欠陥住宅になってからでは遅い後悔しない予防の手引き

  • ¥0

    無料

欠陥住宅の被害者になってからでは遅すぎます。欠陥住宅を作られないよう・買わないようにするには予防する術を知らないといけません。できるだけわかりやすく専門的過ぎないようにポイントを絞って連載します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
欠陥住宅になってからでは遅い後悔しない予防の手引き
発行周期
出来る限り隔週で発行します
最終発行日
2017年10月21日
 
発行部数
330部
メルマガID
0000093941
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 住宅 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆満足・納得の家創り ☆優しい気持ちになって家を考え家を創ろう☆
                    VOL,399 '2017/10/21
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

       欠陥住宅になってからでは遅い
               後悔しない予防の手引き

             第399号

http://www8.plala.or.jp/takeplan/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

< 目次 >
 
 ●○イベント○●    市川市民まつり
 ●○今回の特集○●   品質を守っている
 ●○ひとこと○●    すする音
 ●○最後に○●     自己防衛講座のお知らせ

 
 □--------------------------------------------------------

   ●○イベント○● 市川市民まつり
             
  --------------------------------------------------------□


 昨年に引き続き、市川市民まつりに
NPO法人すまいの応援団として参加します。

 2017年11月3日金曜日 祝日
 午前10時00分~午後4時まで
 市川市の大洲防災公園

 来場者は3万人規模です

 悪天候の場合は中止です。
 
 □--------------------------------------------------------

   ●○今回の特集○● 品質を守っている
             
  --------------------------------------------------------□

 建築する業者のホームページには、
「~高品質の建物を提供し~」などの文言が並んでします。

 会社のアピールの部分でも見かけますし
代表者のコメントではより多く見かけるかもしれません。


 現実では、営業マンもよく使う言葉です。


 「品質を守る」って
言うのは簡単、実行するのは大変なのです。


 最近のニュースでは

日産が「無資格者が最終検査していた」が発覚し、
何時からなんでそうなったのかわかりませんと答えていました。

神戸製鋼所は「納期重視でデータ改ざん」が発覚し、
品質が確保されていない材料を
出荷していたと答えていました、
その上、どこまで広がるかわからないとも。

飛行機からは大きな部品が落下したり、
ジェットエンジンの内部損傷で緊急着陸の事態も
ありました。



 では建築現場で品質を守るには
どうしたらよいのでしょうか。

 
 簡単に言えば、
1)職人さんがなるべく多くの知識を持ち
セルフチェック(見直し)が根本にあり、
その先輩や親方が再チェックして終わらせる。
2)それを元請けが受け取る(確認する)。
これは現場監督が主に行うべきです。
(他にいれば良いです)
3)その後に工事監理者(基本的に有資格者)が
チェックする。
の手順で進めれば良い訳です。


 二重三重のチェックになっていますし
有資格者がチェックするのですから
何か問題は起きにくい仕組みなのです。


しかし

 
 果たしてこれがしっかりできている現場って
どれぐらいあるのだろうか。

 多分皆さんは、
「普通正しくやってるんでしょ」
「大手に頼めば大丈夫だよ」
「一つぐらいは出来ていないかもね」
なんて思っていませんか。

 その考えははっきり言って間違いです。


 経験上の感覚も入りますが・・・


職人さんレベルでは
図面もろくに見ていない
図面の共通事項が書いてある部分を見ていない
親方の言われた通りに仕事しているだけ
丁寧により面倒くさい

親方レベルでは
職人さんに「いつも通りやっておけ」
自分の仕事で手いっぱいで他のチェックが出来ない
言われたら直す(言われるまで直さない)
「早く終わらせる」が中心になっている

現場監督は
工程調整や部材発注が主になっている。
「正しく」をチェックする時間が無い
下請けはちゃんとやっているだろう
見なくたって出来上がるさ
15棟(木造)も担当すればまともにできないさ

工事監理者は
工事業者はちゃんとやっているだろう
見に行く金なんてもらってないし



 そういえば


 先日、テレビで宣伝もしている
ある業者の関連業者から(誰でも聞いたことがあります)
「協力設計事務所になりませんか」と
営業の電話がありました。

 内容を聞いてみると
内容と業務のバランスを考えれば
驚きの報酬額です。

 「アルバイトじゃないんだから」と
丁寧にお断りしました。

 
下請けに安く発注すれば
「面倒なことはなるべく避け早く終わらせる」
ことが頭の中心に来ます。

現場監督に時間が無ければ(忙しければ)
「正しいかどうかより、
工程調整や資材発注を優先」します。

工事監理者の報酬が少なければ
現場に行きません。


 建築業者は
下請けに安く発注できれば自社が儲かるし、
消費者に「安いよ」と宣伝できる。
現場監督になるべく多くの現場を担当させれば
車内の人件費が浮いて自社が儲かる。
工事監理者に安く発注できれば自社が儲かる。


 こんなことをしながら
ホームページなどで「品質を守っている」と
言っているのです。


 社長は知らなかったでは許されないでしょうし、
むしろ、こんなことになるように
誘発しているようにも思います。

 別な見方をすれば
「嘘」と言ってもいいぐらいかも。


 世間では
「安かろう悪かろう」って言葉は
皆さんご存知だと思います。

 様々な辞書を見てわかる通り、
「質が落ちる」のです。


 建物は、
どうしても総額のボリュームが大きくなります。


 こんな時にはなぜか

「安かろう悪かろう」を自ら封印して

「多分大丈夫」(大手だから、地元だから、
そんなに欠陥住宅なんてないよ、
自分の家は欠陥住宅にならないよ
この営業なら大丈夫だ)
など根拠のない根拠で自分を納得させている人も
多いような気がします。


 万が一、欠陥が酷いものの場合
精神的に参ってしまっている人もいます。


 仕事や子育て、ローンを払い続けながら・・・
 



教訓→品質を守っているって言葉だけを信じてはいけない



□-------------------------------------------------------- 

   ●○ひとこと○● すする音

  --------------------------------------------------------□

 一時期は、そばやラーメンなどをすするのは、
海外ではすする音がマナーが悪いことなので
止めた方が良いとか、日本の文化だなどと
意見が分かれて議論?されたこともありました。

 最近では「元々の日本の文化だ」と言うことで
すする音は認められてきたのではないかと思います。

 特に蕎麦は、すすって香りなども楽しむようなものだから
すするべきだと意見が多くを占めていそうです。
 
 ラーメンでも、スープが麺に絡んでいるから
絡んだ状態で口に入るから、すする方が良いとの理由も
言っている人がいます。

 
 外国人の人は、ずーっと長い間
すすることがマナー違反として育ってきていれば
そもそもすすることが出来ない状態ではないかと思います。

※統計を取ったりしていません。

 しかし・・・

 テレビなどを見ていると
「そこまですすらなくてもいいんじゃない」ってぐらい
ずるずる音を立てて、食べている芸能人の番組を
良く見かけます。

 何か「わざと」音を立てて食べているように
見えることがあります。

 何となく「それは無いよな」なんてぐらい
思うときがあるのです。


 何事も程々かなって


 ただ、程々がどの程度なのか明確に答えられません。

 最近気になっているので
気にしすぎなのかもしれません。

 よく考えてみれば
気にしているから気になる
嫌な奴が「ずるずる」って音をさせていれば
小さい音でも気になるかもしれない

 以前に10テーブルほどある日本そば中心のお店で
端に近いテーブルの人から、
店内に響き渡る「ずるずる」が聞こえてきました。
(自分は反対の端っこ)
(気にする以前の出来事です)

 
 麺をすする行為をやめろって言われても
50年以上生きてきているので
今更すする行為は止められないと思いますが
他人を不快にしないように気をつけなきゃななんて
思っています。




□-------------------------------------------------------- 

   ●○最後に○●
    

    説明会・自己防衛講座を基本的に
    毎月第4土曜日午後に開催しています。

    ご要望により    
    資金計画等の相談もある方は特に個別に対応します。
    (松戸市南花島)
    ご希望に応じてご相談・疑問も受け付けます。
    無料の場合と有料の場合があります。
    詳細についてはお問い合わせください。
     
                     次回は11/4発行予定

  --------------------------------------------------------□


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 設計・監理と施工会社を分割して発注し、欠陥のない楽しい家を創ろう

 【発行者】 有限会社 テイクプラン
       武田一級建築士事務所 代表取締役 武田学
      メールはtakeplan@takeplan.comまで
      千葉県松戸市から発信しています
      相談随時・説明会も開催しています
      (サンプル・カタログも沢山あります)

  ホームページはhttp://www8.plala.or.jp/takeplan/

 満足・納得の家創り・・優しい気持ちになっていえを考え家を創ろう
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行
しています。解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000093941.html から。
【バックナンバー】⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000093941
----------------------------------------------------------------------
欠陥の無い良い建物ばかりの世の中になるようにこのマガジンを
お友達にもご紹介してください。
このマガジンについてのご意見・ご感想・アドバイスは下記宛までお願いします。
takeplan@takeplan.com

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ