行政書士が綴る国際結婚「フィリピーナに恋して」

  • ¥0

    無料

国際結結婚手続きや、在留資格等の入国管理局申請手続き関係の情報を、わかりやすく書いているメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
行政書士が綴る国際結婚「フィリピーナに恋して」
発行周期
不定期
最終発行日
2018年05月01日
 
発行部数
485部
メルマガID
0000097197
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
恋愛・結婚 > 結婚 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

行政書士が綴る国際結婚「フィリピ―ナに恋して」第167回
成年の日系4世の受入解禁 2018.5.1発行

行政書士の折本徹と申します。
4月は、5月を先取りするかのように暑かったですね。
風薫る5月、と表現されることがありますが、
例年より早い梅雨入りで雨模様の月にならなければよいのですが。

今年も、時期に関係なく(古くても)、新聞・雑誌・書籍に掲載された、
外国人にまつわる内容で、興味深い記事を紹介・簡単なコメントや、
このメルマガは、平成14年(2002年)の10月から発行しているので、
過去と現在は、どのように違ってきているのか、の視点で書きたい、
とも考えています。


今年の7月1日から、
今まで以上に日系4世を受け入れることになります。

元々、日系3世(祖父母が日本人)の未成年の未婚の実子(日系4世)で、
親の扶養が必要な状況であれば、入国して在留はできていました。
又、上記の状況の実子が、永住者の在留資格を得れば、
年齢を重ねても(成年になっても)そのまま日本に在留しています。

あくまでも、受け入れ時は未成年なので、
成年の受け入れは難しかったのですが、今般、成年について、条件付きで解禁されます。
(現在は、主に、短期滞在の在留資格では受け入れているが、
在留期間3ヶ月超の在留資格ではないし、就労も不可。
今般、在留資格「特定活動」で受け入れることになった)


受け入れの目的は、
「一定の要件を満たす日系4世の方を受け入れ、
日本文化を習得する活動等を通じて日本に対する理解や関心を深めてもらい、
もって、日本と現地日系社会との結びつきを強める架け橋になる人材を育成する。」
です。
これ、おろそかにすると、まずい感じがします。

期間更新申請の時に、上記のことができているのか、どうか、ポイントになるようです。
例えば、日本語能力のレベルを上げている、日本文化に関する資格を取得した・合格した、
などが審査の対象になるようです。

又、日系4世は、「日系4世受け入れサポーター」という人や団体にサポートしてもらい、
その「日系4世受け入れサポーター」は、
生活状況報告書を、期間更新申請時に提出するようなのですが、
仮に[素行不良]みたいな報告をされたら、審査上、まずいのだろうな、
と思います。

受け入れ対象者ですが、
年齢は、18歳以上30歳以下の日系4世
日本語能力として、入国時は日本語能力試験N4程度。期間更新時はN3程度。
生計維持の面として、預貯金や入国後の就労の見込みも含め、入国後の生計維持が担保されている。
帰国旅費として、帰国旅費が確保されていること。
健康面では、健康であることと医療保険に加入していること。
家族は、帯同できない。


活動内容としては、
1 日本語を含め日本の文化及び日本国における一般的な生活様式を理解するための活動
2 1の活動を行うために必要な資金を補うために必要な範囲内の報酬を受ける活動
 (風営法関係の業務に従事する活動を除く。)

日本語習得等、制度の趣旨に沿った活動を継続的に行っていると認められる場合は、
最長5年間在留できる(通算も可)。
受け入れに当たっては受け入れ枠(制度開始当初は、全体で年間4,000人程度を想定)を設ける。

となっています。

普通に仕事をして、真面目な生活をして、少し大変だけど日本語の勉強をしていけば、
5年間滞在できそうです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このメルマガも、平成14年(2002年)の10月から発行していて、
何気に、15年目に入りましたので、今後も引き続きよろしくお願いします。

このメルマガは、まぐまぐを利用して発行しています。
解除は 
http://www.mag2.com/m/0000097197.htm
よりできます。

VISA・在留資格研究会
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ