恋愛心理学

  • ¥0

    無料

まだ失恋を繰り返しますか?恋愛にはうまくいくための法則があります。経験豊富なカウンセラーがあなたの恋愛を強力にサポートします!! 読んで実行することであなたの恋愛力をアップ! 婚活中の方、結婚している方にもおすすめです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
恋愛心理学
発行周期
週刊
最終発行日
2018年02月16日
 
発行部数
8,005部
メルマガID
0000010076
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
恋愛・結婚 > 恋愛 > 心理・テクニック

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

あなたの恋愛応援します!★恋愛心理学★
No.836・2018/2/16 by 神戸メンタルサービス

平準司が恋愛、結婚など男女関係に効く心理学をお届けします。
─.─.─.─.─.─.─.
自宅で!通勤電車で!聴いて学べて癒される!
心理学講座音声配信サービスきくまる
☆無料で聞ける心理学講座
2/7UP! 浅野寿和『未来を照らす笑顔』
http://urx.nu/iDLc
─.─.─.─.─.─.─.
【恋愛心理学】No.836“失敗できない男”
─.─.─.─.─.─.─.
こんばんは。
神戸メンタルサービスの平です。

ご相談におみえになった男性は、女性に自
分から告白したり、近づいたりということ
がとても苦手でした。

彼はきちんとしたサラリーマンで、それな
りのイケメンで、けっしてモテないほうで
はありません。

しかし、前述のようなタイプなので、30代
後半になっても、女性と交際した経験がま
ったくなかったのです。

では、なぜ、自分から行けないのかといえ
ば、彼がものすごく失敗を恐れる人だった
からです。

告白してもうまくいかないとか、つきあっ
ても上手にエスコートできないということ
ばかりを想像し、実行に移せないのですね。

このタイプの場合、非常に厳しく育てられ
たという人が少なくないようです。

さっそく、彼に「ご両親は恐かったですか?」
と聞いてみると、父親がそれは厳しい人だ
ったという答えが返ってきました。

心理学的に、家庭というのは何度失敗して
も許され、受け入れられる環境にある場所
と考えられています。

子どもたちが何度も失敗をし、そのたびに
またチャレンジし、成功に行きつくという
プロセスがたどれる唯一の場所といえるわ
けです。

「ほんとうに、しょうがないわね」と言い
ながらも受け入れてくれる母親、「こんど
は気をつけるんだぞ」と注意はするものの
笑顔の父親‥‥。

そんな親たちに見守られていたなら、子ど
もたちもさほど失敗を恐れずにすみます。

ところが、中には今回の彼のように、家庭
環境が厳しく、失敗が許されないという中
で育つ人もしばしばいるわけです。

すると、どうしても完ぺき主義者になりや
すく、失敗する自分を許せなくなったりし
がちです。恋愛においても、もちろん失敗
は許されません。

そんな人にとって、失恋という失敗をしな
い唯一の方法‥‥、それが、恋をしないこ
ととなるわけです。

また、フラれることを恐れる彼にとって、
安心できる恋愛の方法は、女性のほうから
彼に近づいてくるということしかありえま
せん。

しかし、女性が近づいてきても、その人が
好きなタイプであるときほど、彼は視線を
そらせたり、興味のなさそうな態度をとっ
たりしてしまいます。

女性たちは「自分には興味がないのだな」
と彼から距離を取るようになっていきます。

ですから、結局、彼が女性と接する機会は
ないまま、今日まできたというわけです。

さて、父親に厳しく育てられた彼の子ども
のころの記憶には、“とても恐いおとうさ
ん”の顔やイメージが残っています。

そのおとうさんの横で、自分はいったいど
んな表情や態度でいたかということを彼に
想像してもらいました。

そこには、父親になつかず、反抗的な態度
の子どもがいたわけです。

「では、その子を見て、おとうさんはどう
感じていたと思いますか?」と私が聞くと、
彼は父親が子どもだったころの話をしてく
れました。

彼の父親は幼いときに両親を亡くし、母方
の祖父母に育てられたのだそうです。

その家は農家でしたが、母の姉であるおば
さんが結婚せずに同居していて、面倒こそ
みてもらえたものの、とても厳しい家だっ
たということです。

そして、子ども時代に家庭的に恵まれてい
なかった父親は、将来、結婚し、自分の家
庭をもつということをとても楽しみにして
いたのだそうです。

彼には姉がいるのですが、彼女はけっこう
父親にかわいがられて育ったようです。が、
とにかく、父親は彼には厳しかったそうです。

多くの場合、人は自分の育った環境を基準
に物事を考えます。父親にとってはそれが
厳しい祖父母の家だったわけですね。

また、強い人間に育てることを子育てだと
感じる親というのも少なくないわけで、彼
のように厳しく育てられることもよくある
のです。

その一方、彼があまりなつかない子どもだ
ったということは、おとうさんの心の傷に
ふれる部分もあったようで、それによって、
二人の仲はあまりいいものとはいえなくな
っていったようです。

そこで、彼には、長いこと、父親との間に
あった心の距離を感じてもらいました。

そして、その感情を使い、おとうさんが子
ども時代に感じていた孤独を感じてもらい
ました。

その孤独な子どもである父親を、その父親、
つまり彼の祖父の立場になって、愛してあ
げるというワークをしてもらったところ、
彼は泣き出してしまいました。


「そうか‥‥。親父も自分の親父から愛さ
れていなかったので、どうしていいかがわ
からなかったんですね」

その後、彼は女性たちから離れるのではな
く、「どう近づいていったらいいのかがわ
からない」、「気持ちをどう伝えればいい
のかがわからない」と正直に伝えられるよ
うになりました。

それによって、恋愛の腕が急速に上がりだ
したのです。


では、来週の『恋愛心理学』もお楽しみに!!



☆ ☆ ☆


☆ ☆ ☆

ライブでも恋愛心理学♪ ★恋愛心理学講座★
料金:¥3,240 (初めての方は入会金¥3,240)
http://urx.nu/iE2b

【東京】機械工具会館

02/16(金) 19:00-20:50 平準司
『好意を表現するために』

03/02(金) 19:00-20:50 野村香英
『最高のパートナーシップを手に入れる恋愛テクニック』

03/15(木) 19:00-20:50 みずがきひろみ
『大人の魅力学(3)~自立を超える~』

【名古屋】名駅・愛知産業労働センター

3/18(日) 16:00-17:50 浅野寿和
『「愛or正しさ」 愛を選ぶとパートナーとの関係性は向上する』

【大阪】ホテルパークサイド  

03/09(金) 19:00-20:50 那賀まき
『対等なパートナーシップを手に入れる!』

【神戸】神戸国際会館
 
3/28(水) 19:00-20:50 大門昌代
『大人の恋愛には、ワナがいっぱい』 

【福岡】天神・都久志会館アトリエ

03/02(金) 19:00-20:50 池尾昌紀
『察して欲しい女心と伝えて欲しい男心~男女関係の改善に役立つ心理学』

☆ ☆ ☆

●─ 編集後記 ─.─.─.─.─.─.─.●
オリンピックが始まりましたね(^^)/
個人的にはスケルトンという競技に
興味津々です。(竹田)
─.─.─.─.─.─.─.─.─.─.─.─

本誌は以下のメールマガジン配信システ
ムを利用して発行しています。
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
ID:0000010076
あなたのお友だちへの転送大歓迎です。
購読申込・解除はこちら↓
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000010076.htm

─.─.─.─.─.─.─.─.─.─.─.─.─.

■発行:神戸メンタルサービス http://www.healing.ac/
Facebookページ https://www.facebook.com/healing.ac
Twitter https://twitter.com/kmsstaff

■発行日:毎週金曜日発行

■ご感想お待ちしています♪ ⇒E-mail:kms@healing.ac

■講師:平準司 Blog http://ameblo.jp/tairajunji/

■編集:竹田亜由美

Copyright (C), 1998-2018神戸メンタルサービス
掲載された内容を許可なく転載することを禁じます。
掲載ご希望の方は事前にご相談ください。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ