相場を知る・より安定した将来設計のために

  • ¥0

    無料

投資運用の基本を押さえれば、やればやるほど上達します。自己責任の時代。相場で飯を食いたい。息の長い相場生活を送りたい。そんなあなたへ、相場のプロからひとこと、ふたこと。。。「生き残りのディーリング」の著者の相場解説!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
相場を知る・より安定した将来設計のために
発行周期
不定期刊
最終発行日
2017年07月31日
 
発行部数
9,886部
メルマガID
0000031054
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資哲学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

▲----------------☆★Free E-Seminar on Trading★☆-----------------

▼----- 2017.07.31 Vol.646 -- 日本人は年金を当てにしていいか? -----

▲ Since 2001.01.13 - 購読者数:まぐまぐ9,934人+melma

━━━━━━━━━━━ Seminar on Trading ━━━━━━━━━━━━
    殿堂入りメールマガジン:「相場はあなたの夢をかなえる」
☆無料版(参照&登録):http://archive.mag2.com/0000031054/index.html☆
「生き残りのディーリング」の著者による経済と相場の解説(折に触れて)
★有料版(\840税込:購読登録):http://www.mag2.com/m/0001111340.html★
まぐまぐ大賞2016:資産運用(予想的中!)第1位(毎週月曜日+3、4回)
━━━━━━━━━━━━【 Dealer's WEB 】━━━━━━━━━━━━━



☆日本人は年金を当てにしていいか?

・年金の繰り下げ支給を、75歳まで延ばす

日本人の老後の経済状態が、世界ランキングで見て
最下位に近い状態に置かれているのをご存じだろうか? 
年金支給額を減らすことで、形としての制度を維持することはできても、
日本の年金はすでに半ば破綻しているのだ。我が国はいったい何を誤ったのか?


大半の日本人は、優雅な年金生活などという大それた夢はもとより、
つましい隠居生活も望めなくなりそうだ。

内閣府の有識者検討会が、公的年金を受け取り始める年齢を70歳より後にも
できる仕組み作りを「高齢社会対策大綱」に盛り込む検討に入ったと
報道された。有識者検討会の改定案を受け、政府が年内に決定する模様だ。

報道によれば、18日の検討会では、座長の清家篤・前慶応義塾長が
「もっと先まで繰り下げ支給の幅を広げる可能性もある」と明かした。
働ける元気な高齢者を支援する狙いで、検討会では、繰り下げできる年齢に
ついて「75歳とか、もっと延ばしてもいい」との意見が出たという。

以下全文参照(図表7枚):
「死ぬまで働く明るい老後」の無残。なぜ日本の年金は破綻したのか?
http://www.mag2.com/p/money/271995


内容:
日本の年金制度とは?
受取開始を繰上げるとどうなる? 繰下げるとどうなる?
65歳で受取ると、平均でいくら支給される?
第1号被保険者、第2号(1~4号)被保険者、第3号被保険者とは?
年金制度は維持できるのか?
問題点は?
年金(GPIF)運用の実態、など。



☆矢口の下記メルマガが、「まぐまぐ大賞2016」を受賞しました。
資産運用(予想的中!)第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/category/asset-hit.html

★相場はあなたの夢をかなえる ー有料版ー
http://www.mag2.com/m/0001111340.html



━━━━━【生き残りディーリング塾 http://s-dealing.com/】━━━━━

エスチャートは相場のタイミングを捉えるのに適しています。出来高急増と
いうのは、誰かが実際に売買を行った結果なのだから、何かが起きていても
不思議ではないからです。

エスチャート・スクリーナーは節目にある銘柄に出会えるチャンスを広げる
ツールです。生き残りディーリング塾ではエスチャートの使い方はもとより、
投資運用のスキルアップに関して、矢口新が出来る限り協力いたします。


【サービス内容】

1)マーケット情報:相場に役立つ経済情報(矢口新のコメント、見方を含む)

2)エスチャートスクリーナー:出来高急増銘柄を探すことにより、谷や山
といった相場の節目にある銘柄に出会うチャンスを得るツール。

3)SBBR(エスチャート・ブル・ベア・レシオ):
観察日数8日、3つの基準日のシグナルの総数の比率=行き過ぎを判断

4)生き残りTV:いつでもセミナー内容などをオンラインで閲覧可。
現在の配信例
・「2013年相場見通し」セミナー (1時間51分 資料付き)
・「エスチャートが可能にする山越え&谷越えトレード」セミナー (1時間
  52分 資料付き)
・「エスチャートによる銘柄選択と売買タイミング」セミナー(1時間26分
  資料付き)

5)電子書籍「円高を止める方法、活かす方法」(矢口新、東洋経済新報社
刊、1995年)の閲覧


【会費】

入会金:なし
3ヶ月契約:9,975円
6ヶ月契約:18,900円
1年契約 :35,700円
(全て税込み)


※新規入会はこちらから:(運営:ZuluTrade Japan株式会社)
http://s-dealing.com/entry.html


※無料情報もあります。
・エスチャート30銘柄
・トレードセンス養成講座
お申し込みはこちらから→ http://s-chart.com/


※ZuluTrade Japan株式会社へのご質問はこちらから承ります。
https://www.directform.info/form/f.do?id=2089

1ヶ月契約:3,500円、入会金もないので、まずはサイトをみて頂ければ幸い
です。


-----------------生き残りディーリング塾運営者情報-------------------
ZuluTrade Japan株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1058号
加入協会/一般社団法人日本投資顧問業協会
金融商品取引法に基づく表示についてはこちら:http://s-dealing.com/risk.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



【購読会員募集】

☆「相場はあなたの夢をかなえる ー有料版ー」の読者を募集しています。

まぐまぐ大賞2015:Money Voice賞(毎週月曜日+週3、4回のフォローアップ)

・購読料:1カ月 ¥840(税込);1部当り¥40以下
【会員登録・サンプル版】http://www.mag2.com/m/0001111340.html
 購読申込当月の購読料は無料(解約可)

※当メルマガは、投資教育を目的としており、運用助言ではありません。



★電子メールマガジン:「毎日、数行!マーケット情報で学ぶ経済英語」

経済、相場英語を「生き残りのディーリング」の著者が解説。日々の海外市
場のニュースを通じて、英語と相場を学びましょう

・無料(参照&登録):http://archive.mag2.com/0000142830/index.html



【執筆者著書紹介】:http://aratayaguchi.web.fc2.com/



---------------------------- 免責事項 ------------------------------

本メールマガジンは教育的な目的で用いられるものであり、
 売買の注文をすすめるものではありません。 
また、投資を斡旋・推奨するものでもありません。

━━━━━━━━━━━━【 Dealer's WEB 】━━━━━━━━━━━━━
電子メールマガジン:「相場を知る」 Vol.646 2017/07/31
マガジンID: まぐまぐ:0000031054、melma:m00108140
執筆者: 矢口 新
Homepage:http://aratayaguchi.web.fc2.com/
S-Chart:http://s-dealing.com/
Blog:http://ameblo.jp/dealersweb-inc/
E-mail: dealersweb@infoseek.jp
★All Rights Reserved by A.Yaguchi

★メールマガジン解除、アドレス変更の方はこちらでお願いします。
http://archive.mag2.com/0000031054/index.html
※変更の場合は、旧アドレスを解除して頂いた後、
新アドレスで再登録という形になります。

★このメールマガジンはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』
(http://www.mag2.com/)と、『melma』(http://www.melma.com/)
を利用して発行しています。
━━━━━━━━━━━━【 Dealer's WEB 】━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ