コンセプチュアル・マネジメント

  • ¥0

    無料

コンセプチュアル思考を活用したコンセプチュアル・マネジメントを実施することにより、イノベーションやプロジェクトを効果的に遂行していく方法について考えます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
コンセプチュアル・マネジメント
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年06月18日
 
発行部数
396部
メルマガID
0000098859
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 経営学・経営理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ■コンセプチュアル・マネジメント■
              2018.06.18(006号)
       ≪コンセプチュアル・リーダーのためのメールマガジン≫

            発行:有限会社エムアンドティ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆発行人・好川哲人の新作書籍出版「コンセプチュアル思考」
 ─────────────────────────────────────
 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532320623/opc-22/ref=nosim
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆発行人・好川哲人の新作書籍出版「コンセプト力でプロジェクトを動かす」
 ─────────────────────────────────────
 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/482225948X/opc-22/ref=nosim
━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者コミュニティ│「コンセプチュアル・マネジメント」http://bit.ly/18PIyFf
━━━━━━━━┷━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コンセプチュアルスキル診断│http://pmstyle.biz/cncpt/conceptual_shindan.htm
━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■記事
  1.実践!コンセプチュアル・マネジメント
      第2回 リソースの優れた活用が優れた成果を生み出す

 ■お知らせ欄 ☆:個人受講割引(50%オフ)対象講座

  <コンセプチュアルスキル講座>
  1.【開催決定】コンセプチュアル思考によるコンセプト力講座(7月25日:東京)
 ☆2.【開催決定】クリティカルシンキング(7月27日:大阪)
  3.【新規】プロジェクトの生産性向上ワークショップ(8月1日:東京)
  4.【好評】PDCAとOODAの統合による
          コンセプチュアルプロジェクトマネジメント(8月28日:東京)

  <コンセプチュアル・マネジメント講座>
  5.【新規】コンセプチュアル思考で生産性を向上させるマネジメント
                              (8月30日:東京)

 ■読者コミュニティ参加方法

 ■編集後記
  お詫び

★・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1-1]実践!コンセプチュアル・マネジメント
 第2回 リソースの優れた活用が優れた成果を生み出す
       PMstyleプロデューサー 好川哲人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーはこちら http://mat.lekumo.biz/ppf/conceptual_management/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

◆はじめに

前回、コンセプチュアル・マネジメントの全体像をお話ししました。今回から少し、
具体的な話をしていきたいと思っています。どういう形で進めいこうかと少し悩みま
したが、前回挙げた4つの問題に関するトピックスをランダムにお話しすることにし
ました。

ということで、今回は生産性からのトピックスを。テーマは、「リソースの優れた活
用が優れた成果を生み出す」です。


◆業務の成果はリソースの豊富さが決める?

特にプロジェクトではその傾向がありますが、業務の成果はリソースの豊富さが決め
ると考えているマネジャーは少なくありません。

業務のスピードを上げたければ要員数を増やす、製品をたくさん売りたければマーケ
ティング費用を増やす、仕事における影響力を高めたければ肩書を増やす、組織の機
能を高めたければ予算を増やす、などなど。

この考え方が今の生産性向上活動のベースになっていると言ってもよいでしょう。

このように考えると、リソースの制約がある中で生産性を向上させるには無駄な仕事
をしないことにつきます。それはそれで重要なことではありますが、イノベーション
のような新しいことをやれば、結果として無駄になる作業は必ず生じます。

問題はここで、そのような作業を生じさせないためには、新しいことをしないという
考え方になります。これまでのキャッチアップの時代のように、新しいことはせず、
すでに行われていることのやり方を改善して行なうのが一番よいという理屈になるの
です。これが実際にイノベーションの阻害要因の一つになっています。


◆前提を変える

このような考え方にならないためには、前提を変える必要があります。つまり、リソ
ースの豊富さで成果を出すのではなく、

「リソースの優れた活用が優れた成果を生み出す」

ようにマネジメントをしていく必要があります。

実際リソースが増えれば増えるほどたくさんのことができると考えがちですが、それ
はベストの結果をもたらさない。リソースを追い求めず、手元にあるリソースのポテ
ンシャルを活かしていくマネジメントが重要なのです。

例えば、プロジェクトを速く進めたければ、優秀な多くの要員を確保できればよいと
考えているプロジェクトマネジャーは少なくないと思いますが、経験的にいえばそう
ではありません。メンバー間の相性とかいう話は抜きにして考えても、リソースを増
やすとどうしても無駄が生じるものです。

マネジメントをせずに可能な限り大きい成果を得たいのであれば、リソースを豊富に
するという方法はあり得ます、しかし、より大きな成果を得るにはリソースを活用す
る方法が問題になります。


◆リソースのポテンシャルを活かすには

一方で、「能力の低いリソースをいくら有効に活用しても、、、」と考える人も多い
と思います。この問題には2つの側面があります。一つは、マネジメントとして十分
に支援しているかという問題だ。そしてもう一つは仕事のやり方を決めていないかと
いう問題です。

前者に関しては例えば

・メンバーのスキル習得スタイルを把握する
・スキルアップがうまく行かないときに、建設的アドバイスをする
・メンバーがさらに高度に仕事をする方法を伝える
・メンバーに期待するものを、明確な言葉で伝える
・継続的なスキルアップをアドバイスする

といった対応方法が考えられます。後者に関しては

・個々人のスタイルを考えた仕事の進め方を認める

ことに尽きるでしょう。

いずれにしても、マネジメントの役割はリソースをかき集めることではありません。
最大限に能力を活かすことです。

生産性を上げるには、この点を今一度、思い出す必要があります。


◆コンセプチュアル・マネジメントを学びたい方へ

コンセプチュアル・マネジメント講座の概論講座

「コンセプチュアルな組織を創るマネジメント」

を7月24日に開催します。

━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアルな組織を創るマネジメント         ◆(7PDU's)
  日時:2018年 07月 24日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区))
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_management.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】                     
  1.コンセプチュアルではない組織の問題点
   ・個人レベルの問題点
   ・チームレベルの問題点
   ・組織レベルの問題点
  2.コンセプチュアルなマネジメントのポイント
   2.1 質問型の組織を創る
   2.2 コンセプチュアルな組織活動のプラニング
   2.3 ステークホルダーへのコンセプチュアルな対応
   2.4 コンセプチュアルな人材育成
   2.5 コンセプチュアルな組織文化の構築
  3.コンセプチュアルなマネジメントの効果
   3.1 顧客を理解する
   3.2 生産性を上げるマネジメント
   3.3 組織のダイバーシティを高める
   3.4 イノベーションを起こす
   3.5 プロジェクトを成功させる
  4.コンセプチュアルマネジメントで
       コンセプチュアルな組織を創る仕組みワークショップ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




★・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 【お知らせ】
      早期割引:1ヶ月前までのお申込にて受講料を20%オフ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・‥‥……☆


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━東京開催【2018.07.25】━
[2-1]≪コンセプチュアルスキル講座≫
   コンセプチュアル思考によるコンセプト力講座
    http://pmstyle.biz/smn/conceptual_solve.htm
   主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・‥‥……☆

リーダーに求められる大きな役割は

・プロジェクトで生み出す製品・サービス、あるいはビジネスモデルのコンセプトを
 立案し、ステークホルダーを巻き込んでいくスキル

です。

この講座ではこの役割を果たすために必要な

・製品やビジネスモデルの本質を見極めるスキル
・コンセプトを創るスキル
・コンセプトに共感を得るスキル

を身につけます。

事業コンセプト、製品コンセプト、仕組み(システム)のコンセプト、マネジメント
のコンセプト、プロジェクトのコンセプトなど、コンセプトを構想する立場にあるリ
ーダーに受講して戴きたい講座です。

もちろん、コンセプチュアルスキルの向上を目指す人にもお奨めの講座です。

お申込みをお待ちしております。

━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアル思考によるコンセプト力講座      ◆(7PDU's)
【開催決定】
  日時:2018年 07月 25日(水)10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/concept.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】                     
  1.コンセプトとは何か~コンセプチュアルスキルの観点から
  2.本質とコンセプト
  3.よいコンセプトの作り方
  4.コンセプトをビジネスモデルとして具体化する
  5.コンセプト立案ワークショップ
  6.ストーリーでコンセプトを伝える        
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━大阪開催【2018.07.27】━
[2-2]≪コンセプチュアルスキル講座≫
   クリティカルシンキング~考え抜く技術
    http://pmstyle.biz/smn/critical.htm
   主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・‥‥……☆

この講座では、クリティカルシンキングのイメージを持ってもらったのちに、合理的
な思考としてのロジックについて、クリティカルに考えることの重要性を考えるため
にロジカルシンキングの復習をします。その中で、ロジカルシンキングで陥りがちな
落とし穴について説明します。

そして、ロジカルシンキングでそのような落とし穴に落ちないために、疑うこと(ク
リティカルになるべきこと)について、合理性と内省の2つの視点から考え、演習に
て確認します。

「正しい思考態度」について、考えてみませんか?お申込をお待ちしております。

個人で受講料を負担されている方は、受講料が50%引きになる個人受講割引をご利
用ください。

━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆クリティカルシンキング~考え抜く技術             ◆7PDU's
  日時・場所:【東京】2018年 09月032日(月) 10:00-18:00(9:40受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2018年 07月 27日(金)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/critical.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】
   1.クリティカルに考えるとは
   2.ロジカルシンキングとその落とし穴
   3.何を疑うのか(合理性)
   4.何を疑うのか(内省)
   5.クリティカルシンキングの4ステップ
   6.具体的状況におけるクリティカルシンキング演習
   7.クリティカルシンキング総合演習
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━東京開催【2018.08.01】━
[2-3]≪コンセプチュアルスキル講座≫
    プロジェクトの生産性向上ワークショップ
    http://pmstyle.biz/smn/conceptual_skill.htm
    主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・‥‥……☆

本ワークショップでは、一般的に混同されている、効率性と生産性を区別した上で、
自身(自社)の生産性の向上のために具体的にできることを考えていきます。

コンセプチュアル思考をベースに進めていきますが、コンセプチュア思考自体の
習得もできる進め方をしていきます。

プロジェクトリーダーの方のご参加をお待ちしています。

━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆プロジェクトの生産性向上ワークショップ ◆(7PDU's)
  日時・場所:【東京】2018年 08月 01日(水)10:00-18:00(9:40受付開始)
            国際ファッションセンター(東京都墨田区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_pmwork.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】                     
  1.プロジェクトの生産性とは何か
  2.プロジェクトの生産性を向上させる方法
  3.プロジェクトの効率性を向上し、生産性を実現するポイント
  4.生産性を高めるプロジェクトにするワークショップ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━東京開催【2018.08.28】━
[2-4]≪コンセプチュアルスキル講座≫
  PDCAとOODAの統合によるコンセプチュアルプロジェクトマネジメント
    http://pmstyle.biz/smn/conceptual_ooda.htm
    主催:プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・‥‥……☆

PDCAサイクルだけではマネジメントできないプロジェクトが増えています。そ
こで注目されるのが、OODAサイクルです。

OODAサイクルは、米軍により機動戦に対応するために開発されたもので、

・Observe(観察):とにかくよく相手を観察する
・Orient(方向づけ):過去の経験や知識を総動員して、何をすべか状況判断をする
・Decide(決心):決心する
・Act(実行):実行する

の4ステップからなるマネジメントサイクルです。

本セミナーでは、OODAサイクルの概要を説明し、PDCAサイクルとどのよう
に統合していくかを学びます。

お申込みをお待ちしております。


━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆PDCAとOODAの統合によるコンセプチュアルプロジェクトマネジメント
◆(7PDU's)
  日時:2018年 08月 28日(火)  10:00-18:00(9:40受付開始)   
  場所:ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_ooda.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】                     
  1.計画のできないプロジェクトをどのように管理するか
  2.PDCA再考
  3.OODAの概要
  4.OODAとアジャイルプロジェクトマネジメント
  5.PDCAとOODAの統合によるコンセプチュアルなマネジメント
  6.OODAに適した人材育成
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━東京開催【2018.08.30】━
[2-5]≪コンセプチュアル・マネジメント講座≫
   コンセプチュアル思考で生産性を向上させるマネジメント
    http://pmstyle.biz/smn/conceptual_ooda.htm
    主催:プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・‥‥……☆

生産性の向上の取り組みの中で、生産性と効率性が混乱しているケースをよく見か
けます。

マネジメントが効果があるのは、効率性の向上ではなく、生産性の向上です。

本講座は、「コンセプチュアル・マネジメント講座」の講座として、効率性と生産
性を明確に区別した上で、生産性の向上を実現する方法を考える講座です。

最後に実際の組織を念頭においたケースで、生産性の向上を行う方法を考えるワー
クショップを行う、実践的な内容になっています。

━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆コンセプチュアル思考で生産性を向上させるマネジメント ◆(7PDU's)
  日時:2018年 08月 30日(木)  10:00-18:00(9:40受付開始)  
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_productivity.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】                     
1.生産性とは
2.生産性が低い理由
3.生産性を向上させる方法
4.コンセプチュアル思考で生産性を向上させるマネジメント
5.コンセプチュアルマネジメントワークショップ
・「生産性向上プロジェクト(仮称)」のプロジェクトプランの作成な問題の見極め
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇読者コミュニティ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

facebookで、記事などに対する意見を交換しましょう!

<コンセプチュアルスキル講座>
 https://www.facebook.com/conceptual.style/

<コンセプチュアルスキル研究会>
 https://www.facebook.com/groups/354890747963982/
 ※facebookのグループの機能を使用していますので、書き込みには、facebookの
  アカウントの取得とグループへの登録が必要です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最初にお詫びです。

事情があって、5月は一度も配信できませんでした。申し訳ありませんでした。

しばらく、こういう状況が続くと思いますが、できるだけ、発行しようと思います。
気長にお待ちいただければ幸いです。

よろしくお願い致します。
                                (好川哲人)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コンセプチュアル・マネジメント】
配信数2000部
発行/編集元:有限会社エムアンドティ 好川哲人
www.pmstyle.jp
mailto:info@pmstyle.jp
登録・解除は以下のURLで行うことができます。
http://mat.lekumo.biz/ppf/conceptual_management.html
当サイトへのリンクは自由です.また、本マガジンの転送も自由です。
引用・転用について御希望の方は、有限会社エムアンドティまでお問い合せ下さい.
Copyright(C), 有限会社エムアンドティ, 2013-2018
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ