愛がなきゃ生きていけない

  • ¥0

    無料

「オトナ」ならではの、グレーゾーンな恋愛。「オトナ」だからこその、なかなか言えない女心。作家・島田佳奈のルーツでもあるこのメルマガは、独りの夜にお読みください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
愛がなきゃ生きていけない
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年09月20日
 
発行部数
1,775部
メルマガID
0000102869
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
恋愛・結婚 > 恋愛 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

 メルマガ【愛がなきゃ生きていけない】(0000102869)

 vol.158「ずっと望んでいたこと」
 発行日:2017.9.20

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。


【CONTENTS】

★コラム「ずっと望んでいたこと」

★近況&編集後記

★バックナンバーについて

☆島田佳奈の活動いろいろ


*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。


★コラム「ずっと望んでいたこと」

人生は無常だからこそ面白い。
いつまでも同じところで何も変化なく生きていたら、きっと退屈するだけだ。

しかし価値観はそうそう変わらない。
変わらないからこそ、叶えられなかった望みに対する執着は、事あるごとに小さな後悔を蘇らせてしまう。
諦めのいいあたしでも、それはずっと心の奥に棲みついていた。

「選ばなかったことにも、きっと意味はある」
これまで何度、自分に言い聞かせたことだろう。

「それ」を選ばなかった代償に得たものだってある。
そう自分に言い聞かせていても、ふとした拍子に再びくすぶり出す「それ」への執着に、自分でも驚くことがたびたびあった。

+ + +

叶えるのが困難なこともある。
思い通りにならないからこそ人生は楽しい、という見方もある。
挫折や失敗や後悔の念といった辛い出来事さえも、心の成長には欠かせないプロセスだ。痛みを知ってこそ、他人にも優しくなれる。

さまざまな経験があたしを大人にしたのだと、今は思える。
大人になったからこそ、過去をトレースするような展開が起ころうと、そこに恐れを抱くことはない。

経験は人を強くする。失敗だって「成功しない方法をひとつ知ることができた」と思えば、無駄な時間にはならない。
「同じ顛末にはさせない」志が、挑戦する礎(いしずえ)となる。
「どう転んでも大丈夫」という覚悟が、あたしの未来を明るく照らす。

+ + +

「誰と暮らそうと、たいして違わない」
同棲や結婚を複数回(名)経験した女は、少なからず男をそのように見ている。あたしも例外ではなかった。

たしかに過去とシンクロする部分はある。同じような時代に産まれていれば、親や周囲からの影響も似通ってるだろうし、世代ごとの恋愛観や結婚観から逸脱している人は少数派だ。
だがディテールまで同じはずはない。

同じ「あたし」が好むタイプはそうそう違わないかもしれないが、あたし自身の振る舞いは経験によって変化しているだろう。
エンディングを迎えた過去があるからこそ、似たようなアクシデントが発生しても、きっと違う顛末になるはず──そう信じていなければ、先へは進めない。

人間は学習する生き物だ。
年輪分の経験によって変化したからこそ、あたしは彼を選び、彼はあたしを選んでくれた。

出会ったタイミングが違ったら、出会わなかったかもしれない。
出会っていても、互いを選ばなかったかもしれない。

そんな経緯や偶然が今に繋がることの不思議。
縁とは、いろんな要素をはらんだ先にある、ひとつの運命ともいえる。

+ + +

本当はずっと望んでいた。
「愛する男」と暮らす生活を。

独りの生活に不満を抱いたことはないし、何か足りないと感じたこともほとんどない。
たまに寂しく感じる夜も、仕事や遊びや趣味に興じていれば、簡単に埋めることができてしまう。

だけどあたしは、24時間365日を自分の好きに使える自由よりも、多少の面倒があろうと「誰かと共に生きる」ことを求めていた。
何度失敗しようと「次こそは」と再挑戦するほどに。

+ + +

恋人ができて、だんだんと会う時間が増え、気がついた頃には毎日を一緒に過ごすようになっていた。
まだ出会ってから1年も経っていないのに、もうずっと前から一緒に暮らしていたかと錯覚するほど、あたしの生活に「彼」は溶け込んだ。

決して過去をトレースするのではなく、ふたりは「今」を重ねている。
その証拠に、これまで何度か「気まずくなった過去」と同じできごとが生じても、彼とは衝突したり口論になったりせず、乗り越えられている。

彼とふたりなら、まだ見ぬ新しい景色にたどり着けそうな気がする。

そんな未来に向かって、これからも一緒に歩いて行きたい。


*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。


★近況&編集後記

季節は秋。
涼しくなったかと思えば、台風一過から再び残暑が戻ってきたり、季節の変わり目らしく不安定な気候ですね。
まーあたしは基本ヒキコモリなので、外が暑かろうと寒かろうと、あまり関係ないのですが(笑)

最近「おウチ大好き」モードになってしまい、めっきり飲み歩かなくなりました。
病気(リウマチ性多発筋痛症)のステロイド治療も進み(今は減薬中)、薬さえ飲んでいれば健康体と変わらないくらい元気なんですけどね。

しかし、困るのは薬の副作用。
発病してから2ヵ月の間に、3kgも増量しちゃいましたよ……orz
(ただでさえ、昨年秋からじわっと3kgリバウンドしてしまったのに)

「副作用だからしょーがない」
で開き直ってしまったら、女としてはおしまいです。
血液検査で適正範囲をオーバーしまったものもいくつかあるので、健康面的にもダイエットしなくては!

ひとまず、2週間前からゆるめの糖質制限と運動(筋トレ&ジョギング)をスタートしました。

ダイエットは一時的にやればいいというものではありません。生活習慣そのものをやせる方向へとシフトしなければ再びリバウンドするのがオチ。
なので、取り入れられるものから少しずつ、無理なくやっていこうと思います。

+ + +

では、今号はこのへんで。
来月の配信をお楽しみに♪


*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。


★バックナンバーについて


これまでのバックナンバーを、少しずつ公開しています。
公式サイト内で展開中。下記リンクからどうぞ。

http://kana-shimada.net/cat/1-job/1-7-backnumber/
(現在20本公開中。今後も徐々にアップしていきます)


*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。


<島田佳奈の活動いろいろ>


【好評発売中】

『アラフォー独女の生きる道』
(双葉社刊・1200円/税抜)
http://www.amazon.co.jp/dp/4575307432


【連載中】

○All About恋愛 ガイドコラム
http://allabout.co.jp/gm/gt/1769/

○ハウコレ 恋愛/エッチ/女子力upコラム
http://howcollect.jp/user/index/id/2950


【連載終了/バックナンバーが読めるもの】

○GLAM『現代恋愛図鑑』
http://www.glam.jp/curator/kanashimada/

○cafeglobe『バラ色、ときどきイバラ道』『大人の恋愛リハビリ講座』
http://www.cafeglobe.com/author/shimada_k/

○エンジニアコラム【Geekroid】
http://mynavi-agent.jp/it/geekroid/shimada-kana/

○『となりの桃尻』【スカパー!アダルト】※18禁
http://adult.skyperfectv.co.jp/column-mehyou.php


【公式サイト・Blog】

○公式サイト&ブログ【No love, No life.】
http://kana-shimada.net/

(著作リスト)
http://kana-shimada.net/books/
(執筆実績)
http://kana-shimada.net/1-job/writing/
(メディア登場/TV・ラジオ)
http://kana-shimada.net/1-job/tv-radio/
(メディア登場/雑誌・新聞)
http://kana-shimada.net/1-job/paper/
(メディア登場/Web)
http://kana-shimada.net/1-job/web/
(イベント出演等)
http://kana-shimada.net/1-job/event-other/


【その他SNSなど】

○島田佳奈ファンページ(Facebook)に「いいね!」してね♪
http://www.facebook.com/shimadakana.fanpage

○友達になりましょう!(Facebook)
https://www.facebook.com/shimadakana
※友達申請の際は、メルマガ読者である旨を
 必ずメッセージで添えてくださいm(__)m

○フォロー歓迎♪(Twitter)
http://twitter.com/shimadakana


*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。


★執筆/発行責任者
 島田佳奈(作家/女豹ライター)
http://kana-shimada.net/

★ご意見ご感想などは、下記よりお気軽にどうぞ。
http://kana-shimada.net/mailform/

★配信システム:まぐまぐ(ID:0000102869)
http://www.mag2.com/

★発行周期:不定期(月刊目標)

Copyright(C)2002-2017 島田佳奈 All rights reserved.


*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ