呟き尾形の色の心理学

  • ¥0

    無料

著者サイト

色の心理学的意味を解説し、色の意味を知ることで、視覚的なアプローチによって、より表現力が高められる方法論の提案をいたします。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

呟き尾形の色の心理学 180号 インドの国旗 糸車が法輪になった経緯
(^-^*)/コンチャ!(o^^)o オメデトー(ヾノ・∀・`)ナイナイ ★★★★★★★★

呟き尾形の色の心理学 180号  

o(^^)o(o^^)o|・ω・。)ノヾ(▽⌒*)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 色は心の鏡です(⌒~⌒)
2017/6/2

登場人物紹介
『呟き尾形』:講師・・・のはず
クニークルス:奇妙な物言うウサギ。生徒のはず
「ムーシコス」:音楽の好きな少年。生徒。
《めぐたん》:魔女ッ娘。生徒のはず・・・。
※各台詞は、名前を囲んでいる括弧の人物の台詞です。

☆ちょっと宣伝
 呟き尾形の心理学ファイル
 http://homepage2.nifty.com/SON/SITEMAP18.htm

 私なりに、心理学についてまとめているサイトです。
 マイペースで更新しています。

★★★
 ボォン ジョルノ、こんにちわ。クニークルスです。
「こんにちわ。みなさん。ムーシコスです」
《こんにちわの、めぐたんなのだ(⌒o⌒) 》
『こんにちわ。呟き尾形です』
「前回は、インドの国旗についてで、もともとは、法輪
じゃなくて、糸車が描かれていたってはなしだったよね」
『そうですね。
 さて、糸車が法輪になったのは、さまざまな事情と経
緯があります。
 現在の国旗は、インド国民議会が1931年に採用した3
色旗に由来するデザインとなっています。
 インドは長らく、イギリスの支配下にありました。
 イギリス支配下からの独立を目指したガンディーは、
1921年にインド国民会議に対して民族自決・自治獲得
運動、いわゆるスワラージ運動の象徴としての旗のデザ
インを提案しました。
《すわらない運動なんて退屈じゃないか?( ´△`)アァ- 》
 スワラージ運動だよ、めぐたん。
 スワは自己、ラジは統制を意味するので、スワラージ
で自治という意味になるね。
『インドの言葉で自治、独立を意味するスワラージです
が、1906年,イギリスによるベンガル分割法に対する抗
議運動のなかでスワラージが唱えられ、次第に植民地統
治のもとの自治の拡大から、イギリスからの独立の要求
となりました』
「独立運動の合言葉だったってことだね」
『そうとも言えますね。
 言葉の意味が変り、29年以後にはプールナ・スワラー
ジ、完全独立が叫ばれました。
 このスワラージ運動につかわれた最初の旗は白・緑・
赤のストライプに、スワラージや英貨排斥・スワデー
シーの中心であった糸車運動に使われました。
 大量生産方式によって綿織物をインドにダンピングし
たイギリスの機械文明に対抗する、伝統的な糸車を配し
たものでした』
《便利がいいってことじゃないものなo(*^▽^*)oエヘヘ!》
『1931年に国民会議は新たなスワラージ旗を策定した。
 それは現在のインド国旗と同じサフラン・白・緑のス
トライプに、青の糸車を配したものでした。
 1947年8月にインドはインド連邦として独立することな
りましたが、制憲議会においてインド国旗の制定作業が
行われました。
 国旗制定委員会は6月23日にスワラージ旗を元にした新
国旗を策定したが、国旗のシンボルは特定の共同体や運
動を代表するものであってはならないという判断により、
糸車のかわりに仏教のダルマ(法)を意味するアショー
カ・チャクラを配することとなったのです。
 ガンディーは糸車の排除に不服であったが、結局これ
を受け入れた。7月22日の制憲議会で満場一致で採用が
可決されたのでした』
 それじゃアルデベルチ。







◇----------------------------------------------------------◇
メールマガジンの感想、ご意見、ご質問等は
メルマガ感想箱
http://form.mag2.com/riteacriac

白い時計塔のある村の伝言板
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/shop/1008/1265492165/l50
 にて書き込みいただければ幸いです。


◇----------------------------------------------------------◇
◎このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
    http://www.mag2.com/

また、購読登録・解除は
http://www.mag2.com/m/0000088141.htm
または、
http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_8_4.htm
で、各自でお願いします。
◇----------------------------------------------------------◇
◆マガジン名 「呟き尾形の色の心理学」
◆マガジンID (0000088141)
◆発 刊 者  呟き尾形
◆H   P http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_8_4.htm
◆ご感想等は  ZAN01231@nifty.ne.jp
◆このメールマガジンの内容を無断転用する事を禁じます。

ちょっと宣伝
◇----------------------------------------------------------◇
◆マガジン名 「呟き尾形の哲学講座」
◆H   P http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_8_2.htm
◆ご質問等は ZAN01231@nifty.ne.jp

◇----------------------------------------------------------◇
◆マガジン名 「占いを非科学的だと思う方へ」
◆H   P http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_8_3.htm
◆ご質問等は ZAN01231@nifty.ne.jp

◇----------------------------------------------------------◇
◆マガジン名 「小説を書こう!」
◆H   P http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_8_5.htm
◆ご質問等は ZAN01231@nifty.ne.jp

◇----------------------------------------------------------◇
◆マガジン名 「心に響く名言集」
◆H   P http://blog.mag2.com/m/log/0000178735
◆ご質問等は ZAN01231@nifty.ne.jp


呟き尾形のサイト 白い時計塔のある村
http://homepage2.nifty.com/SON/index.htm



※著作権とは、作者の表現方法と利益を保護しつつ、文化の発展に利
用することが目的の法律です。
 すべての法律に共通することですが、法律には目的があります。
 その目的を考えれば、私たちは何をして良いか、悪いかなんて分かり
ますよね?






◎呟き尾形の色の心理学
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000088141/index.html


メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
呟き尾形の色の心理学
発行周期
月刊
最終発行日
2017年06月02日
 
発行部数
96部
メルマガID
0000088141
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ