ごまめの歯ぎしり

  • ¥0

    無料

衆議院議員河野太郎が発行するメルマガ。初当選直後に「国会議員は何時出社なのですか」と近所の方に尋ねられ、国会議員が毎日どういう活動をしているのかきちんとお知らせをしたいと思って始めたメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
ごまめの歯ぎしり
発行周期
不定期
最終発行日
2017年07月20日
 
発行部数
9,831部
メルマガID
0000006653
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > 政治家

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

......ごまめの歯ぎしり メールマガジン版......
       衆議院議員 河野太郎の国会日記
===========================================================
メールマガジン「ごまめの歯ぎしり(応援版)」を創刊しました。
もし、月にワンコイン分のご支援をお願いできるなら、この
「ごまめの歯ぎしり(応援版)」をご購読いただけたら幸いです。
http://www.mag2.com/m/0001339330.html
ご支援ありがとうございます。

自衛隊の南スーダン派遣施設隊の日報に関して、私には意見を言うちょ
っとした権利があると思う。

ということで、一言。

一昨日からの南スーダンの日報に関する報道を見ていると、ちょっとピン
ト外れなものが多い。

自衛隊の南スーダンの派遣施設隊の日報は、二月六日にはその存在が
明らかになっており、機密部分が黒塗りになっているもののすべて公開さ
れている。

繰り返すと、「二月六日には日報はすべて公開されている。」

だから二月十五日に、防衛省で開かれた会議で、日報を隠蔽することは
できないし、公開するかどうかを決めることはできない。

このニュースの中で、NHKにしろ、民放にしろ、二月六日に日報がすべ
て公表されているということに触れていないのは、視聴者に誤解を与える。

二月十五日の防衛省の会議で問題になることがあるとすれば、陸自で見
つかった日報は、個人のものなのか、行政文書なのかという判断だ。

もし、日報がそれまでに見つかっていなかったら、行政文書だろうが、個
人のものであろうが、陸自で見つかった文書は干天の慈雨のようなもの
であり、日報が見つかった、よかった、ということになっただろう。

ただし、もしそれが個人の文書だったら、それが改ざんされていないかと
いうことが問題になるだろうが。

しかし、それまでに日報が見つかって公表もされているのだから、問題は
陸自で見つかった文書が個人の文書なのか、(その場合、特に問題はな
い)、行政文書なのか、(この場合、最初に開示請求をされたときに、探し
方が足りなかった)ということになる。

個人の文書ならば、それが見つかったことを公表する必要もないだろう
が、行政文書ならば、当初の探し方が足らなかったことが明らかになった
ことを公表する必要がある。

防衛省は、見つかった日報が個人の文書だと考え、特に発表の必要が
ないと考えた。

しかし、日報に関してはそれまでいろいろとあったわけだから、自分たち
で判断するだけではなく、内閣府の公文書課や国立公文書館に、きちん
とした判断を仰ぐべきだった。それがこの騒動の本質ではないか。

こうした説明もなく、あたかも日報を隠蔽する決定が行われたかのような
報道は、間違っていないか。
===========================================================

メルマガバックナンバーはこちら(ブログ版)↓
http://www.taro.org/category/blog

発行:河野太郎
関連ホームページ: http://www.taro.org/
ご意見・お問い合わせ: http://www.taro.org/?p=15
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ