億の近道

  • ¥0

    無料

個人投資家の方にも機関投資家並み、若しくはそれ以上の情報提供をするのが目的です。株式で「億」の資産形成を目指しましょう!我々マーケットのプロが導きます。各種コラムが大好評!内容に自信アリ。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞受賞
 
メルマガ名
億の近道
発行周期
週3~4回
最終発行日
2017年08月23日
 
発行部数
6,878部
メルマガID
0000020640
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2017/08/23

             イ意 の 近 道

         -プロが導く「億」資産への近道-   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             -本日の目次-
       (本日の担当:式町みどり&梶原真由美)

◆コラム「為替市場動向~騒音のみ高く、方向感には乏しい?~」:式町みどり
◆コラム「負債のマネジメント、していますか?」:梶原真由美


===================================


■ お知らせ ■

■炎のファンドマネージャー&Bコミ出演の
 まぐまぐの投資イベントへご招待、25日応募〆切!■


 来る9月10日に、億の近道も利用しているメルマガサイト、まぐまぐ!
主催で、投資イベントが開催されます。

 セミナー&パネルディスカッションに炎のファンドマネージャー氏とBコミ氏
が登壇です。


「日米株価の行方を占う」スペシャルトークセッション
 まぐまぐ×MONEY VOICE presents

 ●「年末までの日本市場 ~需給と業績からのアプローチ~」
   坂本慎太郎(Bコミ)
 ●「割安バリュー株投資で億の近道 3つの投資尺度を駆使して運用成果を
   高めよう」
   炎のファンドマネージャー

 ●パネルディスカッション
  1:強気論と弱気論が交錯する日米マーケット、私の相場観はこうだ
  2:次の10年を見据える投資家が今すべきこと、してはならないこと
  3:今こそ本音で明かす、私の「極私的オススメ投資対象」はこれだ


 詳細はこちらをご覧下さい。
 http://i.mag2.jp/r?aid=a599145fddedd3



 また、まぐまぐ様のご厚意により、抽選で5名様をご招待いたします!!
 8月25日〆切。あと2日です!

ご希望の方は、

 ・氏名
 ・ふりがな
 ・郵便番号
 ・年齢
 ・聞いてみたい内容・質問
 ・億の近道の感想

以上を明記の上、okuchika.mail@gmail.com までメールをお願いします。

 当選者へは億の近道事務局からメールにてご連絡いたします。

 ご応募お待ちしております!!


===================================


◆コラム「為替市場動向~騒音のみ高く、方向感には乏しい?~」


 夏休みの最中、米北対立の地政学的リスクの高まり、加えて、米国の最もデ
リケート問題に大統領が絡み政権の重要な人事問題に至った等のやや過剰な騒
音報道も手伝い、市場はリスクに敏感な動きとなりました。

 高値圏でボックス相場を続けていた株式市場は、ボックス底割れの動きが続
きました。米国の対アフガン政策の変更表明や米国の税制改革の進展報道を好
感する等の相場小反発の動きはあるものの、株価指数の動きや為替相場は元気
がない印象です。


 市場の様子見の背景をジャクソンホールでの経済フォーラムでの主要国要人
講演待ち、と挙げる向きも見かけますが、ジャクソンホールでサプライズ発言
があるという期待もできないそうです。

 因みに、ジャクソンホールは米国のワイオミング州にあるリゾート地で、壁
のように立ちはだかる非常に高い山の間に位置し、まるでホール(穴)に入っ
たかのように感じる土地だそうです。近くには景観を誇る国立公園も二つある
という有数の観光地で今年も行われる経済政策シンポジウム(ジャクソンホー
ル会議)には、世界各国から中央銀行の総裁や政治家達、学者等が参加し、会
議もさることながら、避暑地での交流が重要視されるのでしょう。

 カンサス連銀の主催するジャクソンホールでの会議が注目されるのは、3年
前の同会議でのECBドラギ総裁の量的緩和発言、更に遡り、7年前の当時の
FRBバーナンキ総裁によるQE2(量的緩和第二弾)発言等、市場に大きな
影響を与えた経緯があるためです。


 今年は、明日24日から26日まで開催される予定ですが、25日に登壇す
るECBのドラギ総裁が注目のECBによる量的緩和の出口の時期とか最近の
通貨ユーロの相場反発等について言及するか?
 同じく25日登壇のFRBイエレン議長が物価動向について触れるか?
 その辺りが注目されています。黒田日銀総裁も出席されるようです。

 夏休みをはさみ、9月に再開される両国の金融政策決定会合へに向かって、
何かヒントを探りたいのが市場の本音でしょう。ただ、8月16日のロイター
報道では、ドラギ総裁は金融政策に関する新たな見解は示さないと伝えられま
した。
 前回のECB理事会後にも「QE出口については9月以降に議論する」との
ことではありました。それでも、小粒でも何かヒントが欲しい、と市場参加者
は耳をそばだてるのではないでしょうか。


 既に、QE縮小方向を反映して通貨ユーロは対米ドルで、2015年年初の
急落以来続いていた1.05~1.15のレンジ相場を上抜けして一時1.1
9台をつけ、現在は1.17ドル水準でスピード調整中です。
 ユーロを対米ドルで急速に上抜けさせたのは、ECBの金融政策の方向の変
化、米国の状況(政治、金融政策)の二つの要因に加えて、北朝鮮絡みの地政
学的リスクが背景にあるでしょう。

 対円においても、今年は安値115円水準から直近高値131円をつけるな
ど、今年のドル安はユーロ独歩高で引っ張られてきました。

 2年半に渡るユーロの下落圧力で累積したエネルギーを考えると、スピード
調整が済ませた後、本格的な反発はこれかららかもしれません。現在の1ユー
ロ=1.17台から1.20を通過、1.25~1.30ゾーンまでの反発の
可能性は中期的には否定できないと思っています。

 地政学的リスクも孕む円が(円高に)伸び悩む一方で、ユーロ円相場も上値
を試していく潜在性が高いように思います。


 一方、米国の物価動向については、7月の金融政策決定会合(FOMC)の
議事録から、インフレの低レベル状態が一過性なのかどうかについて、理事た
ちが判断に時間を要している様子が伝わりました。
 年内の米国の利上げの確率は更に低下、9月のFOMCでは99%程度利上
げ無しの予想。12月でも65%程度の確率とみられ、来年早々の会合でも同
じ程度の予想です。今後も引き続き、物価動向に注目が集まりそうです。


 最後に、ドル円相場です。

 8月に入ってからのリスク回避モードの市場でも円相場は108円をキープ、
一方で16日に反発した際には110円95銭まで上昇しながらも、111円
が今の重石になり、ドル反落。108円~111円のレンジ内での動きに終始
しています。
 ドル安基調ではありながら、日本の金融政策の状況(異次元緩和の出口は見
えていない)も、地政学的リスクへの意識が働き、ドル安の受皿通貨としては
難しいように思います。


 来週から9月に入り、金融政策への関心も高まるでしょう。一方で、引き続
き、諸々の政治的な騒音も続くでしょう。経済動向をしっかり見て、相場の背
骨を見失わないようにして行きたいと思っています。

 最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。


※8月23日東京時間13:00執筆
 本号の情報は8月22日のニューヨーク市場終値ベースを参照しています。
 なお、記載内容および筆者見解は参考情報として記しています。


式町 みどり拝


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/phaeuounio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「負債のマネジメント、していますか?」


 マネーライフプランニングCFPの梶原真由美です。


 東京は記録的な長雨が続きました。
 みなさん洗濯物が片付かずに困ったのではないでしょうか?


 私もそうだったのですが、最近思い切って買い換えた洗濯機の乾燥機能が活
躍してくれました。
 洗濯機の乾燥機能はオマケ程度の性能なイメージがあったので驚きました。
 家電製品の進化スピードは早いので、ある程度の頻度で買い換えたほうが良
いのかもしれませんね。


 さて、今日は住宅ローンのお話です。


 先日、知人の住宅ローン専門ファイナンシャルプランナー、平井美穂さんが

「銀行が行う住宅ローン審査・不動産担保評価の裏側」

というセミナーを開催したので足を運びました。

 平井さんはマンション販売会社、銀行で審査・融資業務、モーゲージバンク
(住宅ローン取次会社)と15年間もの間、住宅ローン業務に携わって来た専
門家です。

 売り手・貸し手、両方の立場でマイホーム購入をサポートしてきた経験を基
に業界の裏話を色々と説明してくれました。


・銀行員が融資を検討する際、どんなことをチェックするのか?

・銀行は不動産担保評価をどんな基準で行っているのか?

・マンションの値決めはどのようにしているか?

・完売出来なかったマンションの末路

 どの話もとてもリアルで面白かったです。


 私もファイナンシャルプランナーですが、住宅ローンの専門家ではないので
平井さんはプロが頼りたいプロだと言えると思います。


 勤労世帯の約4割が住宅ローンを抱えていると言われています。
 億近読者の方も住宅ローンを抱えている方は多いのではないでしょうか。

 マイホームを所有している方の個人のバランスシートを作成してみると、
以下の形がポピュラーです。


資産  /  負債

預貯金    住宅ローン
株式
債券

不動産    純資産


 アセットマネジメント(資産運用)は億近のテーマでもあるので、みなさん
勉強されていると思うのですが負債についてはいかがでしょうか?

 負債=資金調達と置き換えることも出来るので、負債について、マネジメン
トをすることは、資産をマネジメントする事と同じくらい重要な話です。


 例えば、よくある質問だと

「退職金が2,000万円あるのですが、住宅ローンを返済すべきでしょうか?」

といった内容です。


 答えはシンプルで、

 住宅ローンの借入金利よりもリターンが得られるのであれば、住宅ローンを
返済する必要はない。

となります。


 負債=資金調達と考えると、住宅ローンというのは低金利で借入が出来る優
良な資金調達先と言えます。

 しかし、住宅ローンも固定・変動のみならず、10年固定等さまざまな商品
が販売され、年々複雑化してきております。
 住宅ローンについて理解し賢く利用する事はファイナンス的にも重要ではな
いでしょうか。


 最後に平井さんの書籍をご紹介します。

住宅ローン 借り方・返し方 得なのはどっち?
http://amzn.to/2ipTDbS

・「新築マンション」「中古の戸建」ローン審査が通りやすいのは?
・スマホの代金は借金に含まれる?含まれない?
・転職したばかり。住宅ローンは借りられる?無理?
・繰り上げ返済と教育費の貯蓄、どっちをどう優先する?
・金利の引き下げは交渉できる?できない?

 住宅ローンを借りる時、返済途中で私たちはさまざまな選択をしています。
 その時々で最良の選択をする為のサポート本となるのではないでしょうか。

 これからマイホームを購入する方はもちろん、返済中の方にもオススメの一
冊です。


株式会社マネーライフプランニング
パートナーCFP(R) 梶原 真由美


【梶原真由美氏のプロフィール】
 隔週水曜連載の小屋洋一氏代表の(株)マネーライフプランニングに所属する、
 保険業界出身のFPです。
 第一子を出産し、ご主人に育児休暇を取得してもらい早々と職場復帰をして
 奮闘中。


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

http://abvom.biz/brd/archives/ahwxrr.html


具体的な老後資金のプランニングをしたい方はこちら
↓(8月はあと先着1名様受付限りです)
http://abvom.biz/brd/archives/oqjjbm.html


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/presouthia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【現金性資産を時価総額の2倍保有!強い収益力とM&A実施で将来収益も期
 待できる低PER低PBRのグローバル企業を研究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、豊富な現金性資産と不動産があり、確実に利
益を生み出す国内外での事業と、有利なM&Aによるさらなる利益向上が期待
できる低PER低PBRの企業を、研究銘柄として掲載しています。


 また、コラムでは、「世界の株式市場はリスクオフに動き出すような気配が
しています。こんな時は財務内容が良く、現在の業績が良いばかりではなく、
将来において現在の売上高を大きく増やす可能性のある新製品を開発している
企業や、どんな景気状況になっても、その企業のサービスがないと日本の経済
が成り立たなくなる強いビジネスを展開する企業の株価も下げる可能性が高い
ので、そんな企業への資金配分を増やしたいと考えてタイミングを狙っていま
す。」と題し、リスクオフによる優良企業の下げが散見できる環境での、する
べき投資行動を実例を挙げながら言及しています。


 関連して、最近の研究銘柄で急騰した銘柄の背景検証や、コラム銘柄の技術
的側面を深耕するフォローアップを行っています。


 加えて、コラムで決算要観察とした最近急騰銘柄の確認と、決算後の下げが
チャンスと考える研究銘柄候補を3社取り上げたほか、新たな研究銘柄候補3
社をピックアップしています。

 金曜日までにお申し込みの方は最新号をお読みいただけます。

 ぜひご購読下さい。


【2016研究銘柄パフォーマンストップ3】

 1月12日~11月22日配信分 全45銘柄 12月16日現在

 1位 エージーピー(9377)+233.33% 3月29日配信
 2位 エージーピー(9377)+213.68% 8月9日配信※
 3位 東京ラヂエーター製造(7235) +117.09% 7月5日配信

 ※この銘柄は2回配信しました。

 パフォーマンス分布
 +100%以上   3銘柄
 +50%~100% 2銘柄
 +25%~50% 14銘柄
 +10%~25% 15銘柄
    0~10%  8銘柄
 0%以下      3銘柄

 42勝3敗となりました。なお、配当・優待は加算しておりません。


 コラム銘柄は、261勝9敗でした。コラム銘柄の最高パフォーマンスは、
 7月26日配信メガチップス(6875)の+121.06%でした。

 コラム銘柄パフォーマンス分布
 +100%以上    1銘柄
 +50%~100% 31銘柄
 +25%~50%  66銘柄
 +10%~25%  98銘柄
    0~10%  65銘柄
 0%以下       9銘柄


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)   http://okuchika.jugem.jp/?eid=6721
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007

過去サンプル(コラム)
・業績に不安が無い企業に投資家が資金を投下し始めた可能性(2016/10/04)
 http://okuchika.net/?eid=6612
・新たな金融政策で、出遅れている日本株の見直しに期待(2016/09/27)
 http://okuchika.net/?eid=6598
・特別掲載 バランス・シートを読むための簡単な知識(2)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4935
・現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/10/30)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235
・現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4245


===================================


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第158号配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第158号が
好評配信中です。


【東証2部・1部昇格想定銘柄チェック!配当200万円/年のポートも!!】


【8/21第158号では】

■相場展望
■特別報告:堅調な推移を辿る東証2部指数(6銘柄)
■炎の注目銘柄動向(7銘柄)
■高配当利回り大型銘柄ポートフォリオ 5000万円コース

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/
 → 申し込みフォーム http://goo.gl/ikAUu3


【8/14第157号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7200


【8/21第158号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7211


==================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、最新~2005年1月分まで掲載しておりますが、
順次過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まと
め読みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」の有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.kaijo.com/
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ