僕らはみんな生きている!

  • ¥0

    無料

五十代からが人生楽しい!そんな私自身の生き方をテーマに、日々考えたこと、感じたこと、映画、旅など興味津々の話題を、心に残るエッセイ&コラムで毎週お届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
僕らはみんな生きている!
発行周期
週刊
最終発行日
2018年06月13日
 
発行部数
151部
メルマガID
0000062264
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > エッセイ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
==================================

杉山武子のコラム&エッセイメールマガジン◇◆◇2018年6月13日発行

     【僕らはみんな生きている!】     703回

==================================
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
  
        「 子育てのヒント 」

最近、必要があって自分の本棚から古い資料を探している。5年前の引
越しの際、本の置き場所を大幅に変更したこともあって、必要な本や資
料がパッと取り出せなくなった。先日もあちこち探してみたが、肝心の
資料は行方不明。押入れ奥の段ボールも調べたが出てこない。

ところがそうやって昔の資料類をひっくり返していると、古い作品がた
くさん出てきた。20~30年前のエッセイや短編小説など原稿用紙に清書
したものは、何かのコンテストに出したものらしい。書いた本人も忘れ
ていた原稿の束だ。

結局、没になってそのままお蔵入りしたもの、無事に活字になった作品
のコピーなど、いろいろ混ざっている。40歳代前半までは書くのはワー
プロではなく手書きの原稿用紙に拘っていたので、当時はこんなにきれ
いな文字で書いていたのかとインクの文字が懐かしい。

そんな中に「子育てのヒント」と題した紙が1枚混じっていた。裏面は
学習塾のスケジュール表になっていて、「2002年夏」の文字。新聞の折
り込みチラシのようだ。わたしの娘たちはすでに成人していたが、気に
なって捨てずに保管しておいたものらしい。

いまでは4人の孫がいるが遠くに離れて暮らしている。娘たちの家庭や
子育てに口出しする気はさらさらないが、自分の子育ての時に、こんな
ヒントを知っていればよかったのにと思うことしきりなので、ここに紹
介したい。

チラシには<ドロシー・ロー・ノルト博士の著書「子どもが育つ魔法の
言葉」の中の見出しを表題「子育てのヒント」として紹介しました>と
出典が書いてあった。

一、 けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
一、 とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
一、 不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
一、「かわいそうな子だ」といって育てると、
子どもは、みじめな気持ちになる
一、 子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる
一、 親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる
一、 叱りつけてばかりいると子どもは、
          「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
一、 励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
一、 広い心で接すれば、短絡的な子にはならない
一、 誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
一、 愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
一、 認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
一、 見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
一、 分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
一、 親が正直であれば、子どもは、
           正直であることの大切さを知る
一、子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
一、やさしく、思いやりをもって育てれば、
           子供は、優しい子に育つ
一、 守ってあげれば、子どもは強い子に育つ
一、 和気あいあいとした家庭で育てれば、子どもは、
この世の中に希望と勇気をもって生きる事を知る

親ともなれば、忙しい毎日の中でつい幼い子を急かせたり、怒ったり、
叱ったりしがちだ。わたしも勤めていたのでそうだった。ここに書いて
ある項目の全部は無理だとしても、自分に思い当たる2つか3つについ
てなら、今日からでも子どもに対する対処法を修正するヒントになるの
ではないだろうか。

自分に小さい子がいなくても、周りを見れば子どもはいる。彼らはいず
れ日本の未来を担う存在だ。だから子どもらの健やかな成長は、結果と
してよい社会環境へとつながるから、あたたかい気持ちで彼らの成長を
見守るのは大人の役割ではないだろうか。

--------------------------------------------------------------------
<あとがき>

 こんにちは。
いつもご愛読いただき、ありがとうございます。

初の米朝会談がシンガポールで無事に終わりましたね。やっと
問題解決の緒に就いた、というところでしょうか。
個人的な感想としては、1989年11月9日、東西ドイツを隔てていた
「ベルリンの壁」が崩壊して以来の、歴史的出来事だと思いました。

北朝鮮にとっては国家存亡の危機を乗り切った会談だったでしょう。
とまれイラクのような、アメリカによる武力行使の二の舞ではなく、
対話が成立したのは世界平和にとって一歩前進だったと思います。

     ※このメルマガはブログにも転載しています。
   ブログ:http://bronte.at.webry.info/

 次回は6月27日(水)配信予定です。どうぞお元気で!
----------------------------------------------------------
◆ご感想ご意見等、お待ちしております。
筆者宛のお便りはこのメールの返信機能をお使い下さい。
=====================================================================
【僕らはみんな生きている!】2001年3月18日創刊 月2回第2・4水曜日発行
著作・編集・発行:杉山武子  
 ※バックナンバー(まぐまぐ)http://archives.mag2.com/0000062264/
※発行者ウェブサイト  http://www5a.biglobe.ne.jp/~takeko/  
※このマガジンは「まぐまぐ」「メルマ」の発行システムを利用して
配信しています。 
※購読の登録・解除は下記より行えます。 
 「まぐまぐ」ご利用の方:http://www.mag2.com/m/0000062264.html
 「マイメルマ」ご利用の方:http://melma.com/backnumber_153639/
 ※メルマガの全文、または一部の無断転載および再配布を禁じます。
※Copyright(C)2001-2018 「僕らはみんな生きている!」
=====================================================================
*.:*★*.:*゜*・゜☆*.:*゜*・゜★*.:*゜*・゜☆*.:*゜*・゜★*.:*・゜☆゜
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ