DPI日本会議メールマガジン

  • ¥0

    無料

障害者の国際NGO・DPIの国内組織であるDPI日本会議が、「障害者」をとりまく様々な情報やニュース、DPI日本会議ウェブサイトの更新情報をお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
DPI日本会議メールマガジン
発行周期
不定期
最終発行日
2017年09月06日
 
発行部数
1,882部
メルマガID
0000070263
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > NPO・NGO

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆──────「われら自身の声」を届けます!──────
   DPI日本会議メールマガジン(17.09.06)第579号
        DPI-JAPAN Mail Magazine

☆───────────────http://www.dpi-japan.org/

こんにちは、DPIメルマガ編集部です。

いよいよ今週土曜日は、
「ADA27 LEAD ON! YOUTH PROJECT 報告会」が開催されます。
まだ若干席に余裕がありますので、お申込みがまだの方は
お申込みをお願いします。

また9月17日(日)に愛知県でバリアフリー映画祭が開催されますので、
そちらもご興味のある方は、ぜひご参加下さい。

◆◇───────── もくじ ──────────◇◆
1)9月9日(土)奴らが帰ってきた!ADA27 LEAD ON! YOUTH PROJECT報告会[東京都]
2)9月17日(日)ジャパン×ナントプロジェクト「バリアフリー映画祭inあいち」[愛知県]
────────────────────────────

※イベントは都合により変更・中止される場合がありますので、
 事前に主催者のホームページ等でご確認ください。

────────────────────────────
1.奴らが帰ってきた!
ADA27 LEAD ON! YOUTH PROJECT報告会
────────────────────────────
これからの日本を、どんな人でも、障害の有無に関わらず、
地域で自分らしく生きていける社会にしていくために、
若手障害者がアメリカに行き、
世界初(1990年)の障害者差別禁止法であるADA(障害を持つアメリカ人法)
の現在を学び、体感し、世界各国の障害者たちと繋がった
若手障害者育成企画「ADA27 LEAD ON! Youth Project」:

このプロジェクトは、2015年のTOMODACHI ADA25 LEAD ON! TOURに参加し
渡米した全国の若手障害者が中心となって企画・運営を行いました。
実行委員10名に加えさらに10名の参加者が集まり、7/22~7/29に渡米、
道中たくさんのトラブルに合いながらも、
アメリカの重度障害者の暮らしはどうなってるの?
ADAがあることで日本の街と何が違う?
アメリカの障害者運動はどんなの?
世界各国の障害者たちが集まりネットワークを作る瞬間をみたい!
など、様々な学びと経験から成長して帰ってきました!

このプロジェクトを通してこれからの日本の障害者運動を担っていく
若手障害者として、私たちは「ほんまもん」の仲間になりました。
「ADA27 LEAD ON! Youth Project」を成功させることができたのも
たくさんの方のご協力・ご支援があってこそです。本当にありがとうございました。
感謝の思いも込めて報告会を行いますので、皆さんぜひご参加ください。

■日時:2017年9月9日(土)13:00~16:00
■場所:新宿区立障害者福祉センター2階 第1~3会議室
(〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-2)
アクセス方法
○バスご利用の方
・新宿駅西口(医療センター経由東京女子医大行)
・新大久保駅(新橋駅行)
・大久保駅(新橋駅行)
 →国立国際医療センター前 下車徒歩4分
・高田馬場駅(早大正門前行)→馬場下町 下車徒歩8分
○地下鉄ご利用の方
・東京メトロ東西線早稲田駅(高田馬場寄り出口)→下車徒歩10分
・都営大江戸線若松河田駅(東新宿駅より出口)→下車徒歩8分

■参加費:無料
■定員:60名

■申込み方法
下記の申込み用紙(JPEG)か、以下ご記入の上、JILの冨川までお送りください。

1.氏名:
2.連絡先(メールアドレス又は電話番号):
3.所属団体:
4.障害の有無:
5.車イスの有無:
6.介助者の有無:
7.情報保障(あれば): □手話通訳 □要訳筆記 □点字資料 □テキストデータ □その他(   )
8.備考:
※必要な配慮等ありましたらご記入下さい。

◇申込み先・問い合わせ
全国自立生活センター協議会(JIL)担当:冨川(とみかわ)
メールアドレス:ada27youth@gmail.com
TEL:0426-60-7747 FAX:0426-60-7746
(住所:〒192-0046 東京都八王子市明神町4-11-11シルクヒルズ大塚一階)

主催:ADA27 実行委員会
協力団体:新宿頚椎損傷者連絡会

▽チラシ表(JPEG)
http://dpi-japan.org/wp-content/uploads/2017/08/a2f07b0da69398e7bc4b484849f565a5-215x300.jpg

▽チラシ裏(申込み用紙)(JPEG)
http://dpi-japan.org/wp-content/uploads/2017/08/34a565aa9c02400ddf1d60019a7ad6d1-207x300.jpg

▽チラシテキスト(ワード)
http://dpi-japan.org/wp-content/uploads/2017/08/1e1a96638550b2ff5521c5d4a4161caa.doc



────────────────────────────
2.日本の障害者の優れた文化芸術の国際的評価を検証し発信する
全国巡回プロジェクト
~見聞 2017 ジャパン×ナントプロジェクトの全貌~
「バリアフリー映画祭inあいち」
────────────────────────────

2017年秋に、フランス・ナント市において、
日本のアール・ブリュット展や舞台芸術公演などを紹介する、
「2017年ジャパン×ナント プロジェクト 障害者の文化芸術国際交流事業」が行われます。
このプロジェクトを国内に紹介するためのイベント
「全国巡回プロジェクト」が全国各地で実施され、
愛知県でも、バリアフリー映画の上映会を開催します!
また、「2017年ジャパン×ナントプロジェクト」は、
東京2020文化オリンピアードの認証を受けており、
この映画上映会においても、障害のある方が
より活発に文化芸術活動に参加できる環境を整えることで、
東京2020大会の開催機運の醸成につなげていきます。

■開催日時:2017年9月17日(日) 13:00~16:30
■会場:名古屋国際センターNIC 別棟ホール
 (〒450-0001 愛知県名古屋市中村区那古野1-47-1 名古屋国際センター)
 ▽会場ウェブページ http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/ 
■入場料:無料
■定員:150名
■お申し込み先:AJU自立の家(052-841-2221)まで、
 下記のお申込み用紙をファックスするか、ウェブフォーム( https://goo.gl/JA71fX )か
 QRコード(チラシ裏面にあります)からお申込みください。

<タイムスケジュール>
13:00~ 主催者挨拶・プロジェクト説明
13:30~ バリアフリー映画「もうろうをいきる」上映(91分) ※参加費無料
15:30~ シンポジウム(60分) ※参加費無料
テーマ「バリアフリー映画から始まる新しい映画のカタチ」
シンポジスト:
(特)バリアフリー映画研究会 理事長 大河内直之
映画プロデューサー 山上徹二郎
映画監督 西原孝至
愛知盲ろう者友の会 橋本二郎

◆お問合せ
社会福祉法人AJU自立の家 
電話 052-841-5554 ファックス 052-841-2221 ホームページ http://www.aju-cil.com/

▽チラシ表(JPG)
http://dpi-japan.org/wp-content/uploads/2017/09/movie_omote.jpg
▽チラシ裏 兼 申込用紙(JPG)
http://dpi-japan.org/wp-content/uploads/2017/09/movie_ura.jpg
▽プログラム(WORD)
http://dpi-japan.org/wp-content/uploads/2017/09/7ae73397e50ecab9b7733478b858c8a6.docx

◇主催:特定非営利活動法人全国地域生活支援ネットワーク、
    特定非営利活動法人バリアフリー映画研究会、
    特定非営利活動法人DPI日本会議
◇共催:社会福祉法人AJU自立の家、特定非営利活動法人楽笑、Aichi Artbrut Network Center
◇後援:愛知県、名古屋市、愛知県教育委員会、(社)愛知県盲人福祉協会、
    (一社)愛知県聴覚障害者協会、愛知県知的障害者育成会、愛知県社会福祉協議会、
    名古屋市社会福祉協議会、名古屋手をつなぐ育成会、
    愛知県難聴・中途失聴者協会、愛知盲ろう者友の会(予定)





。°+°。°+ °。°。°+°。°+
ぶつぶつ

先日、アメリカに行った若手メンバーで
ステーキ屋さんに行ってきました。
アメリカでもステーキ屋で何度か食事をしてきたので、
自ずと日米ステーキ屋対決の様相になったわけですが、
アメリカで行ったお店と比べてそのお店は
値段が安くて味もおいしい、その上チップの計算もしなくていい、
ということで「食事はやっぱり日本だね」という結論で一致しました。

店内もバリアフリーで店員さんの対応も素晴らしかったので、
美味しいステーキ屋さんを発見できた喜びの反面、なんだか
アメリカの思い出にひびが入ってしまったような、
そんなちょっと切ない気持ちにもなりました。

(白)

              
。°+°。°+ °。°。°+°。°+


【寄付・募金のお願い】
●DPI日本会議への寄付・募金によるご支援はこちら
 http://www.dpi-japan.org/help/kifu.html
※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象になりま
す。

●下記URL(GiveOneホームページ)からもオンライン寄付ができます(1口1,000円~)
 http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=406

 ▽寄付金控除についての詳細はこちら
 http://www.dpi-japan.org/help/authorized-npo.html

●読まなくなった本、観なくなったDVDなどが、DPI日本会議への寄付になる!
 「BOOK募金」をぜひご活用ください。詳細は下記をご覧ください。
 http://dpi.cocolog-nifty.com/website/work/book.pdf

【会員募集中】
●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中。
 詳細はホームページまで→ http://www.dpi-japan.org/help/sanjyo.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ