代(男性がメインですが)は、ボランティアや介護現場に行くべ
しと説きます。あと20年もすると自分も介護される身になることになり、そ
のときどう対応するのがいいかも身を以てわかるからです。
そして、若い人たちに介護のような労働に従事してもらうのは、もったいない
のではないか・・・とも言います。ヘルパー研修をしたことがある私もそう思
います。徴兵制は嫌だけど、定年後、五年間の介護ボランティア義務化なら、
いいかも。もったいないシニア世代が、社会の役に立ち働ける現場をつくる
そんなビジョンを語れる政治家はでてこないかな〜。

「在宅死のすすめ」では、胃ろうなどの無用な延命措置は、本人も家族も社会
もいいことなし、むしろ残酷なことだといいます。まったく同感です。
胃ろう処置は、医療と行政の陰謀だったかもしれません。ひどい話です。

ドナーカードのように「延命処置拒否カード」のようなものを持っていたいと
弘兼氏。そういうのがあれば僕も持っていたいものです。
また安楽死もすすめており、私も大賛成です。むしろ、「もうええわ」ボタン
が欲しいです。
人生の終末を介護施設に放り込まれ、食べさせられ、並べさせられ、風呂に入
れさせられ・・・て生きるなんてごめんだ!と思う人は多いでしょう。

一番、心にフックしたのは、「自分小説を書こう!」という提案。
自分史を書く人も多いのですが、なかなかありのままを書こうとすると、配偶
者には見せられないとか、友達がみたらどう思うかな・・とか、いろいろと気
配りモードになってしまいます。そこで、多少のフィクションを加えた自分小
説なら、筆も走ろう・・というものです。
もちろん、全部フィクションにするのは、かえって難しいので、適当な想像と
創作を入れこみ、なんとなくあの人のねぇ〜と思いながら、面白いストーリー
にできる。ちょっとワクワクもできる。これはいただきです!W
WEBOOK PUBLISHING は自分史などを制作するのですが、むしろ自分小説が
おすすめですね。
自分小説は、生まれてこのかたの全編でなくても、ある一時期のエピソードを
核に展開してもいいでしょう。たとえば「パワハラ上司に天誅を!」なんて過
激なビジネス小説もありですね。あるいは「板挟みの天国」「矛盾のリーダー
シップ」「戦略会議は踊る」「本音と建前、行動と傍観」「杓子定規な奴」
など、いっぱい書けそうじゃありませんか?

60代になったら、見栄やへんなプライドは捨て、身軽になって軽やかに生き
ていくのも素敵です。

老いること、死ぬことは、嫌な事ではなく素晴らしい人生の旅の楽しみかもし
れません。せっかくなら、軽やかに・・・

で、その前にひとつ自分小説でもいかがでしょうか。


__《 おすすめ度は? 》___________


   ★★★★★+軽やかな人生


__《 知りたい? 》_______

   ・高齢化社会のかっこいい生き方を知りたい方
   ・シニア世代の方
   ・島耕作と聞くとビビッとくる方


__《 買いたい? 》_______ 944/→


   ・アマゾン   → http://amzn.to/2rbIRbS


----------------------------------------------------------------------
■■今日のおまけ:( 人を動かす )

 私は、この言葉が大嫌いです。w
 どこか操作主義的な傲慢さをこの言葉に感じてしまうからです。
 客に買わせる、クロージングさせる、スタッフにもっと働かせる・・そんな
 文脈で使われるような気がします。
 本当は、人に動いていただく・・・それくらいの謙虚さが必要なのでは
 ないでしょうか。
 会社でも学校でも家庭でも・・・人を動かす・・なんて思っていては
 いけないでしょうね。
 ボスやリーダーがこんな言葉を使うような職場は、要注意。
 ゆめゆめ、自分がそんなふうにはならないように致しましょう。w

 人が自然に動き出す・・そんな職場は、きっと明るく楽しいことでしょう。
 そういう環境を作ることは、リーダーの役目の一つですね。

 そして、リーダーその人もまた、働く環境そのものなのでしょう。


----------------------------------------------------------------------
■■ 新刊応援!(こんな本もお勧め!)

▼「「数字」が読めると本当に儲かるんですか? 」〜田中靖浩さん
  数字オンチのための「儲かる会計」が肌感覚でわかる本、ということで
  楽しいストーリーで学べる内容を素肌で読んでください。w 楽しく学べますぞ。
  → http://amzn.to/2qsFBpq
  
▼「脳波労が消える最高の休息法」〜 久賀谷亮さん
   マインドフルネスが感じられるCDブック。オススメです。
   マインドフルネスにあたるいい日本語がありません。今、ここを、そのままに
   瞑想のような状態にすることのようです。
   → http://amzn.to/2qqC4rz

▼「MBA100の基本」〜 グロービス
   MBAで学ぶ基本的なことを見開き2ページで簡潔に解説。
   MBAの全体像を構造的に網羅したいひとに便利かも。
   → http://amzn.to/2qxc64W


----------------------------------------------------------------------
■■ 臨機応援!(勝手に応援しちゃうよ)

○「LINE スタンプ くらげちゃん 登場」
  → https://store.line.me/stickershop/product/1445934/ja
  

○「LINE オリジナルスタンプ講座」 6/11(日)1000-1200

  でんじろう先生のLINE オリジナルスタンプ講座です。
  講座のあとは、東大の食堂ツアー? w
  → https://www.street-academy.com/myclass/5752

  こちらは前回の生徒さんの作品(なんと小学生)〜お父さんと一緒でした。
  → https://store.line.me/stickershop/product/1440130/ja


----------------------------------------------------------------------

●今日の鍛錬: ( 0回 )       目標PushBag500回

----------------------------------------------------------------------
 発行者 : Webook of the Day 松山真之助 ( hello@webook.tv )
 発 行 : まぐまぐ ID= 969
 登録解除: http://webook.tv/mm.html
 携帯版Webook : http://bit.ly/WebookM
 新刊/30分の朝読書で人生は変わる。→( http://amzn.to/oS3Zoz )
--------------------------------------------------------------------
 書縁:メルマガ書評 : http://webook.tv/
 講縁:ジェイカレッジ: http://jcollege.jp/ 
 呟縁:Twitter: http://twitter.com/webookoftheday
 顔縁:Facebook   : http://on.fb.me/Webook
 本棚:田坂広志さん : http://bit.ly/webookTASAKA
 本棚:福島正伸さん : http://bit.ly/webookFUKUSHIMA
 本棚:田中靖浩さん : http://bit.ly/webookTANAKA
 本棚:藤原和博さん : http://bit.ly/webookFUJIHARA
======================================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ