一日一題 高度をめざす情報処理技術者試験宿題

  • ¥0

    無料

これがうわさの「宿題メール」です。ITパスポート試験向けから高度向けまで,情報処理技術者試験を目指す人のための宿題を毎朝発行。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
一日一題 高度をめざす情報処理技術者試験宿題
発行周期
平日日刊
最終発行日
2018年01月19日
 
発行部数
9,747部
メルマガID
0000001414
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > パソコン・IT系資格 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 高度を目指す一日一題宿題メールマガジン     .&&&& **** %%%%. ┃
┃                         &&&&&&******%%%%%% ┃
┃ 発行 斎藤末広 suehiro3721p@gmail.com @は半角 '&┃&''*┃*''%┃%' ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━┻━━┻━━┛
宿題メールトラブル/問題訂正 http://d.hatena.ne.jp/suehiro3721p/

========================================================================

 2018年1月19日分
 旧暦 師走 (しわす 12月) 3日
 1/5 小寒(しょうかん) → 1/20 大寒(だいかん)

 強化したい分野の問題を毎日1問 挑戦しよう
 このメールの下部の部分に解答欄があります。返信してください。

========================================================================
☆ 春試験の受験網込み開始
 早く申し込むほど,合格率アップ。
 https://www.jitec.ipa.go.jp/1_01mosikomi/_index_mosikomi.html

========================================================================
◎宿題メール関連イベント // 仲間がいれば 勉強は楽しい! //
これを見ている方なら だれでもOK
宿題メール仲間 Google カレンダー:http://tinyurl.com/jclub-cal
宿題メール仲間が開催している勉強会のハッシュタグ
#あさべん #ひめべん #こしべん #ぎふべん #おさべん

☆毎週水曜の夜は「#ひめべん」@facebook 定時退社して勉強しよう。
 https://www.facebook.com/groups/jhwork/

☆01/20(土) 大阪勉強会 09:30-17:00 大淀コミュニティセンター 第5会議室 #おさべん
 https://www.facebook.com/events/237814450090274/
 13:00-16:30 ARを用いたリーダーシップ研修体験モニター会

☆02/03(土) 春日部勉強会 13:00-18:00 粕壁南公民館 #こしべん
 https://nekoserv.jpn.ph/~nekopapa/koshigaya_study/index.html

☆02/03(土) 岐阜勉強会 09:00-17:00 ハートフルスクエアーG #ぎふべん
 https://www.facebook.com/events/386064865171751/


はじめて参加する方は 事前にお知らせいただいたら幹事の方をお知らせします。
原則 自習,会場費を割勘 途中参加・途中退席OK。

========================================================================
◎催事/書籍/アプリ等案内

☆大阪 2/24(土) プロジェクトマネージャ 午後2対策講座
https://ameblo.jp/t-akita2009/entry-12343239942.html
「黄〇本」を使ったネタの膨らませ方と論文への展開方法
1つの論文ネタを膨らませる方法をマスターすれば、
もう、制限文字数不足で悩むことはありません。
主催:Project Office A

========================================================================
前回分の解答と解説
------------------------------------------------------------------------
*koudoG*[解説:高度技術系]

 四つのアルファベット a ~ d から成るテキストがあり,各アルファベットは
2 ビットの固定長 2 進符号で符号化されている。このテキストにおける
各アルファベットの出現確率を調べたところ,表のとおりであった。各アルファベット
の符号を表のような可変長 2 進符号に変換する場合,符号化されたテキストの,
変換前に対する変換後のビット列の長さの比は,およそ幾つか。

 =========================================
 アルファベット   a   b   c   d
 -----------------------------------------
 出現確率(%)    40  30  20  10
 -----------------------------------------
 可変長 2 進符号   0  10  110  111
 =========================================


 ア 0.75

 イ 0.85

 ウ 0.90

 エ 0.95

■キーワード■

■解答■
  応用情報技術者午前平成29年秋問03

 エ 0.95

> 平均符号長 : 1*0.4+2*0.3+3*0.3=1.9
> 固定長が2なので、1.9/2=0.95

 どうもありがとうございます。

> https://itsiken.com/s/29A_L3/29A_L3_03.html
> 1*0.4 + 2*0.3 + 3*0.2 + 3*0.1 = 0.4 + 0.6 + 0.6 + 0.3 = 1.9
> 1.9 ビット長/2 ビット長 = 0.95
> これより、正解は「エ」です。

 どうもありがとうございます。

> http://www.ap-siken.com/kakomon/29_aki/q3.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------
*koudoM*[解説:高度マネージメント系]高度向け

 認証局が発行する CRL に関する記述のうち,適切なものはどれか。

 ア CRL には,失効したディジタル証明書に対応する秘密鍵が登録される。

 イ CRL には,有効期限内のディジタル証明書のうち失効したディジタル証明書
  と失効した日時の対応が提示される。

 ウ CRL は,鍵の漏えい,失効申請の状況をリアルタイムに反映するプロトコル
  である。

 エ 有効期限切れで失効したディジタル証明書は,所有者が新たなディジタル証明書
  を取得するまでの間,CRL に登録される。

■キーワード■

■解答■
  応用情報技術者午前平成29年秋問36

 イ CRL には,有効期限内のディジタル証明書のうち失効したディジタル証明書
  と失効した日時の対応が提示される。

> https://itsiken.com/29A_L3/29A_L3_36.html
>
> CRLは認証局(CA)において、有効期間内に情報漏えいやWebサイトの閉鎖など
> 何らかの理由で失効したディジタル証明書のリスト(一覧)で、
> 失効した証明書のシリアル番号が掲載されています。
> 利用者は、入手または保持している証明書のシリアル番号はCRLに
> 登録されていないことを確認し、ディジタル証明書に記載された公開鍵を
> 利用します。
>
> CRL(Certificate Revocation List、証明書失効リスト)
> 有効期間内に何らかの理由で失効したディジタル証明書のリスト(一覧)で、
> 失効した証明書のシリアル番号が掲載されています。
> ディジタル証明書を受け取ったときは、証明書に記載された有効期限を確認する
> だけでなく、受け取った証明書のシリアル番号がCRLに登録されていないか
> 確認し、有効な証明書であるかを確かめます。

 どうもありがとうございます。

> CRLとは
> 有効期限よりも前に失効させたデジタル証明書の一覧です。有効期限よりも前に
> 失効させるというのは、例えば証明書の誤発行や証明書の秘密鍵紛失で悪用され
> るのを回避するための処置です。
> 認証局では、そのような証明書をCRLに登録して管理します。CRLは日本語では
> 証明書失効リストと言いますが、正確にはPKIにおける公開鍵証明書のリスト
> ( 証明書のシリアル番号のリスト )のこと。
> http://www.infraexpert.com/study/sslserver13.html
> 回答「イ」です

 どうもありがとうございます。

> CRL(証明書失効リスト)とは、認証局が失効させた電子証明書のリストで、
> 認証局から発行されます。利用者はCRLを確認することで、電子証明書が
> 失効していないかを確認することができます。
> https://jp.globalsign.com/knowledge/ca.html
>
> 上記より解答は、イです。

 どうもありがとうございます。

> http://www.sc-siken.com/kakomon/27_aki/am2_2.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------
*eng*[解説:English]

(出題お休み)

------------------------------------------------------------------------
高度/English問題の解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html
------------------------------------------------------------------------
*gi*[解説:技術系]

 フィードバック制御の説明として,適切なものはどれか。

 ア あらかじめ定められた順序で制御を行う。

 イ 外乱の影響が出力に現れる前に制御を行う。

 ウ 出力結果と目標値とを比較して,一致するように制御を行う。

 エ 出力結果を使用せず制御を行う。

■キーワード■

■解答■
  基本情報技術者午前平成29年秋問03

 ウ 出力結果と目標値とを比較して,一致するように制御を行う。

> フィードバック制御とは
> 制御系において、出力を入力側へフィードバックすることによって両者を比較し
> その差によって両者を一致させるような修正動作を行う
>
https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E5%88%B6%E5%BE%A1-122699

 どうもありがとうございます。

> https://itsiken.com/29A_L2/29A_L2_04.html
>
> フィードバック制御は、入力値の変化で出力値が決まる制御のうち、
> 目標とする出力値を得るために出力値を見ながら入力値を変化させる
> 制御方法です。
>
> フィードバック制御(feedback control)
> 入力値の変化で出力値が決まる制御で、目標とする制御結果を得るため
> 制御対象を監視しながら入力値を変化させる制御方法です。
> 温度の制御のように外的な要因で入力値を修正する必要があるような場合に
> 使用されます。

 どうもありがとうございます。

> 制御した出力の結果を入力側に戻し、目標値と比較して次の制御へ
> 役立てようとする制御のことをフィードバック制御と言います。
> http://sequence.e-sysnet.com/keiso/seigyo.html
>
> 上記より、出力結果と目標値とを比較してから
> 解答は、ウです。
>
> 参考
> http://www.kairo-nyumon.com/control_feedback.html

 どうもありがとうございます。

> http://www.fe-siken.com/kakomon/29_aki/q3.html

 どうもありがとうございます。

> 類題 http://www.fe-siken.com/kakomon/22_haru/q4.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------
*ma*[解説:マネージメント系]

 ある商品の1年間の売上高が 400 万円,利益が 50 万円,固定費が 150 万円で
あるとき,この商品の損益分岐点での売上高は何万円か。

 ア 240

 イ 300

 ウ 320

 エ 350

■キーワード■

■解答■
  ITパスポート平成29年秋問16

 イ 300

> https://itsiken.com/29A_L1/29A_L1_16.html
> (1) 損益分岐点での売上高 = 固定費/(1 - 変動費/売上高)
> (2) 変動費 = 売上高 - 固定費 - 利益 = 400 - 150 - 50 = 200 万円
> (2)を(1)に代入すると、
>   損益分岐点での売上高 = 150/(1 - 200/400) = 150/0.5 = 300 万円
> これより、正解は「イ」です。

 どうもありがとうございます。

> 一般的に、下の2式を利用します。
>  損益分岐点売上高=固定費÷(1-変動費率)
>  変動費率=変動費÷売上高
>
> ここでは上2式を利用せず、下の連立二次方程式の交点が損益分岐点である事
> を利用することにします。
> (方程式利用の回答は、他投稿にお願いすることにします。)
>
> 連立二次方程式は
>  Y=A*X
> Y=B*X+C  です。
> この交点が、損益分岐点です。
>
> 条件(売上高400万円,利益50万円,固定費150万円)を代入します。
> 損益分岐点の個数をX1とします。
> 400=A*X1
> 400-50=B*X1+150 → 200=B*X1
> これより、X1=400/A=200/Bとなり、B=A/2を導けます。
>
> Y=B*X+Cに、B=A/2を代入すると、Y=(A/2)*X+150となります。
>
> ここで、損益分岐点(交点)においては、Yは同値なりますので、
>
> A*X1=(A/2)*X1+150 が成立して、X1=(150*2)/A となり、
> X1=(150*2)/A を Y=A*Xに代入してYを求める。
> Y=300
> 回答「イ」です

 どうもありがとうございます。

> http://www.itpassportsiken.com/kakomon/29_aki/q16.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------
*nyu*[解説:入門]

 コンカレントエンジニアリングの説明として,適切なものはどれか。

 ア 既存の製品を分解し,構造を解明することによって,技術を獲得する手法

 イ 仕事の流れや方法を根本的に見直すことによって,望ましい業務の姿に
  変革する手法

 ウ 条件を適切に設定することによって,なるべく少ない回数で効率的に実験
  を実施する手法

 エ 製品の企画,設計,生産などの各工程をできるだけ並行して進めることに
  よって,全体の期間を短縮する手法

■キーワード■

■解答■
  ITパスポート平成29年秋問17

 エ 製品の企画,設計,生産などの各工程をできるだけ並行して進めることに
  よって,全体の期間を短縮する手法

> https://itsiken.com/29A_L1/29A_L1_17.html
>
> ア 既存の製品を分解し、構造を解明することによって、技術を獲得する手法は
>   リバースエンジニアリング(reverse engineering)です。
> イ 仕事の流れや方法を根本的に見直すことによって、望ましい業務の姿に
>   変革する手法は、BPR(Business Process Re-engineering)です。
> ウ 条件を適切に設定することによって、なるべく少ない回数で効率的に
>   実験を実施する手法は、実験計画法です。
> エ 製品の企画、設計、生産などの各工程をできるだけ並行して進めることに
>   よって、全体の期間を短縮する手法は、コンカレントエンジニアリング
>   です。
>
> コンカレントエンジニアリング(concurrent engineering)
> 技術開発や製品開発において、各工程を順番に行っていくのではなく、
> 同時に行える工程を並行して実施することで開発期間の短縮を実現する
> 開発手法です。
> 並行して作業を行うため手戻りが許されないため、手戻りが発生しないように
> 考慮し、各作業工程の品質アップが必要になります。

 どうもありがとうございます。

> ア× リバースエンジニアリング
>    既存の製品を分解し,構造を解明することによって,技術を獲得する手法
> https://www.weblio.jp/content/%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0
>
> イ× BPR
>   仕事の流れや方法を根本的に見直すことによって,望ましい業務の姿に
>   変革する手法
>   https://kotobank.jp/word/BPR-179030
>
> ウ×
>
> エ○ コンカレントエンジニアリング
>   製品の企画,設計,生産などの各工程をできるだけ並行して進めることに
>   よって,全体の期間を短縮する手法
> https://www.weblio.jp/content/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

 どうもありがとうございます。

> コンカレントエンジニアリングとは、製品開発における複数のプロセスを
> 同時並行で進め、開発期間の短縮やコストの削減を図る手法のことである。
> https://www.presight.co.jp/glossary/detail/post-9.php
>
> 上記より、各工程をできるだけ並行して進めることから
> 解答はエです。
>
> 参考
>
> http://www.itid.co.jp/glossary/concurrent_engineering.html

 どうもありがとうございます。

> http://www.itpassportsiken.com/kakomon/29_aki/q17.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------
★その他★ http://www.facebook.com/groups/jhwork/ の参加もお待ちしてます

> 受験はこれからなんですが、センター受験後、
> 親子共々、どっと疲れが出ました。

 センターって世間も盛り上がりますからね。終わると入試も終わった気になる
かも。私の高校生の受験指導はこれで終了です。

> 昨晩は帰宅時で6℃もありました。
> 今日も暖かいですが、また寒くなるようですね。
> 体調管理が大変です。

 明日から大寒です。寒さ来ますね。

> 通販で買ったマフラーが想定外の色合いだったが、しばらく楽しむことにする。

 似合っているかも。

========================================================================
回答メールの取り扱い

この宿題メールに返信の形で提出して下さい。自動的に件名に日付
(例:re:[jhome] 2017-04-16)が入り,宛先が,私になります。
過去の宿題メールの返信も大歓迎です。

回答メールは,著作権を放棄していると見なして,承諾なしに変更・再利用させ
て頂きます。ご了承ください

この下を,宿題部分を削除して,返信して下さい。
下線のところに記号を書きます。答えのみの返信も大歓迎です。

========================================================================
★★ 本日の宿題 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
------------------------------------------------------------------------
*[宿題:高度技術系]高度向け

 次の BNF において非終端記号 <A> から生成される文字列はどれか。

 <R0> ::= 0|3|6|9
 <R1> ::= 1|4|7
 <R2> ::= 2|5|8
 <A> ::= <R0>|<A> <R0>|<B> <R2>|<C>< R1>
 <B> ::= <R1>|<A> <R1>|<B> <R0>|<C>< R2>
 <C> ::= <R2>|<A> <R2>|<B> <R1>|<C> <R0>

 ア 123

 イ 124

 ウ 127

 エ 128

答 _
考えたこと・調べたこと・質問

------------------------------------------------------------------------
*[宿題:高度マネージメント系]高度向け

 サイバーレスキュー隊 (J-CRAT) の役割はどれか。

 ア 外部からのサイバー攻撃などの情報セキュリティ問題に対して,政府横断的
  な情報収集や監視機能を整備し,政府機関の緊急対応能力強化を図る。

 イ 重要インフラに関わる業界などを中心とした参加組織と秘密保持契約を締結
  し,その契約の下に提供された標的型サイバー攻撃の情報を分析及び加工す
  ることによって,参加組織間で情報共有する。

 ウ セキュリティオペレーション技術向上,オペレータ人材育成,及び
  サイバーセキュリティに関係する組織・団体間の連携を推進することによって,
  セキュリティオペレーションサービスの普及とサービスレベルの向上を促す。

 エ 標的型サイバー攻撃を受けた組織や個人から提供された情報を分析し,社会
  や産業に重大な被害を及ぼしかねない標的型サイバー攻撃の把握,被害の分析,
  対策の早期着手の支援を行う。

答 _
考えたこと・調べたこと・質問

------------------------------------------------------------------------
*[宿題:English] 訳さずに,挑戦しよう。そうすると英語力アップします。

(出題おやすみ)

答 _
考えたこと・調べたこと・質問

------------------------------------------------------------------------
*[宿題:技術系]応用・基本・セキマネ・ITパス向け

 送信側では,ビット列をある生成多項式で割った余りをそのビット列に付加し
て送信し,受信側では,受信したビット列が同じ生成多項式で割り切れるか否か
で誤りの発生を判断する誤り検査方式はどれか。

 ア CRC 方式

 イ 垂直パリティチェック方式

 ウ 水平パリティチェック方式

 エ ハミング符号方式

答 _
考えたこと・調べたこと・質問

------------------------------------------------------------------------
*[宿題:マネージメント系]応用・基本・ITパス向け

 我が国における,社会インフラとなっている情報システムや情報通信ネットワーク
への脅威に対する防御施策を,効果的に推進するための政府組織の設置などを定め
た法律はどれか。

 ア サイバーセキュリティ基本法

 イ 特定秘密保護法

 ウ 不正競争防止法

 エ マイナンバー法

答 _
考えたこと・調べたこと・質問

------------------------------------------------------------------------
*[宿題:入門]ITパス向け

 BSC (Balanced Scorecard) の説明として,適切なものはどれか。

 ア 顧客に提供する製品やサービスの価値が,どの活動によって生み出されて
  いるかを分析する。

 イ 財務に加え,顧客,内部ビジネスプロセス,学習と成長の四つの視点に基づ
  いて戦略策定や業績評価を行う。

 ウ 帳簿の貸方と借方が,常にバランスした金額になるように記帳する。

 エ 取引先の信用度を財務指標などによって,スコアリングして評価する。

答 _
考えたこと・調べたこと・質問

------------------------------------------------------------------------
その他(ひとことお願いします。)

□試験申し込みました。
種別:IP, SG, FE, AP, SC, PM, DB, ES, AU
その種別での回数:
ひとこと:

------------------------------------------------------------------------
以下は,配信サイトがつけた広告等です。削除して返信してください。
========================================================================


 
┌───────────────────────┐
 このメルマガは,「まぐまぐ」より発行してます。
 解除はhttp://www.mag2.com/m/0000001414.html
└───────────────────────┘
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ