のんびりやろう!情報処理試験!-1問1問コツコツと-

  • ¥0

    無料

情報処理技術者試験の応用情報技術者,基本情報技術者の午前問題を中心にITパスポートやセキュリティ,ネットワークなどの高度区分まで幅広く対応!問題/用語のリクエストも受付中!役立つIT知識を増やしたい方はぜひ。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
のんびりやろう!情報処理試験!-1問1問コツコツと-
発行周期
週3日(月水金)
最終発行日
2018年04月23日
 
発行部数
5,536部
メルマガID
0000024856
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > パソコン・IT系資格 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


▲ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┏┓
┃┃  のんびりやろう!情報処理試験! ~1問1問コツコツと~  ┃┃
┃┃                               ┃┃
┃┃     2018.4.23  vol.3288 http://www.shunzei.com/   ┃┃
┗┛ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ▼

--PR------------------------------------------------------------------

C言語&擬似言語対策の決定版!アルゴリズム力を身に付けるための1冊!

      【改訂3版 基本情報技術者試験 C言語の切り札】
◇      http://www.shunzei.com/book/kirifuda_c.html      ◇
◇◆                               ◆◇
◇◆◇   ロングセラーが待望の大改訂! C言語選択者必携!   ◇◆◇

----------------------------------------------------------------------

        ★ 「月の土地」プレゼントに好評です ★

         夢のギフトとして人気の「月の土地」
    「月の土地」の権利書には日付を入れることが出来るので
        記念日を入れてのプレゼントは好評です!
   満月の日、夜空を眺めるのが楽しくなるそんな素敵な贈り物です
    https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=10G6CP+9TNI42+4T2+60OXF

------------------------------------------------------------------PR--

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今日の問題■☆(等幅フォントで見てね!)
----------------------------------------------------------------------
 四つの装置 A ~ D で構成されるシステム全体の稼働率として、
 最も近いものはどれか。ここで,各装置の稼働率は、A と C が 0.9、
 B と D が 0.8 とする。また、並列接続部分については、いずれか一方が
 稼働しているとき、当該並列部分は稼働しているものとする。

      ┌───┐    ┌───┐
     ┌┤ A ├┐  ┌┤ B ├┐
     │└───┘│  │└───┘│
    ─┤     ├──┤     ├─
     │┌───┐│  │┌───┐│
     └┤ C ├┘  └┤ D ├┘
      └───┘    └───┘

 ア 0.72

 イ 0.92

 ウ 0.93

 エ 0.95






















━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■解答■(出典:H22.秋 基本情報 問19)
----------------------------------------------------------------------
 エ 0.95

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■解説■
----------------------------------------------------------------------
 システム構成に関する問題の特集を続けています。
 今日は稼働率(availability) の問題でした。


 稼働率の問題で、必ず押さえておかなくてはいけないのが
 システムが直列につながった部分と並列につながった部分の
 稼働率の計算方法です。


 システムが直列につながった部分とは、下のような状態を言います。
 図中の R1 とか R2 は稼働率のことです。

    ┌───┐ ┌───┐
   ─┤ R1 ├─┤ R2 ├─
    └───┘ └───┘

   稼働率 R1 と R2 のシステム


 直列部分の稼働率 R(全体の稼働率)は次の式で表されます。

  R = R1 × R2

 # 2つの稼働率を掛け算します。


 また、並列につながった部分とは、下のようなところを指します。

      ┌───┐
     ┌┤ R1 ├┐
     │└───┘│ 
   ──┤     ├──
     │┌───┐│
     └┤ R2 ├┘
      └───┘

   稼働率 R1 と R2 のシステム


 並列部分の稼働率 R (全体の稼働率)は次の式で表されます。

  R = 1 - ( 1 - R1 )( 1 - R2 )

 # 両方稼動してない状態を掛け合わせ、全体(=1)から引いた式です。


 これらを理解していれば、稼働率の計算は全てこの応用になります。

 この問題は、このような並列部分が

     ┌───┐
    ┌┤   ├┐
    │└───┘│ 
   ─┤     ├─
    │┌───┐│
    └┤   ├┘
     └───┘

 2つ直列につながっていると考えることができます。

 したがって、

>    ┌───┐    ┌───┐
>   ┌┤ A ├┐  ┌┤ B ├┐
>   │└───┘│  │└───┘│
>  ─┤     ├──┤     ├─
>   │┌───┐│  │┌───┐│
>   └┤ C ├┘  └┤ D ├┘
>    └───┘    └───┘
>
> (A, C は 0.9,B, D は 0.8 とする。)

 全体の稼働率 = 並列につながれたシステムが直列につながっている

        =(並列部分の稼働率)×(並列部分の稼働率)

        = { 1-(1-0.9)(1-0.9) } × { 1-(1-0.8)(1-0.8) }

        = { 1-(0.1×0.1) } × { 1-(0.2×0.2) }

        = { 1-0.01 } × { 1-0.04 }

        = 0.99×0.96

        = 0.9504

 したがって、最も近い「エ」が正解になります。


 実際のシステムだと、0.95 ではちょっと甘いかもしれませんね(^^;
 0.99 ~ 0.99999 ぐらいは欲しいですね。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆アンケートのお願い◆ 春試験の受験した区分を教えてください。
----------------------------------------------------------------------

 今回も恒例のアンケートを行いたいと思います。
 Web での回答方式で、春試験の受験区分に関するものです。

 コメントも書けますので、試験後の感想も合わせてどうぞ!

 ------------------------------------------------------------------

 【質問】春試験はどの区分を受験されましたか?

 【回答群】

  ・情報セキュリティマネジメント試験(SG)
  ・基本情報技術者(FE)
  ・応用情報技術者(AP)
  ・プロジェクトマネージャ試験(PM)
  ・データベーススペシャリスト試験(DB)
  ・エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)
  ・システム監査技術者試験(AU)
  ・情報処理安全確保支援士試験(SC)
  ・受験しませんでした。

  アンケートの回答は下記のサイトからお願いします。
  よろしければ、試験や試験会場の感想、メールマガジンへのコメントも
  合わせて頂けると、とってもありがたいです。

  http://www.shunzei.com/cgibin/enq/201804/msgenq.cgi

 ------------------------------------------------------------------

 なお、アンケートの回答は本誌上で紹介させていただきますので、
 よろしくお願いします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆お便りコーナー◆ テーマフリーです。ご自由につぶやきをどうぞ。
----------------------------------------------------------------------

 引き続き、試験の感想をご紹介しますね(^^)


 ○エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)

> 午後ができたのかどうか不明です。
> 記述問題の採点は運も関係するのでしょうか。

 試験おつかれさまでした!
 確かに一人で採点しているわけではないですが、
 運は関係ないと思いますよ。



 ○情報処理安全確保支援士試験(SC)

> 3年ぶりにリベンジしました。
> 前回は監督者が残念すぎて、その後しばらく受験する気になれませんでした。
> IPAに問い合わせても・・・な感じでしたし、他の方もおっしゃっていますが
> 監督者の教育、何とかしてほしいですね。
>
> 前回は応用情報合格による午前1の免除があったのですが、
> 今回は午前1からのフル参戦。
> 当時はまだセキュスペでしたが、内容は変わらずですね。
>
> 毎度のことながら年度末~年度初めが最も忙しいので
> 今回は11月ごろから少しずつ時間を作って勉強してきました。
>
> そのおかげか、午前1は7割、午前2は8割でマークミスがなければ通過。
> 午後もiTecの解答速報を見る限りなんだかいけそうな感じ。
>
> 若干、質問の意図から外れているような気もしますが、
> 上手く部分点を得られることを期待しながら6月まで気長に待とうと思います。
>
> もし合格できていたら、秋はネスペでも頑張ってみます!
> これからもメルマガよろしくお願いしますm(_ _)m

 試験おつかれさまでした!
 監督者の話、多いですね。
 まー、アルバイトですし、そういうものだと割り切った方が良いと思いますが。

 11月ごろから準備していたとは、素晴らしい!!
 であれば、今からネットワークの準備もできるのではないでしょうか?
 受かったつもりでがんばってみてください!



 ○プロジェクトマネージャ試験(PM)

> 2年前にセキュリティスペシャリストに合格した際、
> 「次はネットワーク」と書いていたのですが、
> 結局、午前1免除期間のギリギリになって、プロマネ試験を受けました。
>
> 勘が鈍ったというか、ちょっと真面目に勉強したかったというかで、
> 午前2対策は過去問から始めるのではなく、ノートを取りつつ参考書を
> みっちり(一巡だけ)読みました。
>
> 年始から数回の勉強時間で、参考書を読み終わったときには3月も終わり。
> かなり短期間での午後対策となりました。
> 論文は、練習で書ききったのが1回だけ、あとは2~3回程度、
> 見出しを構成してみるのがやっとでした。
>
> 午前2は通っているはず、午後1はギリギリ通過と読んでいます。
>
> 午後1は、3問中2問選択のところを、
>
> 「第1問選択」→「完答(40分経過)」
> →「第2問選択」→「ん? よく分からないぞ?(50分経過)」
> →「第3問にしよう」→「ピンとこないな……(60分経過)」
> →「第2問の方がマシ!」
>
> とふらふらしたので、制限時間はギリギリでした。
> 第1問が高得点を狙えるはずなので、第2問を埋め合わせてくれると
> 期待してます。
> 第2問の計算問題は合っていそうですし。
>
> 午後2、情報処理初挑戦の論文は、正直、出来がよく分かりません。
> 練習原稿も、採点してもらう機会はありませんでしたので、
> 合格水準なのか足りていないのか、分析ができていません。
> 仕事のリアルな話なので、ネットに原稿をさらすわけにもいきませんしねぇ……。
>
> 願わくば合格、そうでなくても、午後1通過で論文の採点をしてもらえることを
> 祈って合格発表を待ちます。

 試験おつかれさまでした!
 午後1、そういうことありますよね。。。
 6割取れていれば突破できるので、期待したいですね!

 論文は僕も何度か受けてますが、よくわからないですね。
 問題文で問われていることを漏れなく書けていれば、大丈夫かと。
 立場が違う目線で書いていたり、全然関係ないことを書くとダメな気がします。



 ○応用情報技術者(AP)

> かなりの回数受験しているので、今回は受かりたいと思っています。
> とりあえず午前は受かっていることは確認しました。
> 午後も自分では解けたとは思っているのですが...早く午後の解答が知りたい。

 試験おつかれさまでした!
 下記のサイトはチェックしましたか?
 100%ではありませんが、だいたいこんな感じかなーっていうのは
 わかりますよ。
 http://www.itec.co.jp/auto_mark



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★これ、おしえてっ!(質問編)★ 回答期限:4月23日(月)の夜まで
----------------------------------------------------------------------
 「この問題がわからないっ!!」という、
 読者からの質問をみなさんに回答してもらおう!というコーナーです。


 今回の質問はこちらです。(出典:H30.春 基本情報 問2)
----------------------------------------------------------------------

 図の線上を、点Pから点Rを通って、点Qに至る最短経路は何通りあるか。

                  
  ┌──┬──┬──┬──┬──●Q
  │  │  │  │  │  │
  ├──┼──┼──┼──┼──┤
  │  │ R│  │  │  │
  ├──┼──●──┼──┼──┤
  │  │  │  │  │  │
  ├──┼──┼──┼──┼──┤
  │  │  │  │  │  │
 P●──┴──┴──┴──┴──┘


 ア 16

 イ 24

 ウ 32

 エ 60


--[回答のめやす(横幅:全角34文字)]--------------------------------
> 1234567890123456789012345678901234
----------------------------------------------------------------------

 早速、春試験からのリクエストです。
 高校生の数学の問題で出てきそうな話ですね。

 これに対する回答(解説)を4月23日(月)の夜までにお願いします。

 このコーナーで取り上げてほしい問題のリクエストも募集中です。
 回答&お便りはこちらからでもOKです。
 http://www.shunzei.com/about/mail.html




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼選択肢で勉強しよっ!▼(答えはこのメールの一番下にあります)
----------------------------------------------------------------------

> ホットスタンバイ(hot standby)方式 って?



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
> *********************** 投稿募集中のテーマ *********************** <
----------------------------------------------------------------------

 ●「これ、おしえてっ!」で扱ってほしい問題のリクエストやその回答
 ●「選択肢で勉強しよっ!」で扱ってほしい用語のリクエスト
 ●「その他、試験などに関するお便り(テーマフリー)」

 ハンドル名を添えて、このメールマガジンに返信して頂ければ届きます。
 WebからでもOK! http://www.shunzei.com/about/mail.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 のんびりやろう!情報処理試験! ~1問1問コツコツと~(週3日発行)
----------------------------------------------------------------------

 編集・発行:しゅんぜい mail_at_shunzei.com (_at_は @ に)
   発送:melma!   http://www.melma.com/  (ID:189)
      :まぐまぐ  http://www.mag2.com/   (ID:24856)

 登録・解除:http://www.shunzei.com/mm/

 ○バックナンバー
 立ち読み  : http://www.melma.com/backnumber_189/
 ダウンロード: http://www.shunzei.com/mm/backnumber.html

 転載について: http://www.shunzei.com/about/disclaimer.html
 広告掲載は mail_at_shunzei.com (_at_は @ に)までお願いします。

----------------------------------------------------------------------
 ○メールマガジンの購読の登録・解除は個人の責任で行ってください。
  しゅんぜいは一切代行しません!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼選択肢で勉強しよっ!の答え▼
----------------------------------------------------------------------

 (基本情報平成30年春問14)の問題文より

> コンピュータを2台用意しておき、現用系が故障したときは、
> 現用系と同一のオンライン処理プログラムをあらかじめ起動して
> 待機している待機系のコンピュータに速やかに切り替えて、
> 処理を続行するシステム

 (セキュマネ平成29年春問44イ)の選択肢より

> 現用系が故障すると、動作状態にある待機系に自動で迅速に切り替える。
> 故障が発生したことを利用者に感じさせないような切替えが実現できる。

 (ITパスポート平成26年春問56ウ)の選択肢より

> 予備機をいつでも動作可能な状態で待機させておき、障害発生時に直ちに
> 切り替える方式

 (基本情報平成21年秋問15ア)の選択肢より

> 待機系は、現用系が動作しているかどうかを監視していて、
> 現用系のダウンを検出すると現用系が行っていた処理を直ちに引き継ぐ。

 (エンベデッド平成21年午前2問9ア)
 (データベース平成21年午前2問20ア)
 (システム管理平成19年問6ア)の選択肢より

> 現用系から待機系へ定期的に送信され、現用系が動作中であることを示す
> メッセージが途切れたとき

 (基本情報平成16年秋問36ウ)の選択肢より

> 待機系のシステムに現用系のオンライン処理プログラムをロードして
> 待機させておき、現用系に障害が発生した場合は、即時に待機系に
> 切り替えて処理を続行する。

 (セキュアド平成15年問3)より

> ホットスタンバイ方式を実現するシステム構成方式はどれか。
>
> イ デュプレックスシステム

 ホットスタンバイ(hot standby)方式とは、システムを冗長化して、
 信頼性を向上させる方式の1つです。

 待機系のシステムも常に稼動させ、現用系のシステムと同期を取りつつ、
 現用系に障害が発生した場合は、即時に待機系に切り替え、
 現用系が行っていた処理を引き継ぎます。

 これに対し、コールドスタンバイ(cold standby)方式では、
 障害が発生してから待機系を稼動させる方式です。

 ホットスタンバイの方がコストがかかりますが、信頼性も高くなります。


=-=[あとがき]=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 この週末、東京はとっても天気が良く、スギ花粉も感じなくなったので
 気持ちの良い週末でした。

 試験も終わって、やっとのんびりできたー!と言う方も
 多かったかもしれませんね。のんびりするには最高の天気でした。

 と言いつつ、僕は友達の家でふるさと納税の返礼品パーティーを
 やっていたりしましたが(^^;;
 天気関係なし。

 今週がんばれば、ゴールデンウィークですね。
 僕もフェスシーズンが始まります(^^)



----------------------------------------------------------------------
◆のんびりやろう!情報処理試験!はこちらから http://www.shunzei.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ