ごまめの歯ぎしり

  • ¥0

    無料

衆議院議員河野太郎が発行するメルマガ。初当選直後に「国会議員は何時出社なのですか」と近所の方に尋ねられ、国会議員が毎日どういう活動をしているのかきちんとお知らせをしたいと思って始めたメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
ごまめの歯ぎしり
発行周期
不定期
最終発行日
2017年11月18日
 
発行部数
9,657部
メルマガID
0000006653
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > 政治家

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

......ごまめの歯ぎしり メールマガジン版......
       衆議院議員 河野太郎の国会日記
===========================================================
メールマガジン「ごまめの歯ぎしり(応援版)」を創刊しました。
もし、月にワンコイン分のご支援をお願いできるなら、この
「ごまめの歯ぎしり(応援版)」をご購読いただけたら幸いです。
http://www.mag2.com/m/0001339330.html
ご支援ありがとうございます。

河野太郎外相が電話会談をしたということが最近、よくニュースで取り上
げられるからでしょうか、電話会談とはどうやるのですかという質問をよく
いただきます。

電話会談は、まず、どういう用件で、何時から外相同士で電話会談をし
ようということを双方で打ち合わせをして決めるところから始まります。

日韓や日中の場合は時差もほとんどないので時間は問題ではありませ
んが、アメリカやヨーロッパなどの場合はどちらかが朝早くあるいは夜遅
くになってしまうこともあります。

双方が運よく役所の大臣室にいることもありますが、片方が飛行機に乗
っていたり、出張先にいたり、ということもしばしばあり、その場合は何番
の電話にかけたらよいのかという確認もしなければなりません。

電話会談といっても受話器を持って、もしもしとやるわけではありません。

スピーカーのついた会談用の電話を前に、外務大臣以下関係部局の
人間がテーブルを囲んで耳を澄ましているところを想像してください。

相手が英語の場合は通訳なしでやる場合が多いのですが、相手が英
語以外の場合は通訳が入ります。

その場合は、外務省の通訳が私の隣に座って、私の話す日本語をマイ
クに向けて通訳していきます。

相手の話す言葉は、相手国が日本語の通訳を用意する場合とこちら側
の通訳が両方の通訳をする場合があります。

英語圏の場合でも専門用語が多い貿易・通商関係の場合は、念のため
に通訳を入れます。

アメリカのライトハイザー通商代表との会談は、雑談しているときは英語
ですが、本題に入ると私は日本語に切り替えます。

英語で電話会談をやる場合でも、相手が英語のなまりが強くてわかりに
くい時は、無理せずに通訳を入れます。

時には相手のなまりが強く、しかもきちんとマイクに向かって話をしてい
ない時など、何を言っているか聞き取れず、何度も聞き返すこともありま
す。

通訳が入っていると、相手が想定外の質問をしてきたときなどに、通訳
している時間にメモを入れてもらったりすることができるという利点はあり
ますが、やはり人間関係を築くという観点から言えば、直接話をすること
が大切です。
===========================================================

メルマガバックナンバーはこちら(ブログ版)↓
http://www.taro.org/category/blog

発行:河野太郎
関連ホームページ: http://www.taro.org/
ご意見・お問い合わせ: http://www.taro.org/?p=15
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ