10秒で読む日経!視点が変ると仕事や投資の種になる

  • ¥0

    無料

ニュースの見方がすっかり変わってしまった。こんな声が多数寄せられています。日経記事を毎日1つとりあげ、背景や影響の謎解きをしています。10秒で気軽に読めるように、毎朝コンパクトにお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
10秒で読む日経!視点が変ると仕事や投資の種になる
発行周期
日刊
最終発行日
2017年10月18日
 
発行部数
13,478部
メルマガID
0000102800
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 経済

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

                     2017/10/18 No.3608
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 10秒で読む日経!視点が変わると仕事と投資のネタになる
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
   _______
   今日のNews
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●中国共産党は18日に開幕した第19回党大会で、習近平総書記(国家主席)の「1強
体制」固めに重点を置く。習氏自らの政治思想を党規約に明記。社会の安定を最優先
し、あらゆる活動に対する党の影響力の引き上げに動き、企業経営に対する関与も
強化する。演説では企業再編を推進し、「国有企業を強く優秀に大きくする」と
強調した。
     日本経済新聞   2017年10月18日
   __________
   佐々木の視点・考え方
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★要は、中国が中央計画経済を強化してゆくというのが、今もこれからもの政策と
 いうことでしょう。

 ソ連や中国で失敗し続けて、ついにはソ連の崩壊に至ったのが、共産党幹部主導に
 よる中央計画経済でした。

 過去5年間の中国は国有企業による産業の集約と独占を強めてきました。
 自由市場を全く信用していないのです。

 なぜ、失敗してきた手法を今になって推進しているのでしょうか。

 それは、ICT(Information and communication technology)の発展によって
 全国民をくまなく探るビッグデータを集めて、人工知能(AI)を活用すれば、
 しくじることなく国民の支配と経済成長を図ることが出来ると考えているからだと
 思われます。

 このためにBAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)というIT大企業にデータ
 提供や共産党役員の送り込みをしてきただけでは飽き足らずに、株を購入して
 実質的に支配下に置くアクションも起こしています。

 これまでは、言う事を聞かないし、嘘の数字を報告する地方政府役人を信用せずに
 センサーやカメラを使って、工場や街頭のみならず全てのものごとのデータを自動
 収集して瞬時に現状を把握するように技術を開発して普及を勧めています。

 IOTとAIを使えば、より強固な監視社会を作れると言うわけです。

 街の監視カメラで3秒あれば14億人の国民すべての識別と追跡が出来るような
 システムも完成して運用されそうな状況だと言われています。

 今日の習近平総書記の発言は、1992年に鄧小平が市場経済化の大号令をかけた
 「南方講話」の終焉を告げたものとして歴史に残るのではないでしょうか。

★1992年は「中国投資元年」として非常にわくわくしていたのですが、
 こんな日も来てしまいました。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
リスクとストレスへって、リターンましまし投資は
    ◎ 有料メール徒然  ◎
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

徒然は、日々変化する経済環境の中で、溢れる情報の中からどうやって、
事実を見つけ出せばよいのかを示し、どのように市場に向かって動けば良いのか
具体的な投資アイデアををお届けします。

お申込みはこちらのURLです。
     http://www.cantan.co.jp/report/kaiinnmaillclub_apply.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
上記は、過去の実績等の信頼できる情報に基づいていますが、株式相場等
の不規則な変動が常の投資対象を相手にしていますから、表現通りの結果
にならないことも有りえることをご了承ください。
---------------------------------------------------------------
投資等のご判断は、自己責任にてするものです。発行者は、当マガジン
のご利用により生じた損害は、その責を負いません。
メールには署名をお願いいたします。お名前、フッタの無いメールや
お問い合わせには返答しませんのでご了解下さい。
----------------------------------------------------------------
発行/編集 :かんたん株式会社
かんたん株式会社はあなたの資産作りを簡単にする会社です。
http://www.cantan.co.jp  E-mail: info@cantan.co.jp-XX
            (メールをお送りの際は-XXを除いて下さい)
定休日:土・日・祝日、 発行人/編集人:佐々木 洋
(c)2002-2017 Cantan Co.,ltd. All rights reserved.
転載・転写・コピー・転送等は禁じます
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ