借りるぞ 銀行融資!~銀行取引コンサルタントの秘策

  • ¥0

    無料

銀行融資の上手なひき出し方、教えます。銀行から安定した資金調達をしたい、銀行の本音・裏事情を知りたい中小企業経営者・財務経理担当者の方必読!銀行交渉の武器となるノウハウを元銀行員で「銀行取引コンサルタント」上田真一がお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
借りるぞ 銀行融資!~銀行取引コンサルタントの秘策
発行周期
月刊
最終発行日
2017年09月26日
 
発行部数
3,218部
メルマガID
0000106006
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [ 第415号 ]━━
 借りるぞ 銀行融資!~銀行取引コンサルタントの秘策   2017年9月26日
────────────────────────────────────
 《本日の内容》
【1】銀行融資の基礎  : 事業性評価につなげる銀行への説明の仕方とは
【2】無料メールセミナー: 6日間の「銀行取引基礎講座」開講中
【3】編集後記     : お金をどんなことに使うか?

  発行 : 銀行取引コンサルタント 上田真一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━< http://www.ueda-shinichi.jp/ >━


こんにちは!
銀行取引コンサルタントの上田真一です。


最近、会う人から「痩せましたね」と言われます。

そのたび、「病気ではないので、大丈夫」と答えています(笑)

痩せたのは、野菜から食べ始める、ウォーキング歩数を8,000歩にし、1.2倍速にしたこと、
冬に、野菜鍋を2日に一度摂取したことです。

このように少し変えてみるだけで、
大きく変わることもあるんだなと実感しました。

特に、痩せようとしたわけではないのですが・・・

今後も健康管理に努めていきたいと思っています。
個人事業主は健康が大事ですから。


 
それでは、今週もがんばっていきましょう!


★無料メールセミナー「銀行取引基礎講座」開講中
登録はこちら→ http://www.ueda-shinichi.jp/page006.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】銀行融資の基礎 :事業性評価につなげる銀行への説明の仕方とは
────────────────────────────────────

金融機関が事業性評価に基づいた融資に移行しつつある中で
経営者はどんな対応が求められるでしょうか。

各金融機関は、事業性評価シートを作り、
これを埋めることで事業性評価を試みようとしています。

実際に、金融機関から事業性評価シートを
見せてもらった経営者の方もいるのではないでしょうか。

経営者からすれば、事業性評価シートを見ても、どんなことを話したらいいのか、
どう話したらいいのか、よくわからないのが現状です。

では、経営者は金融機関に何を伝えたらいいのか?

私は、経営者に時間軸を意識して話すことをお勧めしています。

具体的には、過去→現在→未来の順で話しましょう。

事業性評価に対する具体的説明事項例として・・・


【過去】
・創業のきっかけ
・これまで一番苦労した経験
・それを乗り切ったときのエピソード

【現在】
・今、最も力を入れていること(商品)は何か
・なぜそのこと(商品)に力を入れているのか

【未来】
・現状の課題をどう解決していくか
・どんな新商品を開発・販売していきたいか
・現状商品のリニューアルの予定


これらを金融機関に伝えることができれば、
金融機関の担当者は事業性評価をするにあたり、うまくまとめることができるはずです。

経営者は、一度にこれらのことを伝えるのは難しいでしょう。

ですから、今日の面談では「過去」のこと、次回面談時に「現在」のことといったように、
話す項目を決めて面談すると良いでしょう。

これらのことは経営者にとって当たり前のことかもしれません。

しかし、当たり前のことが意外とこれまで伝わってないことを認識し、面談を重ねてください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】無料メールセミナー: 6日間の「銀行取引基礎講座」開講中
────────────────────────────────────

中小企業・個人事業者の経営は
厳しくなってきています。

と同時に、銀行の融資姿勢が厳しくなってきている!
という声をよく聞いております。

こんなときこそ、銀行取引の基本が大事になってきます。

そこで、無料メールセミナー 6日間の「銀行取引基礎講座」
http://www.ueda-shinichi.jp/page006.html
を開講しました。


●今回のメールセミナーの対象者は
・これから起業を考えている方
・すでに創業したけれど、民間銀行との取引に備えたい方
・資金繰りに苦しんでいる中小経営者の方
・顧問先の資金調達に悩んでいる税理士の方


●メールセミナーでわかることは
・何となく銀行取引から意識的に銀行取引をしていく大切さ
・メインバンクをどこにすべきなのか
・銀行提出資料が融資の明暗を分ける
・融資申込みには、使途により適切なタイミングがある
・銀行交渉は誰がしてもいいわけではない
・銀行取引での些細な注意点 など

ぜひ御社の銀行取引にお役立てください。

詳細・お申込みはこちらです↓
http://www.ueda-shinichi.jp/page006.html






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】編集後記 : お金をどんなことに使うか?
────────────────────────────────────

「お金をどんなことに使いますか?」と聞かれたら、

私は「お金を体験や経験に使いたい」と答えます。

具体的には・・・

・「一流」に触れて、成長したい!
・手の届きそうにない人に会う
・絶景を観て、地球ってスゴイ!と感動したい!

といったことでしょうか。

お金の使い道は、人それぞれ。
正解はないですよね。

私は、上手く使えば、またお金は入ってくるんじゃないかと思っています。

だから、遠慮なく、使いたい(苦笑)

老後のためにお金を貯めるのも一つの考え方ですが、
後悔しないよう生きていくためにも、有意義にお金を使いたいですね。



それではまた、このメルマガでお会いしましょう!


 
★無料メールセミナー「銀行取引基礎講座」開講中
登録はこちら→ http://www.ueda-shinichi.jp/page006.html

★「元銀行員が明かす! 銀行融資を上手に引き出す究極の方法」好評発売中!
→ http://www.amazon.co.jp/dp/4893087312



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆発行元:上田経営コンサルティング事務所
◆発行責任者:銀行取引コンサルタント 上田真一
◆弊所HP: < http://www.ueda-shinichi.jp/ >
◆ブログ:< http://ameblo.jp/seisakukouko/ >
◆E-MAIL:< ueda-s@mrg.biglobe.ne.jp >
------------------------------------------------------------------------
*購読・解除は、ご自身でお願いいたします。
こちらから出来ます。→ http://www.mag2.com/m/0000106006.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●上田真一のプロフィールはこちらです
http://www.ueda-shinichi.jp/page002.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               ・
               ・
      (以下、まぐまぐ!さんからのメッセージです)


               ・
               ・
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ