恋愛心理学

  • ¥0

    無料

著者サイト

まだ失恋を繰り返しますか?恋愛にはうまくいくための法則があります。経験豊富なカウンセラーがあなたの恋愛を強力にサポートします!! 読んで実行することであなたの恋愛力をアップ! 婚活中の方、結婚している方にもおすすめです。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

あなたの恋愛応援します!★恋愛心理学★
No.803・2017/6/23 by 神戸メンタルサービス

平準司が恋愛、結婚など男女関係に効く心理学をお届けします。
─.─.─.─.─.─.─.
自宅で!通勤電車で!聴いて学べて癒される!
心理学講座音声配信サービスきくまる
☆無料で聞ける心理学講座
6/17UP!みずがきひろみの『アカウンタビリティー』
http://urx.nu/iDLc
─.─.─.─.─.─.─.
【恋愛心理学】No.803“男と女の高い壁”
─.─.─.─.─.─.─.

こんばんは。
神戸メンタルサービスの平です。

女性の読者のみなさまから、よくいただく
質問の一つに、「男性は、なぜあんなに気
がつかないのでしょう?」というのがあり
ます。

男性は“左脳的”とよくいわれますが、す
べての情報を理論的に割り切ることに関し
ては、よく訓練されています。
一方、女性のみなさんの得意な“右脳的”
な処理、つまり、ものごとを感情的に処理
することに関しては、ほとんどわけがわか
っていません。
つまり、悪気はないのですが、気づかない
のです。

たとえば、仕事場で、A子さんとB子さんが
課長の座をめぐり、争っているとします。

男性的で左脳的なものの考え方をすると、
2人のうち1人しか課長になれないのだから、
どちらがなったとしても、なれなかったほ
うには割り切ってもらわないと仕方ない。
そして、次のチャンスに向かって、がんば
ってもらいたい」というぐらいで終わって
しまいます。

しかし、女性的で右脳的な考え方では、
「課長になったほうも、なれなかったほう
に気をつかうだろうし、なれなかったほう
は嫉妬もするだろうし、傷つきもするだろ
う。その傷をどういたわり、癒すかという
ことに重点を置くべきだ」ということにな
ります。

言い換えると、男性的なものの考え方の土
台には“競争”というものがあり、「いか
にこの競争に勝つか」ということに男性は
ものすごくエネルギーを使いますし、ゴー
ルも競争に勝つことにあるのです。

ところが、女性的なものの考え方では、ど
うやって競争に勝つかではなく、「うまく
やっていくには、どうすればいいか?」が
いちばん大事なことであるわけです。

男性的なものの考え方とは、「みじめな思
いをしたり、屈辱感を感じたりしないため
に、がんばる」というのが前提になってお
り、失敗したり、負けてしまったりしたと
きにどうすればよいのかという準備はまっ
たくできていません。

歴史小説がお好きな読者にはわかりやすい
かと思うのですが、たとえば、戦国時代、
負け戦が続いているという状況のとき、男
性というのは、勝ち目のない戦いでも、
「降伏するぐらいなら戦って死ぬ」という
ことを選びます。

負けて生き残るという発想はあまりないわ
けです。もっと言うならば、「負けたとい
う、みじめで屈辱的な感情を感じながら生
きるぐらいなら、死んだほうがまし」とい
うぐらい、ネガティブな気持ちとともには
生きられないと思っているわけです。

一方、女性的なものの考え方では、「生き
ているかぎり、よいときばかりでなく、ど
うしようもないときや、いやな感情にとら
われてしまうときもある。
そのとき、どう対処することが、その感情
を変えていくのに必要なのか」という発想
になるわけです。

一つ、具体的なお話をしますと、男性はパ
ートナーの女性と「ケンカにならないよう
にするには、どうすればいいか?」という
部分にエネルギーの大半を使います。
一方、女性は、ケンカになったときですら、
「どのように私を理解し、愛してもらえる
のか」というところをとても大事に見てい
ます。

そして、感情的になり、ケンカになってし
まったという時点で、男性はものすごく敗
北感を感じ、もうエネルギーは残っていな
いのです。

女性からすると、二人の考え方の違いに架
け橋を架けるべく、このケンカを通じて有
意義なコミュニケーションをしたいと思っ
ているのに、その時点で、男性はすでに落
ち込み、ヘコみ、コミュニケーションなど
できる状態にもうないのです。

そんなときの彼の口から出る言葉は、「な
ぜ、わかってくれないんだ。こんなにがん
ばっているのに」というのがいちばん多い
のではないでしょうか。

女性側は、なんとか私の事情や立場をわか
ってもらいたいと望んでいるにもかかわら
ず、その余力が彼にはもうすでにないわけ
です。

男性は、女性の意向を聞かず、ほとんど一
人で「きっと、こうだろう」と推測し、判
断をしたところから、すべての計画をつく
り上げることが多いのですが、いってみれ
ば、すでにその時点で間違いが存在するの
です。女性からしてみれば、「聞いてくれ
ない」わけです。

そして、男性は、できるだけ自分の感情に
ふれないようにものごとに対処するので、
そのやり方は、女性陣には「冷たい」と感
じられることも多いようです。それはまる
で、仕事のコミュニケーションのやり方を
男女関係や家庭に持ち込むがごとくなのです。

そこで、私が女性のみなさんにいつも提案
しているのは、「こうしてくれて、とても
うれしい」とか、「こう言ってくれたこと
が、とても胸に響いた」など、感情を伝え
るコミュニケーションを男性に教えてあげ
てほしいということです。

男性の多くは、感情というものと怒りとい
うものが同じだと考えています。
感情を表現するということは、怒りを解放
し、怒鳴りまくることなのだと誤解してい
るのです。

実際は、うれしい、楽しいといったポジテ
ィブな感情表現を嫌う男性はいないはずで
すが、とにかく男性というのは感情的なコ
ミュニケーションが苦手で、なかでも、女
性が聞きたい「愛している」、「素敵だね」
といった感情表現は、日本の男性にとって
は高いハードルといえそうです。


では、来週の『恋愛心理学』もお楽しみに!!



☆ ☆ ☆

ライブでも恋愛心理学♪ ★恋愛心理学講座★
料金:¥3,240 (初めての方は入会金¥3,240)
http://urx.nu/iE2b

【東京】渋谷・SI貸会議室

7/14(金) 19:00-20:50 みずがきひろみ
『執着を手放すと、なんで恋愛がうまくいくのか』

7/28(金) 19:00-20:50 原裕輝
『恋愛力をあげる~依存の恋・自立の恋~』


【名古屋】名駅・愛知産業労働センター
7/17(月) 16:00-17:50  浅野寿和
『恋と傷心の心理学~
心の傷を癒やすと素敵な恋に向き合える~』

【大阪】江坂・ホテルパークサイド2F

7/06(木) 19:00-20:50  平準司
『依存の力学』

【神戸】三宮・神戸国際会館
7/28(火) 19:00-20:50  平準司
『“弱点”が恋を成熟させる』

【福岡】博多・深見ビルC会議室
7/21(金) 19:00-20:50  大門昌代
『なぜ、あなたの恋愛はうまくいかないのか』

☆ ☆ ☆

       
●─ 編集後記 ─.─.─.─.─.─.─.●
今週末に、カキ氷コレクションなるイベ
ントがあるのだよ。行こう~(竹田)
─.─.─.─.─.─.─.─.─.─.─.─

本誌は以下のメールマガジン配信システ
ムを利用して発行しています。
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
ID:0000010076
あなたのお友だちへの転送大歓迎です。
購読申込・解除はこちら↓
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000010076.htm

─.─.─.─.─.─.─.─.─.─.─.─.─.

■発行:神戸メンタルサービス http://www.healing.ac/
Facebookページ https://www.facebook.com/healing.ac
Twitter https://twitter.com/kmsstaff

■発行日:毎週金曜日発行

■ご感想お待ちしています♪ ⇒E-mail:kms@healing.ac

■講師:平準司 Blog http://ameblo.jp/tairajunji/

■編集:竹田亜由美

Copyright (C), 1998-2017 神戸メンタルサービス
掲載された内容を許可なく転載することを禁じます。
掲載ご希望の方は事前にご相談ください。



メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
恋愛心理学
発行周期
週刊
最終発行日
2017年06月23日
 
発行部数
8,417部
メルマガID
0000010076
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
恋愛・結婚 > 恋愛 > 心理・テクニック

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ