日中環境戦略研究家のレポート

  • ¥0

    無料

テーマは、中国環境ビジネス、日中環境協力、日中エネルギー協力、中国CSR活動、中国環境問題、日中関係、対外環境戦略、中国NGO等で、現地中国からのレポートをお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
日中環境戦略研究家のレポート
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年04月17日
 
発行部数
702部
メルマガID
0000099678
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > 環境・エコ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

  中国環境・化学品・エネルギーレポート

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
           2018年04月17日(火)号外
……………………………………………………………
発行部数;16425(月刊の中国語版は30072)
……………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国進出工場向けカスタマイズ型環境規制法令解説
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

貴社中国内拠点ごとに適用される環境規制の情報を解説

 中国では環境規制が大幅に厳格化され、その数も急激
に増えています。日系企業の環境法令違反処罰も増えて
います。環境規制対応をローカルスタッフだけに任せて
おくとリスクを抱え込むケースがあります。現地当局か
らの情報提供も、体系的な全体像が分からない、縦割り
弊害、情報漏れ、違法な地方通達等のリスクがありえま
す。

 中国の環境法令・規制は複雑多様であり、読み込んで
もどのように適用されるか分かりにくい問題がある上、
実務的に重要な下位法令・地方法令・標準の数が非常に
多いという問題があります。

 2018年以降も、環境保護税法、改正水汚染防止法が施
行され、土壌汚染防止法の制定、環境アセス-検収制度
の大改革、排出許可制度の大改革、発生源モニタリング
の強化、各種排出基準の制改定、危険化学品基準の制改
定、環境リスク規制制度、VOC削減五ヵ年計画など、新
たな環境規制が続々出てくる予定です。

 当社では貴社の立地場所や業種、他のファクタ(ボイ
ラ、危険廃棄物、危険化学品、所属流域、指定企業リス
ト等)に応じて、国・省・市の3レベルで漏れなく必要
十分な環境規制の情報収集と法令規制解説や工場対応
方法の解説を行っています。また雑多な法令・通達情
報から、貴社の各工場に適用されるもののみをスクリー
ニングしています。

 このサービスでは、既存の環境規制調査、継続的な
環境規制調査の両方に対応可能であり、ローカルスタ
ッフとの情報共有のため日中対訳も可能であり、質問
回答など相談サービスも含みます。

 特に最近、上位政策や上位法の改革に伴い、下位法
令や地方法令の制定・改定・廃止が急増しています。
中でも急増しているマイナー改定では、パブコメ版な
し、通達名にも出てこないケースが多く、多くの企業
やコンサルが情報収集漏れを起こしていますので、ご
注意下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      対応分野と業務手順
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・対応分野
 汚染対策:水、大気、廃棄物、土壌、騒音、観測
 工場管理:クリーン生産、ISO14001、省エネ、CO2
 製品環境規制:中国版RoHS/WEEE、化学物質管理等
 その他(化学物質規制、環境緊急対応等)
※職業安全・健康や生産安全には対応していません。

・手順1:初期業種確定調査
 業務開始時に、立地場所(省級規制と市級規制の
両方を調査する必要あり)、所属業種、原料と出荷
製品、ボイラ、危険化学品、危険廃棄物、社内実験
室、重点企業リスト、認証取得、化学反応器の有無
などの状況を確認します

・手順2:既存環境法令規制調査:一覧リストと解説
 適用対象となる国・省・市の環境規制の一覧リス
トを作成します。必要な規制を選んで解説すること
も可能です

・手順3:継続的環境法令規制調査
 各工場に適用対象となる国・省・市の環境規制の一
覧リスト及び対応方法の解説レポートを作成(漏れな
く、かつ必要十分な規制に限定)

・質問への回答
 規制解説に関する質問や、貴社が得た一覧リストに
ない法令本文について、ご要望に基づいて、解答・解
説を行います

・申込方法
 料金は貴社の中国内工場数、既存規制調査のレベル、
対象範囲などで異なります。詳細はご相談下さい。

 化学工業日報の2015年3月31日付記事にて、この法令
解説サービスが取り上げられました。

★詳細は以下のウェブページをご覧下さい。
http://jcesc.com/dl/cnems150518.pdf
http://jcesc.com/nl/newservice150331.html

……………………………………………………………
・お気軽にご相談下さい(随時打ち合わせ可能)
・環境一筋28年の著者が対応させていただきます。
……………………………………………………………
大野木昇司 onogi@jcesc.com、onogish@yahoo.co.jp
日中環境協力支援センター有限会社 取締役
北京大野木環境コンサルティング有限公司 社長
東京商工会議所 中小企業国際展開アドバイザー
福岡アジアビジネスセンター 対中環境ビジネスアドバイザ
立命館、桜美林、奈良先端科学技術大学院大学 客員研究員
北京和僑会顧問 中国環境雑誌 編集委

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ