英検 『準1級』 合格おまかせ!マガジン

  • ¥0

    無料

合格への心構え、学習法、こつを、合格体験者のおやじが説く。読者157人(2級と合わせ)が合格。2級以下の受験者にも大いに役立つ。合格読者の喜びの声をHPで紹介。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
英検 『準1級』 合格おまかせ!マガジン
発行周期
週刊
最終発行日
2018年06月17日
 
発行部数
457部
メルマガID
0000025735
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > その他の英語系の資格

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◎創刊 平成11年(1999年)11月
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲第39学期・17便(週刊)-平成30年6月17日   ▲
▲                           ▲
▲     ☆☆☆ 創刊18周年 ☆☆☆        ▲
▲                           ▲
▲ 英検「準1級」合格おまかせ!マガジン        ▲
▲ 2次試験・直前対策便-第2便(全3便)       ▲
▲                           ▲
▲    1-絵の解釈さえできれば、勝ったも同然     ▲
▲    2-「問われたこと」に適確に答えよ      ▲
▲    3-回答の重要ポイント            ▲
▲    4-試験現場での構え方            ▲
▲    5-模擬試験(体験)は決定的に重要だ     ▲
▲                           ▲
▲             bluewoody    ▲
▲                           ▲
▲   ◇平成30年6月3日=1次試験         ▲
▲  ◇平成30年7月1日=2次試験(A日程)    ▲
▲                           ▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

■目次
■英語は旅路の彩り=旧「激励のメッセージ」
■本文
■このマガジンの心と形

■英語は旅路の彩り=旧「激励のメッセージ」

▼最後まで丁寧な気持ちで。

 試験現場では、「もうだめだ」とか、「もういいや」というマイナスの
感情を抱かないようにしよう。
 マイナスの意識や感情を排して、「1点でも多く取る」という構えを
自分に徹底させておこう。
 つまりは、あきらめ、投げやりの気持ちを捨てる。「最後まで丁寧に仕
上げるぞ」との気持ちを持つべきだ。いわば、木工品を最終工程まで
丁寧に仕上げる気構えを持っておこう。

▼完璧な回答など、ありえない。基本をおさえた回答を目指せ。

 2次試験とは、
「4コマ漫画に描かれた状況をすばやく把握し、これを言葉で合理的に
描写する作業」
「試験官の問いに、その場で臨機応変に回答する作業」
である。

 このような微妙な作業だから、受験者が発する回答がまったく同じも
のになることはあり得ない。
ということは「これ以外はない完璧な回答」というものはないのだ。

 ゆえに、あなたは「完璧な回答」を意識する必要はない。「完璧」「完
全」を意識すれば、思考は硬直し、無用の緊張を招く恐れがある。
 だからこの際、「完璧」「完全」な回答を意識するのはやめにしよう。

 あなたが2次試験で意識すべきは、「基本をおさえた回答」である。
何が「基本をおさえた回答」かは、私bluewoodyがこのメルマガで縷々
(るる)、提唱してきている。

 繰り返すが、2次試験では「完璧」「完全」な回答を意識せず、「基本
をおさえた回答」を意識しよう。

 基本をおさえつつ、自分なりの表現で回答する-ということだ。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
最もいけないのは、ミスを犯すことではない。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 試験現場でミスを犯したことを気にし過ぎて、不安に襲われ、さらに
ミスを重ねてしまうこと。これがいけない。

試験の途中で「ミスを犯したな」と感じても動揺しない。即座に訂正し
て、次の段階へ意識を切り替えることのできる柔軟性を養っておこう。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
直前のこの期間、心身を試験に慣らせ。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 試験本番直前の今は、得点増のチャンスだ。心地よい緊張感がみなぎっ
ているからだ。

 直前での訓練の肝(きも)は、「自分の心身を試験に慣らす、馴染ま
せる」ということに尽きる。

 過去問題に挑んで対処法を自分なりにあれこれ工夫しよう。心、アタ
マ、体を「受験モード」に切り替える。わずかな時間でもよい。毎日、
過去問題に「親しむ」時間をつくる。

 音声を聴く。絵を見る。模範解答を口に出して読む…。
わずかな時間でもよい。まったくしないのに比べると雲泥の差がある。

忙しいなら、試験問題をながめるだけでもいい。

■本文

 「2次試験での回答の本質(真姿)は、知的な一人演技である」と、
我々は既に見切っている。この構えを基本にして、問題を攻めてみよ
う。

 以下、すでにお届け済みの「2次試験突破編」を元にしていることを
お断りしておく。

今回は、英検協会が公表しているサンプル問題を例として解き方を示す。
http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/virtual/grade_p1/pdf/grade_p1.pdf

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
1 絵の解釈ができれば、勝ったも同然。       
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

■まず、指示文をさっとよむ。

「ある女性の話。その女性は、人々が道路で喫煙するのをやめさせたい
と願っている」

 次に、「出だし」読む。さらに、各コマを見ながら、そこで語るべきこと
は何か-と考えながら、全体の構成を考える。

 考えるための制限時間は1分間である。

 ではいってみよう。

「ある日、ある女性が出勤の途中だった」

■第1コマ

「その駅を出たところで、彼女の前を歩く男性が喫煙していた。」

●ポイント
・「Central Station」は場所の指定だから見逃さず、ナレーションに取り
込む。この場合は「the station」。

「その男性が手にしていたタバコによって、偶然、彼女の上着の一部が
焦げてしまった」
「彼女は困惑した」

●ポイント
・男性のタバコの火が女性の服に燃え移るところに注目。
・絵の中で通常の状況と変わっている点はないか-と目を光らせよう。

■第2コマ

「翌週、彼女は歩行中の喫煙を止めさせる運動(キャンペーン)」に加わっ
ていた」

●ポイント
・「翌週」という、コマ内の指定文は、必ず取り入れる。
・この第2コマの女性が、第1コマの女性と同一人物であることに気づ
かなければならない。
しかし、第2コマの女性の上着の色は、第1コマの女性のそれと異なっ
ている。だから、別人と解釈してしまう恐れも無きにしも非ず。
要注意だ。

「彼女は、通りがかりの人々に、彼ら(運動している人たち)の要望を
支持する署名を求めていた」

●ポイント
・解答例には「請願」(petition)が使われている。しかし、この語彙を
知らない場合は、次善の策として「要望」(wish)でもよいのではないか。

「喜んで署名してくれる人たちもいた」

●ポイント
彼女が署名を求めているのだから、これに対する人々の反応も語るべき
だ。

■第3コマ

「6か月後、彼女は、作業員たちが駅の近くに喫煙場所を造っているのを
目にして、喜んだ」

●ポイント
・6か月後」というコマ内の指定文は、必ず取り入れる。

「歩行中に喫煙したら1000円の罰金を取られる-と知らせる看板も
設置された」

●ポイント
「看板」の英語はなかなか思いつかないかもしれない。解答例はsignと
している。この語彙が浮かばなかったらnoticeでもなんとかなりそう。

■第4コマ
「しかし数日後、彼女は喫煙場所を通ったとき、そこから大量の煙が出
て来ているのを見た」

●ポイント
・「数日後」というコマ内の指定文は、必ず取り入れる。

「通行中のほかの幾人かは、咳をしていた」

●ポイント
・解答例は「咳をしていた」とある。ただ、このイラストは見ようによっ
ては、「(煙が)臭いなあ」と言っているようにも見えるので、要注意。
・コマをよく観察して、情景を描写する。

さて、ここまで見てきて、いかがだろう。
1 話のつじつまが合い、
2 イラストから逸脱せず、
3 「落ち」が明確なストーリー、
ができただろうか。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
2 問われたことに対して正確に答える         
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

▼「問われたこと」に正確に答える。

 次は、4コマ漫画についての4つの質問を、試験官が発する。あなた
は、質問に的確に答えていかなければならない。

■設問1
第4コマを見よ。あなたがその女性だったとしたら、何を思うだろうか。

私は思うだろう。
「私たちの運動(キャンペーン)は、まだ成功していないわ(問題を
解決していないわ)。
すべての公共のスペースで禁煙にする方がいいようだわ。
 この運動(キャンペーン)の本部に、私の意見を寄せた方がいいよう
ね」

●ポイント
・質問は what would you be thinking…..? だから、回答は I would
be thinking… とする。質問文の形式に沿った形で回答する。
あなたが思うことの中身は、直接話法で表現した方が言いやすいだろう。
・第4コマで、問題が解決していないことが判明する。ならば、問題
を解決するにはどうしたらいいのか-という発想で解答を考え出そう。

■設問2
喫煙の危険について、子供たちに警告するために、もっと多くのことが
なされるべきか。

 私はそう(なされるべきだと)思う。
 小学校や中学校の授業で、動画やパンフレットを活用して、喫煙はが
んを引き起こす恐れがあることを訴えるべきだ。
そうすれば、子供たちは安易にタバコを手に取ることはなくなる
だろう。

●ポイント
・「もっと多くのこと」の中身を考え出すのが肝心だ。
ここは常識的に、喫煙の発がん性訴える-ということになろう。

■設問3
日本の犯罪率は将来、高くなる-とあなたは思うか。

 いえ、そうは思わない。
 人々は、犯罪の怖さ(危険性)について、十分に認識しつつある。
 ボランティアによる地域のパトロールや監視カメラの設置などが社会
で進んでいる。
こうした取り組み(努力)は、犯罪率をより低くするのに役立つだろ
う。

●ポイント
・Do you think…? と質問しているので、解答は yes か no を、
必ず用いる。
・このような社会的な設問に答えるには、日頃、新聞などで幅広く情報
収集していくしかない。
少なくとも社会の動きに関心を持っていることが大切だ。

■設問4
社会の意見(世論)は、政府の意思決定に影響を及ぼすことができる-とあなたは思うか。

はい。
政府は再選されるためには、人々の支持を必要としている。
だから、十分な数の人々が何かに対して異議を唱えれば、政府はその声
を聴かざるを得ない。

●ポイント
・Do you think…? と質問しているので、回答ではこれに応える
言葉である yes か no を、必ず用いる。
・世論と政府の関係は深く論じだしたらキリがない。ここは、シンプル
に考えるのがベターだ。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
3 回答の重要ポイント。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


質問が問うている内容について、正確に答える
=====================

質問文の形式に対して、これに正しく呼応する形式で答える。
=============================

答は「文」の形で表現する(主語、述語を省かない)。
============================

回答は、ある程度大きな声で、明瞭に発音する。
=========================

「正しい発音」を-「非ネイティヴ」として確実に発音する。
=============================

設問に対して、突飛でない(難しすぎない)、常識的な回答をする。
===============================

正しい文法、語彙、語法を使う。
=====================
第8
身についている慣用表現や熟語を効果的に活用する。
=========================

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
4 試験現場での構え方。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

●1
質問が聴き取れなければ「もう一度質問してください」と頼もう。
もちろん英語で。
===========================

●2
相手(試験官)の目を見る(※にらんではいけない)
================================

●3
前向きな気持ちを見せる。
=====================

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
5 模擬試験(体験)は、決定的に重要だ。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 本番の試験に備えて、本番とまったく同じ時間割で、模擬試験を実行
しよう。一度経験したことを本番で再体験するのと、未体験のまま本番
で初体験することの間には、大きな違い、落差がある。
 やるか、やらないか。

 模擬試験を受けるといっても、2次の場合は、試験官という相手がい
ることなので、ちょっとやっかいだ。理想的には、英検対策を手掛ける
英語スクールで、しっかりした教師に試験官の役を務めてもらうのがい
い。もちろん、試験後に採点と評価をもらう。個人授業だから高額にな
ろうが、優秀な教師であれば、投資する価値は充分にある。

 近くにこんな教師がいなかったら、過去問題を入手する。
これを使って自力で模擬試験をする。

■英検「準1級」合格おまかせ!マガジン 心と形

@歓迎の言葉
 ようこそ、英検「準1級」合格おまかせ!マガジンへ。
 このメルマガは、筆者の長い受験体験と総括から導き出した、
英検合格への水先案内人。
 航海士は、あなた自身である。

@発行目的
 ▼なにがなんでも英検準1級に合格したい-と願う人を、
  強力に支援する。

@構成
 ▼戦略編
 ▼1次試験・各問撃破編
▼2次試験・突破編
▼1、2次試験・直前特別便

@伝授する内容
 英検準1級合格への「構え(方針)」
すなわち、
1 得点を増やすための勉強法。
2 確実に得点するための回答法。

@際立った特長。
 ▼受験者である読者をメンタル面から支えるアドバイスを送る。
 ▼英検試験の本番前に、「直前対策便」を発行。
  本番で得点を増やすコツを具体的に伝授する。

@HP(新着情報、筆者紹介、登録、解除)
 英検「準1級」合格おまかせ!マガジン
   http://eiken.essay.jp/index.html
   http://www.geocities.jp/bluewoody/

@発行者bluewoodyのメールアドレス。
   bluewood@crocus.ocn.ne.jp
(了)++++

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ