Cinemaの王国

  • ¥0

    無料

自腹で年間100本以上の映画を観るライターが、新作映画を中心に毎週1~2本の映画をバッサリ斬る映画レビュー・マガジン。メジャーな映画雑誌にはないユニークな視点を心がけます。映画ファン必見!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
Cinemaの王国
発行周期
週刊(毎週金曜+不定期の水曜)
最終発行日
2017年07月20日
 
発行部数
1,073部
メルマガID
0000021508
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 映画 > レビュー・映画評

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆
★☆
☆   「Cinemaの王国」  vol.1610(2017. 7.20)
★☆
☆★☆          http://cinemaking.movie.coocan.jp/
★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=======================================================================
このメールマガジンは、自腹で年間100本以上の映画を観る(ぽち)が、映画館
で実際に観た映画の感想を書くマガジンです。
=======================================================================
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【INDEX】
◆1.今週のこの1本!
  ─『ハートストーン』─
◆2.ぽちのひとりごと
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1.今週のこの1本! ~『ハートストーン』~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●『ハートストーン』(HJARTASTEINN)
(2016年 アイスランド・デンマーク)(上映時間2時間9分)
監督・脚本:グズムンドゥル・アルナル・グズムンドソン
出演:バルドゥル・エイナルソン、ブラーイル・ヒンリクソン、ディルヤゥ・
ヴァルスドッティル、カトラ・ニャルスドッティル、ヨーニナ・ソールディ
ス・カルスドッティル
*YEBISU GARDEN CINEMAほかにて公開中。全国順次公開予定
ホームページ http://www.magichour.co.jp/heartstone/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<ストーリー>
アイスランドの小さな漁村に暮らすソール(バルドゥル・エイナルソン)とク
リスティアン(ブラーイル・ヒンリクソン)。幼なじみの彼らは、いつも一緒
に行動する大親友だった。思春期を迎えた2人。ソールは大人びた美少女ベータ
(ディルヤゥ・ヴァルスドッティル)に夢中になり、クリスティアンはベータ
との仲がうまくいくように後押しする。だが、クリスティアンはソールへの特
別な感情に気づき当惑する……。

<レビュー>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
思春期の子供たちの揺れ動く心情を繊細に描く
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
思春期を迎えた少年少女たちを描いた映画。監督は本作が長編デビューとなる
アイスランドのグズムンドゥル・アルナル・グズムンドソン。自身の少年時代
にインスピレーションを得た作品だそうです。

ソールとクリスティアンという2人の思春期の男の子。アイスランドの小さな漁
村に住む幼なじみの彼らは、いつも一緒に行動する大親友。捨てられた廃車を
壊しまくり、そこにあったエロ写真ではしゃいだりするものの、それもあの年
頃の子供にはよくあること。自分の体の変化に戸惑ったり、性的な興味が高ま
ったりするのも同様です。

ソールの父は家を出てしまい、母親はいろいろと男たちとつきあうものの、う
まくいかないようです。また、ソールには年頃の2人の姉妹がいて、彼女たちと
の関係も一筋縄ではいきません。

一方、クリスティアンの父親は暴力的な男で、妻や息子を殴ることも珍しくあ
りません。しかも、彼はゲイを毛嫌いしているようです。このことも、クリス
ティアンの行動に大きな影響を与えます。

ソールは少し大人びたベータという少女に恋をしますが、なかなか告白できま
せん。それを親友であるクリスティアンが後押しして、何とかうまくいかせよ
うとします。

この映画の最大の見どころは、思春期の少年少女たちの揺れ動く心情を描き出
したところです。何気ない日常のちょっとした表情やしぐさから、それを繊細
に切り取っていきます。

特にクリスティアンのソールに対する秘めた思いを、チラリと見せるカメラ
ワークが出色です。それがあるから、後半に用意された急展開が不自然に感じ
られません。

雄大な自然、どんよりした空など、アイスランド独特の気候や風土も、このド
ラマに味わいを加えています。また、死の匂いがつきまとうのも、この映画の
特徴。冒頭では、子供たちが魚のカサゴを「醜い」と罵倒してグチャグチャに
します。その後も、野犬に襲われた羊など、ところどころに死と密接に結びつ
いたシーンが登場します。

その死の匂いはソールにもふりかかります。クリスティアンの父親によって、
半ば強制的に急な崖を下らされて、死の恐怖を身近に感じます。そんな中で、
どんどん不穏な空気が積み重なって、終盤にはある事件が起きます。何とも重
たく、切なく、残酷な展開です。

ソール役のバルドゥル・エイナルソンとクリスティアン役のブラーイル・ヒン
リクソンのキャストが素晴らしい。小柄で黒髪でリヴァー・フェニックスを思
わせるエイナルソンと、金髪の北欧系美少年のヒンリクソンのコンビが、この
映画をさらに輝かせています。

映画のラストでは、カサゴが海に放たれて泳ぎだすシーンが用意されています。
それは、心のままに自由に生きることができなかったクリスティアンを、投影
したものでしょうか。

光も影もある青春時代。その両面を繊細に映し出した胸に迫る映画です。

≪ぽちの満足度≫
★★★☆☆(+1/2★)
(89点)

2017年7月17日(月)YEBISU GARDEN CINEMAにて。午後1時30分の回
                           (ぽち)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2.ぽちのひとりごと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*暑くて午前中で早くもエネルギー切れ。
                  (ぽち)

~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~
☆このメールマガジンは
■『まぐまぐ』  http://www.mag2.com/  ID:0000021508
の配信システムを利用して発行しています。
====================================================================
■週刊「Cinemaの王国」 vol.1610(2017. 7.20)
●編集発行人:ぽち
●登録・解除はこちらからお願いします。
http://cinemaking.movie.coocan.jp/mailmaga/moushikomi.html
 (発行者自身による解除、アドレスの変更等は一切行っておりません。ご面
  倒でもホームページまたは上記メルマガサイトからお願いします。)
☆本誌に掲載されている評価、感想等はあくまでも個人のものであり、特定の
団体、個人等を中傷する意図はありません。掲載された内容に起因するトラブ
ルには一切関知いたしません。また、記事の無断転載はお断りします。
●Copyright(c)1999-2017  ぽち
====================================================================

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ