ランニング&健康・ウォーク「BEST RUN!」

  • ¥0

    無料

ランニングを始めた!マラソンを完走したい!ホノルルマラソンや東京マラソンに出たい!もっとタイムを短縮したい!国際マラソンに出場したい!そんなランナー向けに専門家のトレーニングアドバイス等を毎週お届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
ランニング&健康・ウォーク「BEST RUN!」
発行周期
週刊
最終発行日
2017年10月13日
 
発行部数
8,471部
メルマガID
0000024176
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > その他スポーツ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

======================================================================

  Weekly running advice mail magazine
**━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━**      
BEST RUN!
**━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━**
               
        ☆2017.10.13 Vol.875(毎週金曜日配信 )
      
              配信元: @runner(NPO法人あっとランナー)
                   http://www.runner.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

======================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       
:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。__________________________________

 【今週のCONTENTS♪】


★「トレーニングのヒント2017」 (鈴木 彰)

  ・一流選手から、学べ…!? (8)


 ★「ランニングあんけーと」 

   Vol.875の質問;「ランナーの筋トレ実施調査」

   Vol.873の結果;「ランナーの転倒経験!」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
======================================================================
**━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━**
 ★トレーニングのヒント2017           鈴木 彰
**━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━**


  一流選手から、学べ…!? (8)

  
 体作り

 すぐに思いつくのは筋トレかな、という感じですが、やっぱり、それも含み
ますね。
 
 それと、やっぱりドリルです。動きづくり~と言われますが、動きのみなら
ず、体=筋力アップにもなります。使うべき筋に負荷をかけているわけですか
らね。

 もっというと、ドリルは、使うべき筋に、筋力アップと必要な動き方の両方
の作用を働きかけているスグレモノです。

 この動き方というのは重要で、どこを鍛えるにしても、筋の動きの方向性と
か使い方というのがあるので、その方法を間違えると、筋力自体はアップして
も「使えない筋肉」になってしまうリスクがあるのです。


 ちょっと話が飛びますが、トライアスロンの難しいところは、この筋の使い
方にあります。3種目とも違うわけですからね。

 クロストレーニングとして、バイクやスイムに取り組んでいるランナーもい
るかと思いますが、心肺機能の維持・向上の面では問題なくても、頑張り過ぎ
ちゃって、余計な筋肉がついて困った…みたいな話も普通にあります。

 そういうことで、使うべき筋の筋力をアップさせ、正しい動きを覚えさせる
には、スキップや腿上げ等のドリルが非常に効果的なのです。


 一方、筋トレ。いちばん効果的なのは前回まで解説していた体幹です。流行
りっぽいところもありますが、やはり基本です。 

 体幹というと、腹筋と背筋で終わらせてしまう人もいますが、体の幹ですか
ら、その本来の範囲は広いですよ。背中とかお尻とか、それに体側もです。

 ドリルと体幹の筋トレを連動させるというのは非常に良い取り組みになりま
すね。


 それでは脚部の筋トレは?~というと、これはいろいろ注意が必要になりま
す。まず、そもそも走り込みというのは、「脚をつくる」というように、脚の
筋力(筋持久力)を向上させることも、その目的の1つとしてあるわけです。

 着地する、その1歩1歩に体重がかかるわけですので、それが負荷となって、
ほとんど筋トレと同じようなことになっているわけですね。

 さて、それでは、その他に!筋トレで脚に負荷をかける必要があるのかどう
か~ということになります。走り込み+ドリル+筋トレの総負荷で脚をつくる?

  
 この点では、いろいろな考え方があるというか、状況次第になります。要は
その総負荷=総量の問題です。端的にいうと、走り込みが不足していれば、そ
の分を筋トレでカバーすることが出来る~ということです。不足していれば…
ですけど。

 仮に、自分の耐性的に十分な負荷がかかっているとしたら、それに加えて脚
部の筋トレを実施したらどうなるでしょう?単純に考えると、疲労回復が難し
くなりますね。そう、そこが問題なのです。

 走り込み+ドリル+筋トレの総負荷に対しては、走り込み+ドリル+筋トレ
の総疲労が生じます。そこを上手く回復させて、次につなげていけるのかどう
かって話です。


 どうしても時間の確保が難しく、思ったように距離を踏めない~とか、初心
者で、まだまだ長く走れない~というようなランナーの場合は、脚に筋トレで
負荷をかけることでの効果(メリット)というのは十分に期待できるでしょう。

 一方で、走り込みは順調で、その疲労回復が1つの課題になっている場合は
どうか~。そこに更に負荷をかけるというのは、バランス的になかなか厳しい
場合もあります。

 もちろんこれは、個々のケースによって違いますので、自分自身で判断しな
ければなりません。

 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 大好評発売中! 
/\━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
\eA式マラソン<新常識>トレーニング
 \/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
   鈴木 彰 著  ナツメ社  1512円(税込)             
 ロングセラーとなっている「eA式マラソン<走力アップ>トレーニング」
の事実上の改訂版です。より詳しく、わかりやすくなりました。

   詳細とご購入はこちらから
   http://www.runner.ne.jp/books.htm

☆* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ☆

 すずき あきら
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 NPO法人あっとランナー代表理事 e-Athletesヘッドコーチ 
 JAAFコーチ(日本体育協会公認コーチ) 
 他称;日本を代表するカリスマコーチ!?  拠点;新横浜

======================================================================

**━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━**
 ★e‐Athletesからのお知らせ
**━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━**

         ★メールでトレーニングを個別サポート★

          e‐Athletes(イー・アスリーツ)
        〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓       
        http://www.runner.ne.jp/e-athletes.htm  
         

 <eA式マラソントレーニング>に則り、初心者からトップランナーまで
 ~それぞれのレベル・目標・環境に応じて専任コーチがメールでトレーニ
 ングを個別指導します。


**━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━**
 ★ランニング・あんけーと
**━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━**


★<第875号の質問> 
   └☆ランナーの筋トレ実施調査
 
    ご回答はこちらから―
    http://start30.cubequery.jp/ans-02895395
   
★<第873号の結果> 
   └☆ランナーの転倒経験!


□何かにつまづいて、転倒       〓〓〓〓〓〓〓〓〓・
□他のランナーと接触、衝突して転倒  〓
□歩行者と接触、衝突して転倒     ・
□自転車、バイク等とのトラブルで転倒 ・
□自動車等とのトラブルで転倒     ・
□レースの給水所で転倒        ・
□階段を踏み外して転倒        ・
□下りで勢いがつき過ぎて転倒     ・
□滑って転倒             〓〓
□バテバテ、フラフラで転倒      ・
□動物絡みで転倒           ・
□ハーハー、ゼーゼーで転倒
□フィニッシュ後、バッタリ      ・
□熱中症でバッタリ          ・
□風に煽られて転倒
□体調不良、疾病でバッタリ      ・
□分けも分からず、なぜか転倒     〓・
□折り返しや急カーブで転倒      ・
□転倒経験なし            〓〓・
□その他               ・



<一言いただきました。>
===================================

○ウルトラはそもそもがすり足気味で走っていますが、終盤疲れてくるとさら
 にその足(つま先)が上がらず、なんでもないような段差でつまずき転びます。

○カメラの前でジャンプしたところを撮ってもらおうとしたら、着地のショッ
 クに脚が耐え切れず転倒、恥ずかしかった。自分が思っている以上に脚にき
 ていた。

○今年の冬、雪道(スノーアイスバーン)で転倒。ひじからおちたため、肩鍵盤
 断裂。手術のため、3ヶ月ランオフ。再開三カ月も元には戻らず。

○転んだ結果、タイツには穴があく。転ぶたびに同じところに穴があくので、
 最近は穴開きのまま着用。写真の中から自分を探すのに、重宝してます。


○公園の道路を横切ろうとしたら芝生の所でいきなり転倒。なぜ転倒したか未
 だに分からず‥ 翌日病院行くと左足首靭帯損傷と診断された。痛かった~

○いぶすき菜の花マラソンで、カラーコーンにぶつかって転びました。スター
 トすぐの混乱で全く気付かず。

○走歴が浅い頃、朝JOGで頭がぼーっとした状態で躓いて転倒して怪我をしたこ
 とが2回あります。走歴を重ねて気をつけて走るようになり、バランスも良く
 なって躓いても踏ん張ることができるようになり、転倒することがなくなり
 ました。

○この3か月で2回転びました。何かにつまづいて、と言っても、あとで見ると
 ほんと些細な段差だったり石ころだったりするんですけどね…足が上がって
 ないんでしょうねぇ。以前、顔面強打で大けがをして救急車で運ばれた経験
 が生き、どちらもしっかり受け身をとって転び、すり傷ですみました。

○ランニング中の転倒は無いですが、犬の散歩中(小走り)に転倒。体前面全
 体がアスファルトに叩きつけられ、数分動けませんでした。犬は一人で先に
 進み、散歩を堪能しておりました。

○夏の暑い時期、10k程走った後に300M程続く木陰を見つけたので、ウィンドス
 プリント だぁ!とダッシュしてたら何かにつまづいて転んじゃいました。
 転倒後へこんじゃって、しばらく走る気になれませんでした。

○歳のせいか最近は転倒することが多くなりました。いつも右足を蹴躓いて転
 倒しますので走り方に問題があるかも知れません。

○クロカンコースで切り株に躓いて度々転倒、転倒しそうになります。大人に
 なって転倒すると何故かたいへん悲しい気持ちになります。

○ゴール直前で後ろからランナーが当たってきてハデに転倒。慌てて立ち上が
 りゴールして(数十秒を残して)初サブスリー。あれでサブスリー達成できな
 かったら一生恨んでいたかも。。

○冬の夜明け前にスタートして、街灯がないところに差しかって、歩道の僅か
 な起伏につまづいてコケました。右顔面ズル剥けになりました


===================================

----------------------------------------------------------------------

 自転車の場合、転倒を経験したことのない人は、ほぼいない~と言われてい
ますが、ランニングでも、思った以上の結果となりました。

 コメント欄は、普段の数倍もの書き込みで、転倒自慢?状態…。ああ、やっ
ぱり誰でも転ぶんだ…という感じです。

 けっこう大怪我に発展することもありますので、本当に注意したいところで
すが、そもそも油断して転んでいるわけでもないので、難しいですね。
                                  ☆          
___________________________________

★「BEST RUN!」の購読は無料です。

★「BEST RUN!」のバックナンバーは「@runner」トップページからご覧く
 ださい。http://www.runner.ne.jp

★ご意見・ご感想・お叱りは information@runner.ne.jp まで。
   
★「BEST RUN!」は以下のシステムを利用して配信しています。
購読の登録・解除はこちらから。
      
 『まぐまぐ』   http://www.mag2.com/ ID 0000024176
 『melma!』 http://melma.com/ ID 12138

★発行元 特定非営利活動法人あっとランナー
      
★編集責任者 シットアップ自己ベスト720回の鈴木 彰
      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ