呟き尾形の色の心理学

  • ¥0

    無料

著者サイト

色の心理学的意味を解説し、色の意味を知ることで、視覚的なアプローチによって、より表現力が高められる方法論の提案をいたします。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

呟き尾形の色の心理学 179号 インドの国旗 ヒンズー教のサフラン色
||Ф(|´|Д|`|)Ф|||(^-^*)/コンチャ!(o^^)o オメデトー★

呟き尾形の色の心理学 179号  

o(^^)o(o^^)o(^^o)o(^^)o(o^^)o ウレシー♪ウレシー♪|・ω・。)ノ★★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 色は心の鏡です(⌒~⌒)
2017/5/5

登場人物紹介
『呟き尾形』:講師・・・のはず
クニークルス:奇妙な物言うウサギ。生徒のはず
「ムーシコス」:音楽の好きな少年。生徒。
《めぐたん》:魔女ッ娘。生徒のはず・・・。
※各台詞は、名前を囲んでいる括弧の人物の台詞です。

☆ちょっと宣伝
 呟き尾形の心理学ファイル
 http://homepage2.nifty.com/SON/SITEMAP18.htm

 私なりに、心理学についてまとめているサイトです。
 マイペースで更新しています。

★★★
 ボォン ジョルノ、こんにちわ。クニークルスです。
「こんにちわ。みなさん。ムーシコスです」
《こんにちわの、めぐたんなのだ(⌒o⌒) 》
『こんにちわ。呟き尾形です』
「前回は、エストニアの国旗についてだったよね」
『今回から、国旗のオレンジが象徴するものについて、
お話させていただきます』
《ふに、めぐたんは、オレンジが大好きなのだ》
「でも、オレンジ色の国旗ってどこの国だろう?」
 インドの国旗はオレンジを使っているよ。
 ムーシコス君。
『そうですね。
 オレンジ色はサフラン色とされ、勇気と犠牲をそして、
ヒンズー教を象徴します』
《サフラン色?》
 英語では、サフランイエロー とも呼ばれるけれど、オレ
ンジに近い黄色かな。
『そうですね。
 サフランの雌蕊から造られた染料で染めたときに発色
する色で、サフランの雌蕊はヨーロッパでは紀元前1000
年以前から黄色の染料として使用されています。
 サフランイエローも13世紀から使われている色名です。
 花に由来するヨーロッパの色名は大半が花の色に由来
することがおおいのですが、サフラン色やサフランイエ
ローは染料の色から由来する数少ない例ででしょうね。
 さて、サフラン色はヒンドゥ教では聖なる色とされて
いることから、ヒンズー教を象徴するわけです』
《ヒンズー教?》
 インドやネパールで多数派を占める民族宗教だね。
「緑色はどんな意味?」
『緑色は公平と騎士道又はイスラム教を象徴します。
 そして、白は、白は平和と真理を象徴します。
 そして、ヒンズー教とイスラム教という2大宗教のは
両宗教の和合を表わします』
「インドの国旗の色は宗教に関わる意味が強いんだね」
『そうですね。
 サフランと緑は天然資源を表すとも解釈されてもいま
す、ただし、公式には、オレンジは勇気と献身、白は生
命と平和と真実、緑は公正と信仰の色とされています。
 また、インドの国旗の中央にあるチャクラと呼ばれる
法輪は、中央は古代インドのアショカ王の記念塔からとっ
たものです。
《アシカのショーのマークか?》
 アショカ王だよ、めぐたん。
 インドの最初の統一王朝であるマウリヤ朝第3代の王
のことだから、インドの建国の王ってことになるのかな。
「青いマークだけど、青にはどんな意味があるの?」
『青は空と海を表します。
 法輪の中の24本の線は1日24時間を表わします。
 多数派として、ヒンズー教とイスラム教が意味しまし
たが、他にも宗教があります。ですので、法輪は全体で
多宗教・多民族の団結を象徴します。
 また、チャクラは、アショカ王の仏典念塔に由来する
仏教のシンボルであるため、インドの国旗には、世界四
大宗教のうち3つが象徴されていることになります。
 法輪ですが、実は、1931年にガンディの命を受けて正
式旗となったは中央に法輪ではなく糸車が描かれていま
した』
《ふに、なんでかわったのだ?》
 それは次回ということで。
 それじゃアルデベルチ。


◇----------------------------------------------------------◇
メールマガジンの感想、ご意見、ご質問等は
メルマガ感想箱
http://form.mag2.com/riteacriac

白い時計塔のある村の伝言板
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/shop/1008/1265492165/l50
 にて書き込みいただければ幸いです。


◇----------------------------------------------------------◇
◎このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
    http://www.mag2.com/

また、購読登録・解除は
http://www.mag2.com/m/0000088141.htm
または、
http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_8_4.htm
で、各自でお願いします。
◇----------------------------------------------------------◇
◆マガジン名 「呟き尾形の色の心理学」
◆マガジンID (0000088141)
◆発 刊 者  呟き尾形
◆H   P http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_8_4.htm
◆ご感想等は  ZAN01231@nifty.ne.jp
◆このメールマガジンの内容を無断転用する事を禁じます。

ちょっと宣伝
◇----------------------------------------------------------◇
◆マガジン名 「呟き尾形の哲学講座」
◆H   P http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_8_2.htm
◆ご質問等は ZAN01231@nifty.ne.jp

◇----------------------------------------------------------◇
◆マガジン名 「占いを非科学的だと思う方へ」
◆H   P http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_8_3.htm
◆ご質問等は ZAN01231@nifty.ne.jp

◇----------------------------------------------------------◇
◆マガジン名 「小説を書こう!」
◆H   P http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_8_5.htm
◆ご質問等は ZAN01231@nifty.ne.jp

◇----------------------------------------------------------◇
◆マガジン名 「心に響く名言集」
◆H   P http://blog.mag2.com/m/log/0000178735
◆ご質問等は ZAN01231@nifty.ne.jp


呟き尾形のサイト 白い時計塔のある村
http://homepage2.nifty.com/SON/index.htm



※著作権とは、作者の表現方法と利益を保護しつつ、文化の発展に利
用することが目的の法律です。
 すべての法律に共通することですが、法律には目的があります。
 その目的を考えれば、私たちは何をして良いか、悪いかなんて分かり
ますよね?






◎呟き尾形の色の心理学
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000088141/index.html


メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
呟き尾形の色の心理学
発行周期
月刊
最終発行日
2017年05月06日
 
発行部数
96部
メルマガID
0000088141
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ