一新塾ニュース~今のニッポンを変えろ!

  • ¥0

    無料

94年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾(社会起業・政策学校)。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へとっておきの市民の知恵をお届けします。市民力で社会一新しませんか?

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
一新塾ニュース~今のニッポンを変えろ!
発行周期
月2回以上
最終発行日
2018年01月16日
 
発行部数
3,322部
メルマガID
0000058219
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > 団体全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

一新塾ニュース~今のニッポンを変えろ!

【第671号】発行日:2018年1月16日
  http://www.isshinjuku.com

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

(もくじ)
■ 塾生活動レポート

『ホームスクーリングで輝く未来プロジェクト』

      一新塾第39期 東京本科 小沼陽子

■予約スタート!「一新塾体験セミナー&説明会」
◎東 京:3月10日(土),14日(水),17日(土)
◎大 阪:3月24日(土)
◎名古屋:3月25日(日)
◎仙 台:5月3日(木祝)
◎通 信:随時、お電話で個別説明します。
→ http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

■一新塾の新刊発売!
『人生と社会を変える「根っこ力」政策提言・社会起業・市民活動』
   ご購入はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4863591306

==========================================

メルマガ読者の皆さま、こんにちは。一新塾の森嶋です。

今回は、2017年11月に一新塾第39期を卒塾された小沼陽子さんの
メッセージをお届けいただきます。

小沼さんは、毎週のように茅ヶ崎から東京の一新塾教室に通っていただき、
一新塾で出会った同志と共に、「ホームスクーリングで輝く未来プロジェクト」
を立ち上げました。ご自身の体験を原点に、地元藤沢市において町全体で
ホームスクーリングを支援するモデルを創ろうと奮闘されています。

小沼さんの志を生きる挑戦をお伝えさせていただきます。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
塾生活動レポート

 『ホームスクーリングで輝く未来プロジェクト』

         一新塾第39期 東京本科 小沼陽子

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


●平穏な生活に変化が起きたのは7年前

 私は神奈川県藤沢市に住み、夫と長男(13歳)と長女(10歳)の
4人家族です。20年勤めた職場を昨秋に退職し、現在は専業主婦です。

 私は優しい両親のもとで湘南の自由な気風の中、のびのびと育ち
ました。スポーツが得意で中学時代はバドミントン部の市内引退試合
で優勝しました。勉強も嫌いでなく大学は推薦で入学し、就職も
スムーズに決まりました。職場は金融系会社の新規事業部で、その
事業部が就職して2年目に分社化される事が決まり、社内起業的な
貴重な経験をさせて頂きました。新会社の設立・成長に向け、仲間
とともに夢を語りながら毎日遅くまで働いた経験が私の仕事に対する
原体験となっています。いわゆる世間一般的にみてそれなりに上手く
いっている人生を送っていました。

 そんな生活が一変したのは、長男が小学校にあがり「学校へ行きたくない」
と言い出した事からです。『まさかうちの子が』という思いで一杯でした。
それからは、学校へ行く事を嫌がり逃げ回る息子を毎日無理やり学校へ
連れていく、壮絶な日々が始まりました。


●転換のきっかけ

 ある朝、学校を嫌がり逃げる息子がそのまま13階のマンションから
飛び降りてしまうのではないかという姿を見た時、「私は何をやって
いるのか?」という強烈な思いが胸に走りました。こんなに子供が
嫌がっているのに、これは本当に子供の為にやっているのだろうか?
子供の為ではなく世間体を気にした自分の為にしているんだ、と気づき
ました。

 それからは、学校に行く行かないの前に子供の幸せを一番に考えて、
世間体なんて気にせず我が家は我が子にあった教育をしていくと決めました。

 では、子供の幸せとは何か?と考えた時、これまでの私は、子供の
幸せだけでなく、自分の幸せや本当にやりたい事について真剣に考えて
こなかった事に気づき愕然としました。自分の道を必死で歩こうとして
いる息子の姿から、私は自分自身の生き方をどうするか突き付けられました。


●社会の現状

 今の社会では「不登校児はダメな子」というレッテルを貼られてしまいます。
しかし、だからと言って学校・フリースクール以外で学ぶ完成されたモデル
もなく、そしてこの学歴社会では不登校児童は就職でも壁にぶつかってしまいます。

 不登校児童は一時期減少しているとの見方もありましたが、28年度調査
では小中学校不登校児童数は134,398人で、ここ数年は毎年増加しています。
なお、不登校児の内、フリースクール在籍者数は4,196名(文部科学省
「小中学校に通っていない義務教育段階の子どもが通う民間の団体・施設
に関する調査の結果」)で、不登校児の96%以上が実は家庭で過ごしている
のです。

 我が子も含め最近の不登校児は、学校やフリースクールの様に誰かに管理
された場所は嫌だけど、本当は友達がほしいし、興味のある事はやりたいと
思っている子供が多いです。せっかく昼間たっぷり時間があるのに、昼間
うろうろしていると怒られるのではないかと不安で外出ができません。
また母親も人と会う事を避ける様になり、外出時には帽子やマスクを着用し
隠れて暮らしているような方も多く、親子共に孤立しています。


●社会ビジョン

 私は「不登校児はダメな子」のイメージをなくしたいと思っています。
そして「ホームスクーリング」という学び方も自由に選択できて、ホーム
スクーリングで育ち自分で道を作って生きてきた子供達がいきいきと活躍
できる社会にしたいのです。そこでは子供達は自分の生き方に自信を持ち
堂々とホームスクーリングを実践し、そして母親も子供を応援し、母親自身
も自分のやりたい事に向かって楽しく元気に活動する姿が目に浮かびます。

 そして、地域の公共施設、大学や大学生、地域の大人達、地元企業や業者、
公立学校、フリースクール、塾等、藤沢市全体がホームスクーリングという
学び方を認識し、日中昼間でも偏見なく子供を受け入れられる体制を整え
繋がりのある町になることを強く願っています。その様な環境下であれば、
子供達は安心して興味のある事を学べます。例えば図書館では図書館員さん
に本のアドバイスをもらったり、スキルのあるシニアの方にプログラミング
を習ったり、料理上手のおばあちゃんにお料理を習ったり等々、学ぶ方法は
無限です。


●ホームスクーリングとは

 ホームスクーリングとは家庭を拠点に本人の興味や意欲を大切にしながら
学ぶ方法で、アメリカでは既に170万人以上もの子供達が実践しています。
またアメリカにおける全国学力テストでは、どの科目もホームスクーラーの
平均点が学校へ通う子供達の平均点より高かったという調査結果も出ています。

 ホームスクーリングの最大のメリットは、家にいても「今のあなたでOK」
と親子共に自己肯定感を持つことができ、時間を気にせず興味のある事を
思いっきり探求学習出来る事なのです。


●不登校の本当の問題

 私自身が不登校児の親となってみて分かったのは、不登校親子は社会の
間違った認識や世間からの視線や批判に一番苦しんでいます。そして更には
不登校児本人及びその両親自身が自分はダメな人間だと思っている事が
最も大きな問題だと感じます。


●活動開始

 私達は地元藤沢市において町全体でホームスクーリングを支援するモデル
を創ろうと活動を始めました。

 10月に藤沢市在住で世界的にも有名な82歳アプリ開発者である若宮正子さん
に応援頂いてイベントを開催し、多くの方々に私達の想いを伝える事が出来
ました。そこで出会った仲間達と新しい学び方のアイディアを出し合い、
子供達と一緒に実践し、少しずつ発信も始めました。今後は行政・大学・
地元企業や商店街等の多くの方々と繋がる事で学びの企画を更に充実させ、
一年後には私達が『町のみんなが先生』という学びの場のプラットフォーム
となる事を目指しています。具体的には「定期的な講座」や「プロジェクト
ベースの講座」、そして遠足や親向けイベント等の企画発信・情報共有の場を
創るべく活動しています。


●一新塾での仲間との出会い

 一新塾はどんな考え方もリスペクトし受け入れる雰囲気があるので、自分の
考え方・生き方を安心して表現でき、素晴らしい仲間と出会う事ができました。
仲間の協力を得て「私でも出来るんだ」と思える様になった事が私にとっては
何よりの大きな変化でした。

 今後もこれまで孤立していた不登校児やその両親と地域の方々を繋げて
新しいコミュニティを創り、大人も子供も自分らしくいきいきと生きやすい
町作りに向け、仲間や子供達と共に活動を続けていきます。


◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

【 予約スタート!参加者募集! 】

東京・大阪・名古屋・仙台
「一新塾 体験セミナー&説明会」
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

一新塾は第42期が、2018年5月に開講します。
一新塾体験セミナー&説明会がいよいよ3月よりスタートします!

人生と社会を変える根っこ力。

今、時代が求めるのは、「根っこでつながる力」。
志を軸に、仲間と真の協働を果たすことができるか。

「社会起業」「市民活動」「政策提言」で未来創造に挑んでみませんか?
そのヒントが一新塾体験セミナー&説明会で学べます。
ぜひ、ご参加ください。

●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●志を生きるロールモデルの30人の講師
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論
●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介!

講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)
テーマ:「人生と社会を変える“根っこ力”!」
参加費:無料
申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

----------------------------------
【東京本科 体験セミナー&説明会】
----------------------------------

日時:
2018年3月10日(土)15:00~17:45
2018年3月14日(水)19:30~21:45
2018年3月17日(土)15:00~17:45

※現時点で決定しているスケジュールです。
ご都合あわない方はこの先も予定しています。

会場:一新塾セミナールーム
(住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
(地図)http://isshinjuku.com/map.html

申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

------------------------------------
【大阪地域科 体験セミナー&説明会】
------------------------------------

日時:
2018年3月24日(土)13:00~15:45

会場:難波市民学習センター
(住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階
(地図)http://www.osakademanabu.com/namba/

申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

--------------------------------------
【名古屋地域科 体験セミナー&説明会】
--------------------------------------

日時:
2018年3月25日(日)13:00~15:45

会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター)
(住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
(地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

------------------------------------
【仙台地域科 体験セミナー&説明会】
------------------------------------

日時:
2018年5月3日(木祝)13:00~15:45

会場:トークネットホール仙台(仙台市民会館)
(住所)仙台市青葉区桜ケ岡公園4番1号
(地図)http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm

申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


-----------------------------------
【通信科 電話での個別説明 】
-----------------------------------

ご多忙な方、上記地域以外の方を対象に通信科をご用意しています。
随時、お電話での個別説明を10~15分程度させていただきます。
(東京・大阪・名古屋・仙台での説明会へのご参加も大歓迎です)

申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


【講師プロフィール】

森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

1964年生まれ。1988年慶應義塾大学卒、積水ハウス(株) に入社。
「都市開発」「まちづくり」の仕事に携わる。
1996年一新塾へ入塾。
1997年政策学校一新塾マネジャーへ。大前研一氏の下で薫陶を受ける。
2002年一新塾のNPO化に伴い、代表理事・事務局長就任。
20年で4600名の塾生の“志を生きる挑戦”に立ち会い、人生の転機での相談役。
これまでに1000を超える「政策提言」「社会起業」「市民プロジェクト」をインキュベート。
誰もが、いつでも、どこでも、市民を生きられる『志を生きる方程式』のメッソッドを確立。
市民起点の新しい国づくり、地域づくりの支援に全国を日々奔走している。

著書に『人生と社会を変える「根っこ力」』(一藝社)『根っこ力が社会を変える』(ぎょうせい)、
共著に『一新力』(文屋)、『今のニッポンを変えろ!』など。


<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>
------------------------------------------------

■「一新塾体験セミナー&説明会」に参加します。

【東京会場】
( )3月10日(土)15:00~17:45
( )3月14日(水)19:30~21:45
( )3月17日(土)15:00~17:45

【大阪会場】
( )3月24日(土)13:00~15:45

【名古屋会場】
( )3月25日(日)13:00~15:45

【仙台会場】
( )5月3日(木祝)13:00~15:45


お名前:
郵便番号:
ご住所:                     
TEL:
FAX:
E-mail:

-------------------------------------------------


◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

     一新塾本の新刊出版のお知らせ

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


一新塾本の新刊のご案内です。

「誰もが志を生きるガイドブック」が誕生しました。

あらゆるフィールドで、0から1をどう創っていったのか?

まちづくり、商店街、観光・旅館、子育て・女性、文化、農業、福祉、
介護、医療、グローバル、教育、政治。

どのように奮起し、
どのようにビジョンを描き、
どのように仲間を得て、
どのように現場に一歩踏み出したのか?
        
一人の根っこの思い。
やむにやまれぬ思いで現場に飛び込み、
何度も試行錯誤しながら、何度も転びながらも、
道なきところに道を切り拓いてきた「市民を生きる知恵」です。

ぜひとも、ご一読ください。

◆新刊◆
『人生と社会を変える「根っこ力」~政策提言・社会起業・市民活動』(一藝社)

                 NPO法人一新塾/森嶋伸夫 編著

こちらからご購入いただけます。

(1)アマゾン https://www.amazon.co.jp/dp/4863591306/
(2)一藝社 http://www.ichigeisha.co.jp/
(3)一新塾 http://www.isshinjuku.com/03bosu/b_issryku_book.htm


---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は> 特定非営利活動法人 一新塾 事務局 森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>> iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>> http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>> http://www.mag2.com/
---------------------------------------------------------------------


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ