【トランスマガジン】-翻訳会社が教えるプロの英語-

  • ¥0

    無料

翻訳会社ならではのノウハウを披露!翻訳業界の動向、翻訳テクニック、さらにはSOHO仕事術まで。もちろん英語学習にも効果抜群!みなさん、レベルの高い、稼げる翻訳者を目指しませんか?

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
【トランスマガジン】-翻訳会社が教えるプロの英語-
発行周期
週刊
最終発行日
2015年01月27日
 
発行部数
2,501部
メルマガID
0000017511
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

===================================
【トランスマガジン】-翻訳会社が教えるプロの英語- 2015/1/27 最終号

株式会社トランスワード http://www.transwd.com
===================================

■もくじ■
1. トランスマガジン終了のご挨拶(トランスワード代表取締役・仲谷)
2. 技術翻訳あれこれ(日英技術翻訳者・牧野)
3. あらい英語会提供「英語ひとくちメモ」番外編

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1. トランスマガジン終了のご挨拶
(株式会社トランスワード 代表取締役 仲谷幸嗣)
___________________________________

株式会社トランスワードがお届けするメールマガジン「トランスマガジン」は
今回をもって配信終了となります。

当マガジンは1999年に発行を開始し、これまで15年間にわたり皆様に技術翻訳
の学習に関する情報を提供して来ました。この間の累計発行回数は約450回
(まぐまぐ配信以前を含む)、読者数は多い時期で9000名を超えました。

トランスマガジンは当初、弊社が運営する技術翻訳講座の受講生向けに創刊し
ましたが、その後多くの皆様にご購読頂くようになり、微力ながら日本の技術
翻訳者の育成ならびにレベルアップに貢献してきたと自負しています。

当社が運営してきた技術翻訳講座ならびに当マガジンで勉強した一部の人は当
社の社内翻訳者として、また多くの人はフリーランスおよび一般企業内の翻訳
者として活躍中です。

トランスマガジンは今回で配信終了となりますが、今後はまた形を変えて皆様
と接点を持ち、日本の翻訳業界にお役に立ちたいと思っています。

長年にわたるご購読ありがとうございました。
今後とも株式会社トランスワードの活動に対する皆様のご支援をお願いします。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2. 技術翻訳あれこれ 連載第48回 「特別な仕事を続けるために」
___________________________________

年末はたまっていた領収証の整理と仕訳のチェックで時間が過ぎていきました。
仕事部屋の大掃除のついでにパソコンのデスクトップを整理して、くたびれて
いたキーボード、マウス、リストレストやマウスパッドを新品に取り替えると
スッキリした気分で新しい年を迎えることができました。

元旦には近年稀に見る大雪のなか知人と京都の伏見稲荷にお参りに行き、ご祈
祷してもらいました。積もった雪に足を取られ滑って転ぶ参拝者を何人も見て、
今年はマイペースながら一歩一歩慎重に進んでいく年にしたいと決意を新たに
しました。

1月は短い和訳をひとつ納品した後、定期案件の発注を待つあいだ用語集の更
新や翻訳メモリのメンテを淡々と続けています。去年は数回しか更新しなかっ
た自分のブログも今年はもう少し頻繁に更新したいと思いつつ、ここ数年の翻
訳業界とそれを取り巻く環境の変化についてぼんやりと考えてみました。

ツイッターやFacebookなどのSNSの普及とともに同業者の交流が深まり、横の
つながりが簡単にできるようになったのは喜ぶべきことでしょう。全国各地に
通翻勉強会が発足して活発な活動を始めた背景には、潜在的ニーズに加え、個
人でも手軽にイベントを立ち上げて告知・集客する環境が整ったことも大きい
ように思います。

これまで産業翻訳者は黒子として、翻訳会社の下請け的に仕事をするのが一般
的でした。翻訳会社に営業委託して仕事のマネージメントまで任せてきたとの
見方も出来ますが、摂取されてきたことも事実です。

景気を含む様々な外的要因を理由に買い叩かれる翻訳者の立場は強いとは言え
ません。しかし、個人の強みを活かして業界で上手く立ち回ることはさほど難
しいことではないように思います。

翻訳者なら誰しも翻訳は特別な仕事だとの思いを胸に納めているはずです。
特別な仕事を特別に大切な仕事として続けていかなければ、いずれ翻訳は特別
な仕事ではなくなってしまいます。

それを阻止するためには、初心を忘れず向上心を持って継続的な努力を怠らな
いことに尽きるのではないでしょうか。

2011年3月から始まったトランスマガジンの連載も今回で最終回となりました。
月一回の連載のネタ探しも振り返ってみると良い思い出です。駄文を読み続け
ていただいたメルマガ読者の皆さまに感謝して終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
3. あらい英語会提供「英語ひとくちメモ」番外編
___________________________________

株式会社トランスワードのメルマガで「英語一口メモ」をお送りするのも最後
になりました。

今回は、お説教臭くて恐縮ですが、皆さまにお願いを申しあげます。

1) 「上がり意識」は捨てる
企業で立派な仕事をこなして退職した後、翻訳でもやろうか、と考えている
ような方々の中に、「上がり意識」(出来あがり、一丁上がり、もうオレさま
は大したものだという慢心)のある方がいて、困惑した事が何度もあります。
どういう仕事でも同じでしょうが、外国語を扱う仕事では、特に「上がり意識」
は禁物です。

2) 言語のトータルな世界に立向かう
このメルマガの読者の方々は、翻訳をやっていらっしゃる方が多いと思います。
翻訳を主眼に置くにしても、翻訳チェックや翻訳営業のような仕事、さらに英
会話、日本語にも興味をお持ちください。視野を広げた分、必ず良い結果が生
まれると思います。

3) 楽しく仕事する
翻訳というのは、「仕事」をしながら「勉強」も「遊び」も同時にできる、
ずいぶん便利な活動だと思っております。ぜひ、「翻訳の仕事を甘く見ず、
といって委縮もしないで、楽しく仕事を続けてください」というお願いを申し
あげます。

私はこれまで、トランスワード社や社長の仲谷幸嗣氏には大変お世話になって
きました。またこのメルマガを通じて、いろいろと勉強をさせていただき、
熱く御礼申し上げます。

読者の皆さまや会社スタッフの方々の今後のご健闘をお祈り申し上げます。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【翻訳参考書マーケット】
http://www.transwd.com/honyaku-book
これから技術翻訳を学ぶ人や技術翻訳の仕事に携わっている人に役立つ翻訳参
考書を提供する教本販売専用サイトです。実務に即した内容の教本ばかりをご
紹介しています。

 ̄■発行■ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

株式会社 トランスワード
〒732-0828 広島県広島市南区京橋町9-3 クリスタ京橋ビル4階
Tel:082-506-3233 Fax:082-506-3234
URL:http://www.transwd.com
e-mail:book@transwd.com

 ̄■お問い合わせ・投稿先■ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

book@transwd.com

 ̄■免責事項■ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

掲載情報により生じたいかなる事象も当方では責任を負いかねますので、ご
了承ください。配信解除は読者様において手続きください。当方では解除手
続きの代行は請け負っておりません。どうしてもうまくいかない方に限り、
メールで件名を「登録解除」として送信してください。
⇒ メールアドレス book@transwd.com
※こちらの場合、配信停止に数日かかる場合がございます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ