英検 『準1級』 合格おまかせ!マガジン

  • ¥0

    無料

合格への心構え、学習法、こつを、合格体験者のおやじが説く。読者157人(2級と合わせ)が合格。2級以下の受験者にも大いに役立つ。合格読者の喜びの声をHPで紹介。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
英検 『準1級』 合格おまかせ!マガジン
発行周期
週刊
最終発行日
2018年01月14日
 
発行部数
463部
メルマガID
0000025735
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > その他の英語系の資格

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◎創刊 平成11年(1999年)11月
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲第38学期・15便(週刊)-平成30年1月14日   ▲
▲                           ▲
▲     ☆☆☆ 創刊17周年 ☆☆☆        ▲
▲                           ▲
▲ 英検「準1級」合格おまかせ!マガジン        ▲
▲ 1次試験・直前対策便(3)             ▲ 
▲  試験日の1週間前からは、こう過ごせ。       ▲
▲  (直前の「心の準備」で勝利を確実にせよ)     ▲                 
▲                           ▲
▲             bluewoody    ▲
▲                           ▲
▲   ◇平成30年1月21日=1次試験        ▲
▲  ◇平成30年2月18日=2次試験(A日程)   ▲
▲                           ▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

■目次

 ■英語は旅路の彩り=旧「激励のメッセージ」 
 ■本文
 ■このマガジンの心と形

■英語は旅路の彩り=旧「激励のメッセージ」
 
 bluewoodyです。

 1次試験は1週間後に迫っています。
 その直前の今、最も大切なことは、これから試験当日までの自分の
ンドや体調を、試験向きにコントロールしていくことです。
 その具体的な方法を今便でお伝えします。
 「やるのは自分」との強い意思を、いまいちど自分自身に確認して
ください。
 では、いってみましょう。

■本文
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
超要約
1次試験・試験日の1週間前からは、こう過ごせ。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 試験日まであと1週間。

○あなたがこれまでに試験のために積み重ねてきた努力や工夫をしみじ
みと回想しつつ、自分自身を励まそう。

 「自分はここまで努力してきた。よくやった。偉い。素晴らしい。
立派である。あっぱれである。だから自分は必ず合格できるんだ」

と、腹式呼吸をゆっくりとしながら自分自身に言い聞かせる。
 
 この自分への言い聞かせを、朝に目覚めて起床する直前と就寝前の寝
床の中で毎日、繰り返す。

 自分への呼びかけ、言い聞かせが浸透してくるほどに、気分が大きく
なってくる。自信が湧いてくる。明るい気分になってくるのだ。

○試験本番の1週間ほど前から、「昼型」の暮らしに切り替えよ。試験
は日中に行われるのだから。


▼風邪をひくな。
 風邪をひくと、試験場でアタマが働きにくい。
 咳が出て周囲の受験者に迷惑をかける恐れが強い。
 最悪の場合は欠席となる。つまり、これまでの努力の成果を試す舞台
に上がれなくなってしまうのだ。

▼風呂上りの湯冷めに気をつけよ

▼アルコール類を飲み過ぎて酔った結果、布団をかぶるのを忘れて寝込
んではならない。

▼仕事で無理をし過ぎるな(「責任感」は素晴らしいが…)

▼遊び過ぎるな(いろいろな意味で)


○試験日当日と同じ時間配分で、最低1回は「自宅模試」を敢行せよ。
 時間帯は異なってもいいが、1回分を規定時間で一挙に試すのが
 基本だ。材料は過去問題が最適。
 あなたの心身はこうして「本番モード」に切り替わっていく。

○自分でつくった語彙帳などがあれば、これを一冊分、最後まで「軽く」
 通読しておけ。この段階では、眺める程度でよい。

○1日に1回、過去問題の「リスニング問題」を聴け。
 時間がなければ、少しずつに分けて聴く。一度にすべて聴かなくても
 よい。要するに耳を慣らすためだ。

○英字新聞の「見出し」を眺めて、記事内容を推察する訓練をせよ。
 余裕があれば、本文を軽く読み流してみる。「およその内容が分かれ
 ばよし」-としておく。材料は、インターネットでいくらでも手に
入る。
 これは、1次の「問題2、3」や「リスニング問題 パート2」への
 事前訓練として、すごく役立つ。

○この「直前対策便」を1日に1回は読め。本番への「心の臨戦態勢」
 を強固にするために。


◆試験日の前夜はこう過ごせ。

○試験日の前夜は、過度のアルコールを慎め。
 飲まなければ眠れない人は、軽くにしておく。
 食べ過ぎ、寝不足もいけない。

○試験日の前夜、「風邪かな」との疑いがあれば、無理して直前勉強を
 するな。
 早めに休息を取ったほうが賢い。体調と相談しながら、薬をのんだ方
 がいいかもしれぬ。少量の卵酒がいいという人もいる。

○試験日の前夜、寝る前に過去問題のリスニングを「軽く」聞け。
 ごろりと横になって、あくまで気軽に聴くだけでよい。


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
超要約
当日の「心の準備」が勝利を引き寄せる。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

▲試験当日は、こう行動せよ▲

=====
自宅にて
=====

○出かける前、自宅で軽く過去問題(リスニング)の音声を聴け。耳を
 慣らすために。

○下痢気味なら、「正露丸」をのんでおけ。

○自宅を出る直前、持ち物をリストに従って点検。万全の準備が、安定
 した回答を担保する。

○自宅を出発する前に、正座するか椅子に座して、気持ちを落ち着けよ。
 腹式呼吸をゆっくりとする。次のように思念する。

 「今日の英検準1級試験で、私はすでに合格できました。ありがとう
ございます」
 
 同時に、試験場で問題をすらすらと解いている自分の姿を、具体的に
イメージせよ。

○試験場の寒暖に対応できる身支度をしていけ。
 室内の冷房、暖房が効き過ぎたり、その逆もある。
 女性は、腰から下の「冷え」を予防せよ。

○水か茶(いすれもペットボトルで)を携行せよ。

○雨具を携行せよ。
 駅やバス停から試験場までの途上で濡れるのは禁物だ。

○鉛筆は、断面が角形のにせよ。転がって机から落下しないように。

○鉛筆削り器は、鉛筆を穴に差し込んで回す式のを用意せよ。
 ナイフを持ち込んで、誤って指を傷つけないためだ。
 シャープペンシルも選択肢。

○鉛筆は4本以上、消しゴムは2個用意。1個は筆箱の中に予備とし
 て入れておく。

○時間に余裕をもって家を出ろ。
 途中で何があるか分からない。

======
試験場にて
======

○かなりの時間の余裕をもって試験場に到着せよ。
 時間の余裕は心の余裕に通じる。

○この「1次試験・直前対策便」(1、2、3)を印刷して試験場に持ち
込み、黙読せよ。
 読んでいるうちにあなたは「よし、できる」という戦闘モードに入っ
ていくだろう。
 同時に、回答のこつを再確認できる。

○試験開始の合図があるまでの数分間、静かにゆっくりと「腹式呼吸」
 を繰り返せ。
 次のように思念せよ。
 「私は今回の英検試験のすべての問題に、手際よく答えて合格するこ 
 とができました。ありがとうございます」

======
戦闘開始
======

○開始の合図が出たら、心の中で「よーし、できた」と気合いを入れて
 から回答を始めよ。

○問題ごとの自分の「基準回答時間」につねに気を配っている「もう
 一人の自分」を意識せよ。
 「懸命に回答行動に取り組む自分」と、「これをクールにながめて
 時間配分を調整する自分」
 この「二人の自分」の協働が、合格をもたらす。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★超重要事項
リーディング問題の回答を終えたら、記入漏れがないかどうか、さっと
 見直せ。

すかさず、リスニング問題の印刷してある部分(選択肢など)を早読
 みし、質問を想定する作業に取り掛かれ。

 これが、「選択肢など前もって読み」のテクニックだ。
 これができたら、リスニングの成績は格段にアップする。


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
超要約
「自分」を信頼せよ
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


▼合格への意思を、より強固にせよ

 受験するからには、必ず合格するつもりで試験に臨め。特に、合否の
境目あたりにいると自覚している人は、この「強い気構え」が成功への
必須条件だ。

 「よし、気合いを入れて始めるぞ」

▼自分を信頼する

 得点のために大切なことは、これまでにすべてお伝えしたと思う。

 試験直前の今、必勝に向けた「心の構え」の重要さに絞って、
私bluewoodyからのメッセージを、以下あらためてあなたに贈る。

=========

 私bluewoodyに言わせれば、読者の皆さんが、「英検準1級」
という、やっかいな試験を目指す決意をし、このメールマガジンととも
にここまで努力と精進を重ねてきたことは、とても尊いことなのである。

 あなたは、己の中にある「挑戦への熱意=向上への意思=向上心」に
突き動かされて、苦難の長い道を粛々と歩み続けてきたのだ。

 あなたの「決意と行動そのもの」が、実に賞賛に値するのである。
尊いのである。

 合格への自信は、この事実から発するはずである。

 ならば「1次試験では、自分の力で、ゆうゆうと合格できた」-と、
心に決めつけてしまうことに、何の不都合があろうか。

 この「プラスの決めつけ」により、あなたは自分自身を素晴らしい存
在だと、ますます思えるようになる。

 このような自己への信頼が、試験現場での実力の出し切りと冷静さを、
実際に担保するのだ。

 このメルマガを几帳面にも毎週読んでくれていること自体も、
あなたの「挑戦への熱意=向上への意思」を証明している。

 あなたは今日まで頑張ってきた。
 素晴らしい。
 ならばその成果を、試験日に最高に発揮できないはずがあろうか。

 なにかを達成しようとする際、「心の構え」は何よりも不可欠だ。
 
 なぜならば、どんなに技術を身に着けようと、練習を繰り返そうと、
最後のきわどい瞬間に結果を決定的に左右するのは、「成し遂げるぞ」
という強靭な「心の構え」であるからだ。

 「心の構え」とは、あなたのこれまでの努力を試験現場で「実体化」
(bluewoodyの造語)するために「合格できた自分」を強くイメージす
ることだ。


====================
「合格できた自分」を強くイメージする。
====================

 「合格できた自分」を強くイメージする。

 「私は英検準1級の試験に合格できました。ありがとうございます」
と、自分に向かってつねに語りかける。
 合格できた時の「よい気分」もイメージしよう。

 電車に乗っている時でもよい、便座に座っている時でもよい、茶
を飲んでいる時でもよい。

 とにかく、「私は英検準1級の試験に合格できました。ありがとうご
ざいます」と、つねに自分に語りかける。
 その時の「よい気分」もイメージする。

 ちょっと面倒かもしれない。
だが、本番まではどうせ、数日しかない。
 たいした作業ではない。

 上記の方法を実行することにより、自分の心が「その気(本気)」に
なっていくのが分かる。これは事実だ。

「その気(本気)」こそ、本番での粘りを担保してくれるのだ。
 本番では粘りこそ勝利への鍵だ。言い換えれば、あの大量の問題をこ
なしているうちに嫌気がさして気が抜けたら、減点への道は始まってい
る。
 粘る気持ちが抜けたらおしまいだ。

 最後まで問題に食いついていく。
 めげずにとにかく時間内で最大の力を出し切る。
 この粘りは、「その気(本気)」だからこそ発揮できる。
 
 ここまで歩んできた自分自身を誇りに思おう。

 誇りを胸に試験現場へ向かうのだ。

 矜持(きょうじ)とは、自信と誇りだ。

 目的(合格)の達成には、強い矜持が要る。

 1週間後の1次試験には、あなた自身のこれまでの努力と頑張りで
培った「矜持」をもって臨んでいただきたい。

 1次試験を力強く乗り切ったあなたを、1月21日からお送りする
「2次試験・直前対策便」が待っている。


■英検「準1級」合格おまかせ!マガジン 心と形

@歓迎の言葉
 ようこそ、英検「準1級」合格おまかせ!マガジンへ。
このメルマガは、筆者の長い受験体験と総括から導き出した、
英検合格への水先案内人。航海士は、あなた自身である。

@発行目的
 ▼英検「準1級」、英検「2級」合格を目指す人を、強力に支援する。
合格への「心構え」と「こつ」を、分かりやすく解説する。

@構成
 ▼総合戦略編
 ▼1次試験・各問撃破編
▼2次試験・突破編
▼1、2次試験・直前特別便

@読者
▼次のような人の役に立つ。
・「準1級」、「2級」に挑戦する人。
・なにがなんでも合格したい人。
▼伝授すること。
・英検合格に向け「得点を増やす具体策」
・英語の地力の養い方
・英語の効果的な学習法
・英検の各問題を効率的に解く方法
▼際立った特長。
  ・英検試験の本番前に、「直前対策特別便」で、得点を増やす
「構えと技」を、具体的に伝授する。

@HP(新着情報、筆者紹介、登録、解除)
英検「準1級」合格おまかせ!マガジン
 http://eiken.essay.jp/index.html
http://www.geocities.jp/bluewoody/

@発行者bluewoodyのアドレス。
 bluewood@crocus.ocn.ne.jp
(了)++++


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ