僕らはみんな生きている!

  • ¥0

    無料

五十代からが人生楽しい!そんな私自身の生き方をテーマに、日々考えたこと、感じたこと、映画、旅など興味津々の話題を、心に残るエッセイ&コラムで毎週お届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
僕らはみんな生きている!
発行周期
週刊
最終発行日
2017年07月26日
 
発行部数
153部
メルマガID
0000062264
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > エッセイ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
=================================

杉山武子のコラム&エッセイメールマガジン◇◆◇2017年7月26日発行

     【僕らはみんな生きている!】     683回

==================================
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

  
        「 ザビエル教会コンサート 」

毎年楽しみにしている音楽祭が2つあります。1つは春の大型連休中に東
京の有楽町駅にほど近い、東京国際フォーラムを中心会場として開催され
る「ラフォルジュルネ・オ・ジャポン」です。約10年ほど前から、東京在
住の娘と行くようになったのが始まりです。

5月3日から3日間、朝から晩まで1プログラムが45分、交響曲ならちょ
うど1作品ほどの長さなので、料金もリーズナブルです。プログラムがネ
ットに発表されると好きな楽曲や演奏者をチェックして、早めに購入。当
日は朝からはしごで1日3~4のプログラムを楽しみます。

その娘も結婚し子どもも生まれたので、最近は時間やプログラムを合わせ
て一緒に行動するのは難しくなり、もっぱら別行動で一人で楽しむように
なりました。もう1つは、地元鹿児島で毎年夏に行われる「霧島国際音楽
祭」。現在開催中で今年は第38回となる歴史ある音楽祭です。

鹿児島に移住した17年前にこの音楽祭のことを知り、こちらも複数のプロ
グラムを選んで出掛けます。こちらはメイン会場は自然豊かな霧島市にあ
る「みやまコンセール」がメイン会場。鹿児島市の中心部からは車で約1
時間かかり、会場まで臨時バスが運行される場合もありますが、やや不便
です。

メイン会場だけでなく、鹿児島市内の宝山ホールやザビエル教会でもコン
サートが開かれますので、最近はもっぱら往復に時間のかからない近場の
会場のほうに行くようになりました。今年はその第一弾として、25日昼の
ザビエル教会コンサートに行ってきました。

鈴木優人さんと新国立劇場合唱団アンサンブル8名による、~教会で聴く
オルガン、合唱の響き~と題した公演でした。鈴木優人さんはオルガン、
ピアノ等の鍵盤奏者であり、指揮や作曲もされる才能豊かな方で、昨年も
ザビエル教会コンサートに出演されました。

ザビエル教会は鹿児島市の繁華街である天文館に程近い場所にあります。
教会の向かい側にはザビエルの鹿児島上陸を記念したザビエル公園があり、
正式名称は鹿児島カテドラル・ザビエル記念聖堂(Kagoshima St. Xavier's
Cathedral )で、カトリック教会です。

この教会の建物は3代目で、最初は1908年に石造りの立派な聖堂でしたが
1945年4月8日の大空襲で焼失。その後ローマの寄付で木造聖堂が再建さ
れ、1999年にはザビエル渡来450年を記念して現在のコンクリート聖堂にな
ったという歴史があるようです。パイプオルガンはスウェーデンのチュー
ル社製とのことです。

私はキリスト教の信者ではありませんが、鹿児島に移住した直後から数年
間はパイプオルガンを習っていたので、この教会にもオルガニストの演奏
を聴きに何度か通ったことがあります。教会で聴くオルガンと聖歌の響き
は、信仰心をいや増す効果があるように思いますが、私は純粋に音楽とし
てバッハなどの教会音楽を楽しんでいます。

今回の公演で出色だったのは、鈴木優人さん作曲の「アポカリプシス 2」。
2006年にドイツのワイマールで初演された、8人の無伴奏混声アンサンブ
ルのための作品で、『ヨハネの黙示録』の一部がテクストなのだとか。歌
詞の意味はわかりませんが、一種独特の力強い混声の掛け合いがアカペラ
で歌われ、日本初演というその独創的な全曲を、作曲者本人の指揮で聴け
たのは幸運なひとときでした。

  ※ブログには写真も掲載します。

--------------------------------------------------------------------
<あとがき>

 暑中お見舞い申し上げます。
 いつもご愛読いただき、ありがとうございます。

 一週間遅れの配信になりました。

 次女一家が早めの休暇を取って、福岡から2泊3日で帰省してくれました。
 今年生まれた赤ん坊を、いつも前に抱っこして外出している次女。

 3歳と0歳の孫を家に置いて、セール真っ最中のショッピング街へ。
 久しぶりに夫婦だけでデートができるのも、帰省の楽しみだとか。
 2時間余りして、それぞれ欲しかった服を買って帰宅。

 ジイ・ババは、その間、孫のお守りでしたが、結構なついているので楽勝
 です。実家でのんびり上げ膳据え膳を堪能して、無事帰っていきました。

   ※このメルマガはブログにも転載しています。

   ブログ:http://bronte.at.webry.info/

 次回は8月9日(水)配信予定です。どうぞお元気で!

----------------------------------------------------------------------
◆ご感想ご意見等、筆者宛のお便りはこのメールの返信機能をお使い下さい。

=====================================================================
【僕らはみんな生きている!】月2回発行(第2・4水曜日)2001年3月創刊 
著作・編集・発行:杉山武子  
※発行者ウェブサイト  http://www5a.biglobe.ne.jp/~takeko/  
※このメルマガは「まぐまぐ」「メルマ」の2つのメルマガスタンドから
  配信しています。 
 ※購読の登録・解除は、下記ページでも行えます。 
 http://www5a.biglobe.ne.jp/~takeko/melmaga.htm
=====================================================================
*.:*★*.:*゜*・゜☆*.:*゜*・゜★*.:*゜*・゜☆*.:*゜*・゜★*.:*・゜☆:*・゜☆゜
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ