社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

  • ¥0

    無料

メルマガ「シリーズ第6弾!」は『多様化するマーケットを読み解く力を身につけよう・編』。ここ数年で時代はさらに加速し、大きな変化が起きています。そこで、このメルマガのテーマも経営からさらに範疇を広げ、“個”という側面にスポットを当てていくことにしました! 成熟した社会では「個としての在り方」が強く問われます。企業自体を“個”としてとらえた場合、世の中の常識や体制にむやみに影響を受けない“凛とした姿勢”を保つことこそ重要なのです。毎週月曜朝6時、エッジの効いたサジェスチョンをお届けしていきます☆

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!
発行周期
週刊
最終発行日
2017年12月11日
 
発行部数
15,555部
メルマガID
0000087425
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■2017.12.11━━━━━━━━━━━━━━━■■■

[2002年創刊]日本初!本格的経営者向けメルマガ

社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

-シリーズ第6弾!
多様化するマーケットを読み解く力を身につけよう編-
               
■■■━━━━━━━━━━━━━読者数21,633名■

年のしめくくりに向け、気を引き締めていきましょう!

それでは、第734回のはじまり、はじまりです(@^^)/~~~

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
■【最新刊 好評発売中!!】□■□■□■□■□■

『絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます』
 石原 明(著)¥ 1,600円(+税)ダイヤモンド社
 http://www.amazon.co.jp/dp/447806749X/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
<<大人気!石原明のポッドキャスト♪>>

◎毎週金曜日・無料版『経営のヒント+(プラス)』
「第412回 「年上の部下を複数、持ちます。気を付
けるべきこと、心構えを教えてください」
http://www.ishihara-akira.com/plus/002954.php

◎毎月27日・有料版『経営のヒント プレミアム』
「第79回 石原流 働き方革命」
http://ishihara-akira.com/premium/program/171127/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
<今週のポイント>

★なんでこんなに給料が違うんだ!!?

★この機会に自分の仕事を見つめ直す

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

今年もあと20日あまり(#^^#) なにかと気ぜわしい
時期ですが、こんな時こそ冷静に、来年からの計画を
具体化していきましょう。

そんな中、おかげさまで人気番組となった私のポッド
キャスト『経営のヒント+(プラス)』では、来年の
公開収録が決まりました\(^o^)/

◆開催日:2018年2月25日(日)
◆時 間:14:30~17:15(受付開始14:00~) 
     ※懇親会17:30頃~開始予定
◆場 所:渋谷シダックス・カルチャーホール

先着80名様に限り、無料で参加できますので、ぜひ
今から予定を入れておいてください。

★お申込みはお早目に!
 >>> http://www.ishihara-akira.com/plus/live/


それでは、今週もみなさんの1週間の仕事がスムーズ
に進むように、まずはいつもどおり頭の体操「Q&A」
コーナーからスタートです(@^^)/~~~

前々回からの続きなので、うっかり読み逃した方、
まずはこちらからチェックしてください↓
http://www.ishihara-akira.com/magazine/backnumber/detail.php?seq=732

http://www.ishihara-akira.com/magazine/backnumber/detail.php?seq=733


■今週の質問━━━━━━━━━━━━━━━■■■

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃Q┃LINEを積極的に使うことで、
┃ ┃ 今後のビジネスはどう変わるのでしょうか?
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 これまで、メールマーケティングの専門家として
 リストが取得できないLINEを「淘汰」していた
 ところがありましたが、今日の勉強会に参加し、
 その考えすら手放し、広い視野で物事を考えたい
 と思いました。
 
LINEを積極的に使うことで、今後のビジネスは
どう変わっていくのか、石原先生の率直なご意見
をお聞かせください。


 あなたならこの質問にどうお答えになりますか?
     ★私の答えは、最後にありまーす(^_^)/~


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■ぼくだったら、そこは、うなづかない。<<Vol.130>>

--《前回の復習》-------------------------------

◎不安だから無駄なシミュレーションが多い
⇒イケてない人は、現実を正しくとらえられないから、
いろいろ不安で、無駄なシミュレーションが多くな
  るものです。

◎覚悟をもってアホになる
⇒もしもイケてるビジネスマンを目指すなら、無駄に
  考えないこと。覚悟をもって、アホになってみま
  しょう(*^^)v 

-----------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「同じ仕事してんのに
なんでこんなに給料が違うんだよ。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼▼
▽▽
▼▼
╋╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋╋
  
     本当に、同じ仕事してる?

╋╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋╋

前回は、「覚悟をもってアホになる」というお話をし
ました(#^^#)

この話がわかるかどうかで、ビジネス界の「現実」を
正しくとらえられているかを判断することができます。

さらに質問を重ねますが、あなたは今の自分の待遇に
満足していますか?

すでに冬のボーナスが出た会社もあると思いますが、
この時期、同僚との待遇格差に、不満を抱く人も少
なくないと思います。

もしかしたらあなたは、「同じ仕事してんのに、なん
でこんなに給料が違うんだ」と怒っているかもしれま
せんが・・・

あなたの言うことが真実なら、社長や管理職は救い
ようのないおバカさんなんでしょうね。

だとしたら、さっさと辞めたほうがいいですよ!
そんな会社に未来はないですから。

でも、「いやぁ、辞めるのはちょっと…」と躊躇する
くらいなら、騙されたと思って、自分の仕事を見つめ
直してみてください。

そこに昨年と違う試みはありますか?

言われたことをルーチンにこなすだけでなく、こうした
ら面白いという発想や、ビッグなクライアントを見つけ
てきたという実績はありますか?

それがなければ、会社にしてみたら給与をあげる理由が
ありませんよね。

あなたが「同じ仕事をしている」と言う人との差は、
そこにあるはずですが・・・この続きは、また次回、
お話しま~す(@^^)/~~~


■■■━━━━━━━━━━━━次号に続く・・・■

■勉強会のご案内━━━━━━━━━━━━━■■■

★私が主宰する『高収益トップ3%倶楽部』の勉強会。
 東京・大阪・名古屋で月1回の開催を積み重ね17年
 になりました! 
 参加費は3千円(ビジター参加6千円)です。
 興味のある方は、ぜひご参加ください。

◎12月のテーマ:
 『今年、石原が驚いた新しいビジネス・ベスト3!』

■大阪第193回 :12月12日(火)18:30~20:30
「大阪産業創造館」 5F 研修室C
http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=570


◎1月のテーマ:
 『石原明の未来予測!2018年はどうなるのか?』

■東京第193回 :1月16日(火)18:30~20:30
「東京国際フォーラム」 G402号
http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=571

★東京会場では、勉強会終了後に懇親会があります!★

☆過去の東京勉強会の様子は「勉強会ダイジェスト」で☆
http://www.ishihara-akira.com/club/study/digest/index.html


========================
★書籍・CD・経営情報レポート合冊本購入に際して
 
石原明.comサイトからの書籍等の購入に際して、
クレジット決済が可能になり、配送料が無料になりました!
>>> http://www.ishihara-akira.com/shop/index.php

◆『「成功曲線」を描こう。夢をかなえる6つの黄金律』
 セミナーDVDの購入が可能です!

◆合冊本3冊以上ご購入で、「石原明オリジナル書き
 下ろしプレミアムメッセージしおり」をプレゼント!
========================


■セミナーのご案内[1] ━━━━━━━━━━■■■

************************************************

【実践】経営計画書作成ワークショップ
       (半日コース)
  
************************************************

みなさまからのご要望にお応えし、「経営計画書づくり」
を半日で学べる特別プログラムをご用意しました(*^^)v
  
講師は「経営次進塾」メイン講師の武沢信行氏。
  
事前課題や終了後1週間のオンラインフォローにより
半日でも完成度の高い「経営計画書作り」を目指します。

他にはない自分だけの経営計画書は、これからのビジ
ネス界で最強の武器になることでしょう。

------------------------------------------------

●開催日:2018年 1月25日(木)
   
●時 間:12:00~19:00(開場:11:45~))

●定 員:15名

●受講料:27,000円(税込)

●会 場:神保町駅近隣
     (お申込の方には別途ご案内いたします)

------------------------------------------------

 ★詳細&セミナーのお申込みはコチラから★
      ↓  ↓  ↓
  http://www.nextcollege.jp/c/bp-cource

-----------------------------------------------


■セミナーのご案内[2] ━━━━━━━━━━■■■

************************************************

時代が変われば、組織も変わる??
どんな組織が最高のパフォーマンスを生み続けるのか?

 中小企業のための組織マネジメントを学ぶセミナー

************************************************

昨年ジワジワと参加者が増え続けた、中小企業のための
組織マネジメントセミナー『明快カレッジ』。

一番の人気コーナーは、
その場で皆さんのお悩みにお答えする
1時間の質疑応答コーナー。

講義で理論を学び、質疑応答で現実に落とし込む。
このバランスに病みつきになる方が多いようです。

「●●」を知らないから、人が動かない。
「●●」を知らないから、人が辞め続ける。

だったら知っていた方がいい。

そういうことが組織マネジメントには溢れています。

今月のテーマはこちら!!
12月15日(金)開催:組織の構築法

------------------------------------------------

気になる方、お申し込みはこちらから↓↓
http://www.jinji-hyouka.com/meikai_college/

------------------------------------------------


■今週の回答━━━━━━━━━━━━━━━■■■

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃Q┃LINEを積極的に使うことで、
┃ ┃ 今後のビジネスはどう変わるのでしょうか?
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃A┃【回答その2】
┃ ┃ コミュニケーション手段の進化は、
┃ ┃     ビジネスを飛躍的に加速させます!
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ビジネスのベース(環境)はコミュニケーション
 手段で構成されていて、その手段が進化すると
 ビジネスが飛躍的に加速するということが分かる
 と、LINEの本質が見えてくると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇今回でこの質問への回答の最後になりますが、これ
 までの回答でコミュニケーション・ツールの進歩が
 ビジネスを広げたり加速させるということを説明し
 てきました。

〇前回、前々回で、言葉や文字の発明~紙を使うよう
 になり郵便制度を考えたり・・・これらのコミュニ
 ケーション・ツールがビジネスの基盤となって広が
 りや速度をどんどん加速させてきたという話をしま
 したよね(^.^)

〇その観点から、メールとLINEの違いを考えてみると、
 アドレスが取れないLINEの強さや活用の方法、そして
 マーケティング上の価値が見えてくるということです。

〇その強さは何かと言うと、それはズバリ!“活動して
 いる人をその場で捕まえてコンタクトが取れる・動か
 すことができる”ということですね。

〇これ、詳しくお話すると、メールはPC時代に開発され
 たコミュニケーション・ツールで、ネットにつながっ
 たPCの前に来た人に読んでもらうツールなので、いく
 らスマホで読めるとしても、その背景をそのまま引き
 継いでいるわけですね。

〇だから、速度がゆっくりというか、動いて・止まって
 ・動いて・止まって、みたいな感じで、オンタイムの
 スマホ時代から考えると、かなり古風なマーケティング
 ・ツールになってしまったという感があります。

〇それに比べて“LINE”は、ネットに24時間つながっ
 た、まさにスマホ時代のマーケティング・ツールで、
 メッセージを送った相手がすぐ見て行動に移れる、
 返信できるという特性がばっちり備わっています。

〇特に“既読”という機能は凄くって、既読になれば
 読んでいる=内容が伝わっている・・・ということ
 なので、それを基準にこちらも行動に移れる・・・
 というように、オンタイムでのやり取りが可能となり、
 24時間オンタイムでコミュニケーションが取れる
 ツールとなっています。

〇私が、フランスに行った時に体験したことをお話する
 と、シャルルドゴール空港が大きくて複雑だったの
 ですが・・・

 “着きました”“何処ですか?”“〇〇が見えます
 “あ、分かりました。向かいます”・・・といった、
 LINEのやり取りで無事に落ち合うことができ、
 “うわ~これ便利!!”と、つくづく思ったんです!(^^)!

〇まさに“メールがポストに届く手紙”なのに対して
 “LINEは配達人がトントンとドアを叩い、届きました
 よって言って届けてくれる電報(文章が短いことも
 似ていますよね)”って感じですよね(^.^)

〇LINEのやり取りは電報のやり取り・・・みたいな感じ
で行動しながら、相手とのやり取りが可能、顧客を
オンタイムで捕まえて、やり取りを繰り返すことで、
捕まえ続ける・・・購買などの行動を促せるツール
と考えると、その利便性やマーケティング上の威力
が分かると思います。

〇ということで“アドレスが取れないレベルの次元で
 は無い!”くらいの利便性を持っていると思います。

 なので、私は“LINE”を日常的に使うようになって
 いるということですね。参考にしてください。


★みなさんからのご意見、そして質問もお待ちしてます!
 ⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp


■■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■【献本に感謝!】□■□■□■□■□■□■□■□

◎志士道-現代人が先人から学ぶ大切なこと/
 林 正孝(著) / 日本ベンチャー大學パブリッシング
  / 1,500円(税別)
https://www.amazon.co.jp/dp/4434239821

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆私の主宰する『高収益トップ3%倶楽部』は、ビジ
 ネスセンスを磨き、勝てるビジネスモデルやマーケ
 ティングロジックを発想できるようになるための、
 毎月の各種情報提供を基にした、経営やマーケティ
 ング能力を最短で身につけていただくための年会費
 制の勉強会です(*^^)v

☆2000年に発足し今年で丸17年を迎えます。会員数は
 現在1,300名以上。毎月行われる東京、大阪の勉強会
も190回を超えています。
 
☆ご興味のある方は、こちらをじっくりお読みになっ
 てみてください。
  http://ishihara-akira.com/ttcl/

☆入会に関するお問い合わせなどはこちらまで。
  (担当:吉川)
⇒ top3club@nihonkeiei-lab.jp
  Tel:03-3222-0561 Fax:03-3222-0562
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━■■■

〇明日12日(火)は、『高収益トップ3%倶楽部』
 今年最後の大阪勉強会です。ぜひ時間をつくって、
 参加してください(*^^)v
http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=570


              それではまた来週!(^^)!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------
■石原明のオフィシャルマガジン【不定期情報通信】
  http://www.ishihara-akira.com/magazine_irreg/
------------------------------------------------
■ポッドキャスト『石原明の経営のヒント+(プラス)』
 金曜配信♪
 http://www.ishihara-akira.com/plus/
◎不定期配信『石原明の経営のヒント グローバル』
 http://www.ishihara-akira.com/global/
◎毎月27日『石原明の経営のヒント プレミアム』
 http://ishihara-akira.com/premium/
------------------------------------------------
■石原明の「オーディオブック」発売中♪
 『トップ3%の会社だけが知っている儲かるしくみ』
  >>> http://www.febe.jp/product/190649
------------------------------------------------
■【Facebook】石原明.com
 https://www.facebook.com/ishihara.akira.author
------------------------------------------------
■ブログ「経営のヒント」
 http://www.ishihara-akira.com/blog/
------------------------------------------------
■石原明の知的経営の切り口
 http://board03.keikai.topblog.jp/
------------------------------------------------
■著書・発行物一覧
 http://www.ishihara-akira.com/shop/

◎『絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます』
 (ダイヤモンド社 \1728)
http://www.amazon.co.jp/dp/447806749X/ 

◎『ぼくだったら、そこは、うなずかない。』
 (ぼくら社 \1512)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4833441225/

◎『トップ3%の人だけが知っている仕事のルール』
 (中経出版 \1512)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4806148571/

◎『トップ3%の会社だけが知っている儲かるしくみ』
(中経出版 ¥648)
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4806144428/

◎『すべてが見えてくる飛躍の法則 
ビジネスは、<三人称>で考える。』
 (アスペクト \1512)
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757220936/
------------------------------------------------
■メルマガバックナンバー:
http://www.ishihara-akira.com/magazine/backnumber/index.php
------------------------------------------------
■メルマガ登録・解除
http://www.ishihara-akira.com/magazine/
------------------------------------------------
■ご意見・ご感想は ⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp
------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】僖績経営理舎株式会社
     (日本経営教育研究所)
     http://www.nihonkeiei-lab.jp/
     
     〒101-0003 千代田区一ツ橋2-4-3 10F
     Tel:03-3222-0561 Fax:03-3222-0562
     営業時間: 10:00~18:00

【発行責任者】経営コンサルタント 
       石原 明 Akira Ishihara
       http://www.ishihara-akira.com/

■━━━━━━━━━━━━━Copyright (C) 2017■
このメルマガに掲載された記事の内容を許可なく転載
することを固く禁じます。事前にお問い合わせ下さい。




メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ