DPI日本会議メールマガジン

  • ¥0

    無料

著者サイト

障害者の国際NGO・DPIの国内組織であるDPI日本会議が、「障害者」をとりまく様々な情報やニュース、DPI日本会議ウェブサイトの更新情報をお届けします。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

☆──────「われら自身の声」を届けます!──────
   DPI日本会議メールマガジン(17.06.21)第567号
        DPI-JAPAN Mail Magazine
☆───────────────http://www.dpi-japan.org/

こんにちは、DPIメルマガ編集部です。
今号は6月26日「精神保健福祉法改悪案の廃案を諦めない!」集会と
メルマガで以前からお知らせしていた
「カルテの全開示を求める裁判」について、
一部勝訴の判決が出されましたので、お知らせです。

◆◇───────── もくじ ──────────◇◆
1)6月26日(月)精神保健福祉法改悪案の廃案を諦めない!集会
2)カルテの全開示を求める裁判、一部勝訴の判決!ご支援ありがとうございました
────────────────────────────

※イベントは都合により変更・中止される場合がありますので、
 事前に主催者のホームページ等でご確認ください。
 
────────────────────────────
1)6月26日(月)精神保健福祉法改悪案の廃案を諦めない!集会
────────────────────────────
2014年(日比谷野音)、2015年(東京芸術劇場)、2016年(文京シビックセンター)
に続く4回目の「6.26集会」です。

我が国の精神医療の何が問題なのか?
どこをどう正せばいいのか?

国の「これからの精神保健医療福祉のあり方に関する検討会」では、
精神科病院に1年以上入院する人の6割が「重度かつ慢性」としました。

厚生労働省は、「重度かつ慢性」を
「地域で生活することが非常に困難な状態にあり、長期に入院治療が必要な患者」と定義しています。
これは、少なくとも11万ものベッドが精神科病院に必要ということを意味します。
しかし、その「重度かつ慢性」基準の策定は病院を経営する人たちも入って「研究」され出された結果です。

そうです。精神科の病床を必要とするのは病院なのです。
10年で2倍以上にも増えてしまった身体拘束。
精神病院は、未だに、人を苦しめ、閉じ込める場所になってしまっています。
精神医療は誰のためにあるのか?

それはそこを利用する人たちのものであり、病院を経営する人たちのものではないはずです。
このような誤った精神医療を正していかねばなりません。
これでいいのか精神医療!!さあ、一緒に考えましょう!

■日時:6月26日(月)13:00~15:30(受付12:30より)
■会場:参議院議員会館・講堂(東京都千代田区永田町2-1-1)
 会場周辺案内(PDF) http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/shisan.pdf

■プログラム
●基調講演
1「“重度かつ慢性”問題から見える精神医療の“利権構造”」
 長谷川利夫(杏林大学教授、考える会呼びかけ人代表)
2「増加し続ける強制入院~隔離・身体拘束の背景」
 有我譲慶(大阪精神医療人権センター)
3「精神医療の危機~その背景と新たな道」
 氏家憲章(社会福祉法人うるおいの里)

●報告
1.関口明彦(全国「精神病」者集団)
2.山本眞理(WNUSP世界精神医療ユーザーサバイバーネットワーク理事)
3.加藤真規子(こらーるたいとう)
※後半は、フロアからお話していただき意見交換の場にします。

●進行
竹沢幸一(八王子精神障害者ピアサポートセンター)

☆当日参加可能(当日は、参議院議員会館1Fロビーにおいて、12:30より13:00まで、通行証をお渡しします)

◇主催:病棟転換型居住系施設について考える会
◇連絡先:長谷川利夫(杏林大学教授)
 メール hasegawat@ks.kyorin-u.ac.jp  携帯電話 090-4616-5521

▽チラシ
(PDF)http://dpi-japan.org/wp-content/uploads/2017/06/bb9e8eac5c3f852cc005c4b9c27e6e0e.pdf
(ワード)http://dpi-japan.org/wp-content/uploads/2017/06/bb9e8eac5c3f852cc005c4b9c27e6e0e.docx


────────────────────────────
2)カルテの全開示を求める裁判、一部勝訴の判決!ご支援ありがとうございました
────────────────────────────

長い間ご支援をいただきありがとうございました。

緊急措置入院時の診療記録(カルテ)の一部が
黒く塗りつぶされているのはおかしいとして、
全ての開示を求めた裁判の判決が出されました。
非開示になっていた2点のうち
『指定医が診察に先立って家族や警察官から聴取した情報』は、
都が主張したような「おそれ」が具体的にあるとは認められず
「不開示とした部分は違法である」と判断されました。

もう1点の『医師や看護師などの病院職員の氏名』は違法性が認められず、
Aさんは控訴も検討なされましたが、
着実に進めるために受け入れると決心され、判決が確定しました。

○Aさんからみなさんへ メッセージ

この度のカルテ一部非開示処分取消行政訴訟ですが、
DPI障害者権利擁護センターのご支援を受けながら、
本人訴訟でやりとおし、5回の口頭弁論期日を経て、
5月19日に判決が出されました。

傍聴や取材でのご支援を下さいました皆様に、心よりお礼申し上げます。

今回の判決は、医師等の氏名以外の不開示は違法と認め、
氏名以外は全て開示させるものです。
一部勝訴ですが、氏名以外の記載内容はすべて開示されますから、
実質的には、7割くらいは勝たせて頂けた感じがします。

裁判官は、本件の固有性・個別性を認めて開示を認める、
画期的と思える判決を下さいました。
私が本件措置を不服として、その問題解決のための端緒としての、
開示請求であることなども認められ、非常に貴重な判決をいただきました。

今回の判決では、医師等の氏名は不開示のままとなりました。
争点は、条例の例外に当たるか否かであり、
千葉地裁の判例を出して争いましたが、
残念ながら最高裁例に拠って認められませんでした。
医師等の氏名の開示については、今後、今回の一部勝訴によって、
新たに開示されるカルテの記載などを基に、
さらに先の別の機会に、具体的な形で、改めて求めていく予定です。

勝訴部分の判決理由には感動すら覚えました。
裁判官が、証拠や主張を丁寧にきちんと読み込んで、
きちんと検討して、きちんと判断して下さいました。
やっと、そういう場面に当たりました。
やっと、本来当たり前のことが、私の身にひとつおきました。
今まで全くありませんでした。

今回の判決は、家族や元主治医らによって、
不当かつ不法といえるほどに、私を「精神障害者」化することにより、
真実を歪曲し隠蔽せんとする、長年の非常におかしな「工作」の存在も、
暗に認められたと言っても決して過言ではないよう読めます。

本件訴訟を争ったことの収穫は、十分にあったと思います。
悪質で不当かつ不法な歪曲隠蔽の封じ込めの渦中に、
やっと、最初のきちんとした風穴があきました。

今後は、今回の結果を活かして、私の抱える積年の問題の、
根本的な問題解決に向けて、さらに先へと進めていきますので、
これからも、皆様のご支援とご指導を何卒よろしくお願いいたします。

DPI日本会議メールマガジンを通して、
私の裁判に傍聴に来て下さった当事者の方、取材者の方、
本当にありがとうございました。

重々お礼を申し上げますとともに、
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


▽ご報告
(PDF)http://dpi-japan.org/wp-content/uploads/2017/06/a80c2522c96591799f9074534db01c85-1.pdf
(ワード)http://dpi-japan.org/wp-content/uploads/2017/06/a80c2522c96591799f9074534db01c85.docx

この裁判の簡単な経緯と報告及び傍聴ご支援のお願いについて、
DPI日本会議メールマガジン(16.7.22)第511号、
(16.10.11)第523号、(16.10.19)第526号、(16.12.08)第535号、
(17.01.25)第541号、(17.02.25)第543号、(17.03.31)第551号でお知らせしてきました。

上記はDPI日本会議ホームページに掲載しておりますので、ご覧下さい。

2016年7月22日 【傍聴ご支援 ご協力のお願い】カルテの全開示を求める裁判
https://goo.gl/MCRvVa

2016年10月11日 【傍聴ご支援 ご協力のお願い】カルテの全開示を求める裁判
https://goo.gl/EcC15d

2016年10月20日 【傍聴ご支援 ご協力のお願い】カルテの全開示を求める裁判
https://goo.gl/6Z19z6

2017年1月27日 【傍聴ご支援 ご協力のお願い】カルテの全開示を求める裁判
https://goo.gl/vYz9uA

2017年3月3日 【傍聴ご支援 ご協力のお願い】カルテの全開示を求める裁判
https://goo.gl/CCRbWE

2017年5月19日 【傍聴ご支援 ご協力のお願い】カルテの全開示を求める裁判
https://goo.gl/DAjdPn

<お問い合わせ>
DPI障害者権利擁護センター 担当:西田(にしだ)
メール: kenriyogo@dpi-japan.org
電話(事務用):03-5282-3137
*担当は非常勤で不在がちです。留守電にご伝言をいただけましたら、
10日以内に折り返します。


。°+°。°+ °。°。°+°。°+
ぶつぶつ

Aさんの裁判 判決文には、緊急措置診察、
緊急措置入院をした医師の氏名を開示しないという
当該病院の慣行について、
「必ずしも障害者基本法等が禁止する障害を理由とする
差別等に該当するとまではいえない」とありました。

なんで!?

精神保健福祉法に基づく医療は
一般的な医療とは別の枠組みになっていて、
一般的な常識が通用しないようです。

相模原事件をきっかけに、指定医の資格を不正に取得した医師が
たくさんいることがわかりましたが、
医師の氏名を当事者が知ることもできない現状は、
退院後も権利侵害が続くことの表れだと思います。

医療、行政、福祉関係者、警察などの関係者が、
本人に開示しない情報をかかえながら開くケース会議は、
「支援」という名の「監視」、「治安維持」としか思えません。
これが私の『妄想』で済むなら何よりです。

                 (え)
。°+°。°+ °。°。°+°。°+


【寄付・募金のお願い】
●DPI日本会議への寄付・募金によるご支援はこちら
 http://www.dpi-japan.org/help/kifu.html
※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象になりま
す。

●下記URL(GiveOneホームページ)からもオンライン寄付ができます(1口1,000円~)
 http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=406

 ▽寄付金控除についての詳細はこちら
 http://www.dpi-japan.org/help/authorized-npo.html

●読まなくなった本、観なくなったDVDなどが、DPI日本会議への寄付になる!
 「BOOK募金」をぜひご活用ください。詳細は下記をご覧ください。
 http://dpi.cocolog-nifty.com/website/work/book.pdf

【会員募集中】
●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中。
 詳細はホームページまで→ http://www.dpi-japan.org/help/sanjyo.html
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
DPI日本会議メールマガジン
発行周期
不定期
最終発行日
2017年06月21日
 
発行部数
1,889部
メルマガID
0000070263
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > NPO・NGO

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ